2022秋ドラマ トラベルナース

ドラマ「ザ・トラベルナース」第6話のあらすじとネタバレと感想!愛川看護部長(寺島しのぶ)がクビの危機で院長の愛人を暴露!?

2022年11月25日

ドラマ「ザ・トラベルナース」第6話のあらすじとネタバレと感想!愛川看護部長(寺島しのぶ)がクビの危機で院長の愛人を暴露!?

​​「ザ・トラベルナース」6話が11月24日に放送されました。

愛川看護部長は、病院や部下からの無理難題をこなす優しい看護部長ですが、今回はキレます!

愛川の院長に対する「ある発言」キッカケに起こる女同士のバトルにも注目必至!

いつもみんなをまとめていた愛川看護部長のクビで病院はいったいどうなってしまうのか?

この記事では、「ザ・トラベルナース 」6話のあらすじネタバレと感想を紹介します。

優秀&変人の最強なバディ!二人の掛け合いが楽しみ
「ザ・トラベルナース」のキャスト一覧
  • 那須田歩 役/岡田将生
    医師の指示で医療行為を行うことができるNP(=ナース・プラクティショナー)の資格を持つフリーランスの看護師。
    通称:トラベルナース。
    アメリカから帰国し、「天乃総合メディカルセンター」に赴任する。
    意識もプライドも高く、言動もドストレート!
  • 九鬼静 役/中井貴一
    謎のスーパーナース。
    那須田と同時期に「天乃総合メディカルセンター」に赴任する。掃除ばかりし、病院関係者から清掃員と見間違えられることも…。
    物腰柔らかく仕事は的確だが、嘘つきで時々とんでもない毒を吐く。
  • 郡司真都 役/菜々緒
    天乃総合メディカルセンターの外科医。優秀な女医だが同僚の男性医師からセクハラやパワハラを受けることも。
  • 天野龍之介 役/松平健
    天乃総合メディカルセンターの院長。病院の経営だけを考えているが、静とは因縁の仲のようで。
  • 愛川塔子 役/寺島しのぶ
    天乃総合メディカルセンターの看護婦長。
  • 金谷吉子 役/安達祐実
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 向坂麻美 役/ 恒松祐里
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 弘中スミレ 役/宮本茉由
    天乃総合メディカルセンターの准看護師。
  • 森口福美 役/ 野呂佳代
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 西千晶 役/ 浅田美代子
    天乃総合メディカルセンターの事務長。
  • 天乃太郎 役/泉澤祐希
    天乃総合メディカルセンターの内科医、天乃隆之介の跡取り息子。
  • 古谷亘 役/吉田ウーロン太
    天乃総合メディカルセンターの外科医。
  • 新田明 役/前原瑞樹
    天乃総合メディカルセンターの外科医。
  • 土井たま子役/池谷のぶえ
    天乃総合メディカルセンターの看護師寮「ナースハウス」の寮母。

\ザ・トラベルナースはU-NEXTで全話配信中(2022年11月25日現在)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

「ザ・トラベルナース 」第6話のあらすじとネタバレ

非情な看護師の人員削減命令

人手不足でてんやわんやのナースステーション。

そんな中、看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)は天乃院長(松平健)と事務長の西千晶(浅田美代子)に呼びだされる。

