2022秋ドラマ

ドラマ「ザ・トラベルナース」第5話のあらすじとネタバレと感想!静(中井貴一)正体に視聴者騒然!吉子(安達祐実)クールなツンデレぶりが絶賛。

2022年11月18日

ドラマ「ザ・トラベルナース」第5話のあらすじとネタバレと感想!静(中井貴一)正体に視聴者騒然!吉子(安達祐実)クールなツンデレぶりが絶賛。

ザ・トラベルナース は、優秀な看護資格を持つトラベルナース・那須田歩と、謎多きスーパーナースの九鬼静がタッグを組み、患者ファーストで医療現場を改革していく“痛快医療ドラマ”です。

今回は人気講談師が入院してくることで、歩たちナースは余命宣告問題に巻き込まれます。

この人気講談師はクールなナース・吉子(安達祐実)と何かワケアリな様子で…。

そしてこの告知をめぐり、歩と静は最大級の大ゲンカに発展の末に、静は寮を出ていくことに。

それによって静の正体も発覚することに!

「ザ・トラベルナース」5話のキャスト・ネタバレ・感想をご紹介します。

優秀&変人の最強なバディ!二人の掛け合いが楽しみ
「ザ・トラベルナース」のキャスト一覧
  • 那須田歩 役/岡田将生
    医師の指示で医療行為を行うことができるNP(=ナース・プラクティショナー)の資格を持つフリーランスの看護師。
    通称:トラベルナース。
    アメリカから帰国し、「天乃総合メディカルセンター」に赴任する。
    意識もプライドも高く、言動もドストレート!
  • 九鬼静 役/中井貴一
    謎のスーパーナース。
    那須田と同時期に「天乃総合メディカルセンター」に赴任する。掃除ばかりし、病院関係者から清掃員と見間違えられることも…。
    物腰柔らかく仕事は的確だが、嘘つきで時々とんでもない毒を吐く。
  • 郡司真都 役/菜々緒
    天乃総合メディカルセンターの外科医。優秀な女医だが同僚の男性医師からセクハラやパワハラを受けることも。
  • 天野龍之介 役/松平健
    天乃総合メディカルセンターの院長。病院の経営だけを考えているが、静とは因縁の仲のようで。
  • 愛川塔子 役/寺島しのぶ
    天乃総合メディカルセンターの看護婦長。
  • 神崎弘行 役/柳葉敏郎
    天乃総合メディカルセンターの外科部長。
  • 金谷吉子 役/安達祐実
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 向坂麻美 役/ 恒松祐里
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 弘中スミレ 役/宮本茉由
    天乃総合メディカルセンターの准看護師。
  • 森口福美 役/ 野呂佳代
  • 天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 西千晶 役/ 浅田美代子
  • 天乃総合メディカルセンターの事務長。
  • 天乃太郎 役/泉澤祐希
    天乃総合メディカルセンターの内科医、天乃隆之介の跡取り息子。
  • 古谷亘 役/吉田ウーロン太
    天乃総合メディカルセンターの外科医。
  • 新田明 役/前原瑞樹
    天乃総合メディカルセンターの外科医。
  • 土井たま子役/池谷のぶえ
    天乃総合メディカルセンターの看護師寮「ナースハウス」の寮母。

\ザ・トラベルナースはU-NEXTで全話配信中(2022年11月18日現在の情報です)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

ザ・トラベルナース第5話のあらすじとネタバレ

歩を呼び寄せた財団からの電話

ある朝、那須田歩(岡田将生)に一本の電話がかかってくる。

歩をアメリカから呼び寄せたフローレンス財団の花岡(宮川一朗太)からだった。

「いかがですか、調子は?」という花岡に、歩は「いいわけないでしょう。いつまでこんな所にいなきゃいけないんですか」と、病院の待遇の悪さなどの不満をぶちまける。

人気講談師・五反田が入院

そんな中、人気講談師・五反田宝山(松尾諭)が検査のため「天乃総合メディカルセンター」に入院してきた。

看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)は歩に五反田の担当を任命しようとする。

ところが、いつもはクールに淡々と仕事をこなす看護師・金谷吉子(安達祐実)が自分を五反田の担当にしてほしいと愛川に直訴し、受け持つことになる。

トラベルナース契約延長を断る歩と静

愛川と共に歩と九鬼静(中井貴一)が天乃院長(松平健)に呼ばれる。

天乃院長は、二人が来てくれたおかげで病床稼働率が今月は90パーセントまで上がったと言い、愛川からも他のナースの離職もゼロだと報告される。

そこで天乃院長から、歩と静は「トラベルナース」として3ヶ月の契約だが、報酬を上乗せするので延長をしてもらえないかと頼まれる。

歩は間髪入れず「お断りします、延長はありえません」と回答し退室してしまう。

静も「お気持ちはありがたいのですが、私も少し考えさせてください」と院長に言うのであった。

天乃院長は渋い顔をしつつも「忙しいのに悪かったね仕事に戻りたまえ」と一旦承諾すると静と愛川は退室。

院長は跡取り息子にプレッシャーをかける

同席していた息子の天乃太郎(泉澤祐希)から、あの二人には十分払ってるのになんでそこまで?と聞かれると、院長は何人分も働いてもらって必要じゃなければ切り捨てると言い放った。

それよりと、太郎の内科の外来の件数の低さを指摘され、いずれお前(太郎)は経営者になる自覚を持て!と一喝される。

五反田はステージ3の直腸がんだった

五反田は吉子を恐れナースのチェンジを懇願

五反田の担当になった吉子は彼に対し、殺気すら感じるほどのツン対応。

その対応にビクビクする五反田は吉子が去った後、歩に看護師のチェンジを懇願する。

歩はキャバクラではないのだからチェンジはないと呆れるも、静は何か理由があるのでしょうと微笑む。

太郎ががんの告知をすることになったが…

そんな中、カンファレンスで五反田がステージ3の直腸がんを患っていることが判明。

五反田の担当医になった太郎が、外科医・古谷亘(吉田ウーロン太)がオペを担当することも含め病状を告知することになった。

緊張で顔が真っ青の太郎は歩に五反田を診察室に呼ぶよう命令する。

吉子、古谷医師を脅す?!

カンファレンスが終わり帰ろうとする古谷を、五反田のレントゲン写真の前で引き止める吉子。

吉子は「五反田の腫瘍は難解な部分、以前似たような手術でうっかり切ってはいけない血管をスパッと切りましたよね、今度は大丈夫ですよね、患者は芸能人だし…」と古谷に迫る。

その様子は古谷も「脅しか?」と震えるほどだった。

ビビって告知を渋る太郎

太郎はもともとビビりで告知が怖い上、父からのプレッシャーもありたびたびお腹を壊し、トイレにいく始末。

歩に「ナースはいいよな気楽で」と皮肉を言いながら今日の僕には告知がヘビーだとごねる。

歩は「五反田さんをもう診察室に呼びましたよ!」と言うと、「なんなら私が告知をしましょうか?」と古谷がニヤニヤしながら通りかかる。

歩も「告知するなら早い方がいい」と古谷にお願いするかという雰囲気に。

すると「担当医の僕がやりますよ!」と強がる太郎だった。

誤解が誤解を生み歩が告知!

しかし診察室で五反田を前にし、