院長たちから夜勤の看護師数を4人から3人へ減らすことを命じられてしまう。

ただでさえ人手不足で、これ以上の激務を強いられる看護師たちを思うとさすがに難色を示す愛川。

だが働き方改革による労働時間の問題で病院側としても苦渋の選択だと説き伏せられる。

痴呆症の患者が病院を徘徊

廊下で患者の六川源太(六平直政)が「歩ちゃん…歩ちゃん」と那須田歩(岡田将生)を求めてうろうろしていた。

六川は元ボクサーで軽度の痴呆症を患っていた。

病室の場所や人なども忘れてしまっているがなぜか歩のことだけは忘れないのだ。

患者にKOされる歩

歩が駆けつけると六川は歩にスパーリングを申し込んだ。

歩はこれからオペ看なので少しだけならと付き合うことに。

ところが六川のパンチを食らってしまい、顔にアザができてしまう。

愛川は歩の代わりを割り振りするが…

診察した郡司真都(菜々緒)から、幸いにも眼球は無事だが念のため精密検査をした方がいいと言われる。

こんな状態ではオペ看は厳しいと愛川は金谷吉子(安達祐実)に断られながらもなんとか代理を頼む。

そして歩の代わりの六川担当を誰にお願いしようかと割り振りしようとするも他のナースは避けようとする。

そこに九鬼静(中井貴一)が名乗りをあげるが、働きすぎの静に担当をさせるのは躊躇する愛川だった。

六川の退院を命令する太郎と西事務長

するとそこへ天乃太郎(泉澤祐希)と西事務長がナースステーションにやってきて、患者たちから院内を徘徊する六川の苦情が来ていると言う。

六川が動き回れるなら退院させて、病室の回転率もあげたいという太郎と西。

しかし愛川は六川の奥様は高齢で介護が難しいので退院は待ってもらえないかと説得する。

しかし太郎に「うちは慈善事業じゃないのだから、なんとかしろ」と命令されてしまう。

「ナースは毎日身体張ってるんです!」と訴える歩

頭を下げる愛川を見かねて歩は跡取りのあなたかなんとかしろ、転院先を手配するのが病院の仕事だと太郎に言う。

さらに「ナースは毎日身体張ってるんです!」と歩が訴えると、太郎はなんで自分が言われなきゃいけないんだと撫然とした態度を取った。

部下のナースたちに責められる愛川

そんな中、夜勤人数の削減策の噂を聞きつけた森口福美(野呂佳代)たちが、愛川に問いただす。

さらに吉子から、現場が大変な状況にもかかわらず上からの無茶を呑もうとする愛川のリーダーとしての資質を責められてしまう。

静はエリートナースだった!

しばらくすると六川がまた歩を見つけ、スパーリングをやろうとせがむ。

歩がこれから仕事なのでと断ろうとすると静が代わりにやりますと声をかける。

さすがスーパーナース、スパーリングの相手もそつなくこなす静。

その様子をナースたちが感心しながら見てると、静は白い巨塔で名高い東都大学病院の看護部長を勤めたエリートだったことが話題になる。

静の後をつける怪しい影の正体

その夜、フローレンス財団がある屋敷へ帰宅する途中で静は何者かに後をつけられていた。

正体はなんと愛川!静に悩みを聞いてほしいという。

愛川は悩みを静に相談する

上からは高圧的な態度を取られ、部下には不満を言われ、いつも上と下の板挟みにあっている。

私がまとめてきたナースチームなのに私の苦労をわかってもらえない、認めてもらえないと愛川はまくし立てるように静に愚痴を吐き出す。

静の励ましとアドバイス

それを聞いて静は愛川部長は誰かに認めてもらったりわかってもらうためにナースをしているのかと問う。

そして「仕事とは自分だけの出世や名誉のためだけでなく、もっと大きな意味を持つものである。最も上手に人をおさめる女性とは、最も上手に人を愛する女性である」というナイチンゲールの言葉を贈り、もっと自信を持つよう励ます。

さらに、静は時には上に自分の意見を言うことも大切とアドバイスした。

財団の理事長がなぜトラベルナースに?

愛川は部屋を見回し、静がフローレンス財団の理事長だと察する。

フローレンス財団は医療従事者を目指す貧しい人々を支援する法人だった。

愛川が「それなのになぜうちのトラベルナースに?」と問うと「やりたいことがありまして」と意味深な静だった。

愛川、クビにされてしまう!

再び歩は六川とのスパーリングで怪我をしてしまう。

院長たちは愛川を院長室に呼び出し、周りに悪影響を及ぼすので六川を退院させるよう命じる。

ついに院長たちに自分の意見を言う愛川だったが…

愛川はいつものように頭を下げようとするが、静の言葉に背中を押されたのか病院側も改善すべきと指摘する。

しかし、いつも平身低頭な愛川を舐めて相変わらず高圧的な態度を取る院長たち。

愛川がキレて、クビされる

そんな態度に我慢できずついに愛川は冷静さを失い、天乃と西の愛人関係をぶちまけてしまう。

驚く太郎に2人は今はとっくに別れているが、かつての愛人関係を認めた。

暴言が原因で愛川はクビにされてしまう。

愛川は静に看護日誌を託す

静は休憩室に行くと、吹っ切れたような顔をして愛川が看護日誌を書いていた。

愛川は患者の記録を綴ったこのノートを見返して患者のことを思い出すのが好きなのだと語る。

静は「看護とは犠牲行為であってはならない、人生最高の喜びであるべき」とナイチンゲールの言葉を贈った。

人生最高の喜びと自分も思ってこの仕事続けてきたが、そんな働き方は古いんでしょうね!と愛川が笑う。

「そんなことはありません…私も古い人間ですけど」と笑う静。

そして愛川は静に看護ノートを託し、残されたナースたちをよろしくと頭を下げた。

ナースたちの直談判

突然の愛川のクビにナースたちは大ピンチ。

看護部長代理として指名された吉子は、最初は仕事をこなそうとするもあまりにもハードで塔子の穴を埋められず、パニックになる。

ついにナースたちは一致団結し、天乃院長に直談判に向かう。

しかし、「ナースの代わりはいくらでもいる」という考えの院長には聞き入れてもらえない。

直談判を止める歩と愛川

ストライキしようとするナースたちに、歩がやってきて持ち場に戻るよう説得した。

歩は静から渡された愛川の看護日誌を読んで愛川がどれだけ患者と向き合ってきたか痛感していた。

さらに、西にナースたちが直談判すると聞かされた愛川も現れて、早く仕事に戻るようナースたちに指示。

結局院長に直談判が通じない形で看護師たちはナースステーションに戻るのだった。

天乃院長を誘う静

そんな中、静は「このあとちょっと、顔貸していただけますか」と天乃院長を飲みに誘う。

そこは昔なじみのお店のようだった。

静は「天乃先生は当時から人使いが荒くて…」と、昔の話をする。

そんな静に話題を変えるように天乃が「医者を医者とも思わない看護師が増えたよ」と語る。

院長へ静の忠告

すると、静は「お言葉を返すようですが、医者とも思えない医者が増えたのかもしれません。我々ナースは患者さんだけじゃなく、医師のこともよーく見ていますから」とニッコリ。

愛川部長の代わりもあのナースたちの代わりもいないと静。

そして「院長の代わりはいくらでもいるかもしれませんが」と冷ややかに忠告をする。

天乃は言葉を返せず苦々しい顔をする。

静に突然の発作?!

静はその帰り道、突然身体に変化が現れ苦しそうにもがいていた…。

愛川、ナースたちクビは撤回!

六川は転院、歩に涙を流す

その後、六川は愛川が探していた介護医療院に転院することになった。

歩とのボクシングを楽しみにしていた六川は、歩に「長生きしてまた来るからな」と涙を流して別れた。

なぜかクビは撤回

そして、なぜか愛川やナースたちのクビは撤回された。

職場に復帰を果たした愛川はフローレンス財団の静の元にお礼に行く。

静再び、突然の発作!

しかし愛川と話している最中に静が突然苦しみだしてしまう。

心配する愛川に静は大丈夫といって一旦部屋から出ると、廊下で腹部を押さえて苦しんでいた。

ザ・トラベルナース 第6話みんなの感想とレビュー

ザ・トラベルナース 第6話の感想

愛川部長のブチ切れと院長の愛人暴露に笑えた!

愛川部長が毎回、院長や事務長や医師たちの圧力に耐え、待遇の不満をいうナースたちをフォローしつつ、笑顔で人手不足の現場を回すのはすごいと思ってました。

私ならキレると思ったらやっぱり愛川さん、院長たちの無理難題や舐めた態度にブチギレて、院長と西事務長の愛人関係まで指摘しちゃいましたね!

経営主義のいや〜な事務長、どうも天乃院長と息ぴったりだと思ってたら愛人関係だったとは!妙に納得。

この言葉を受けて西事務長の「とっくの昔に別れたわよ!今はビジネスだけの関係!」から始まる愛川と西の女のトークバトルがまるでコントのようで笑えました!

ネットでも「フルボッコで笑ったw」「奥さんじゃなくて元愛人w」「寺島しのぶ覚醒!!!」など話題になっていました。

悪者院長を斬ってほしい!

それにしても経営第一でナースや医師たちも捨て駒のように扱う天乃院長は本当に悪医者!見ててムカっと来ました。

暴れん坊将軍に斬ってほしいです…いやいやこのドラマではトラベルナース が斬ってくれるに違いありません!

院長は静さんの「忠告」のせいか愛川さんやナースたちのクビを撤回!

SNSでは「静さん最強!」「院長どんだけ静さんに頭上がらないんだ?」という声があがってました。

静さん、明らかに院長の大きな弱みを握ってるはずですが、その明確な理由を早く知りたいです!!

突然発作を起こして苦しむ静

今回たびたび静が発作を起こしてました…あんなに苦しそうだなんて!

働き方改革なんてクソ喰らえ!と長時間労働するぐらい元気だと思っていたのに…びっくりです!

終盤に向けた展開を予測

実は毎回患者さんの名前に数字がついていることに気づき、九鬼の姓を持つ静が最後の患者では?と思い始めました!

(毎週見てる人はみんな思ってたかもしれませんね)

もしかしたら自分を救ってほしいと歩を呼び寄せたのかなと思わずこの先の展開を予測しちゃいました。

そのために技術は確かだけど人間的にまだまだ未熟な歩を「人を見て人を治すナース」に育てているのではないでしょうか。

この予測は当たるか否かこの先を楽しみに見ようと思います。

「ザ・トラベルナース 」第6話みんなの感想

ザ・トラベルナース 第6話のネタバレと感想まとめ

愛川部長とナースたちはクビの危機は乗り越え、ナース同士また結束力が高まりました。

しかし、まだまだナースたちの待遇は改善されていないのは気になるところ、この先の展開に改善を祈るばかり!

次回は、3話から入院している映画制作を夢見る三上礼(荒木飛羽)に命の危機が迫ります。

そして、静の身体が異変し、病気であることを静は誰かに告白します…病状が気になります!

静が財団の理事長隠してまでナースをする意図は?!歩がこの病院に呼ばれた訳は?!そして静と天乃院長との関係は?!

まだまだ謎がいっぱいの「ザ・トラベルナース 」は次回からついに最終章!ますます目が離せません。

\ザ・トラベルナースはU-NEXTで全話配信中(2022年11月25日)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

-2022秋ドラマ, トラベルナース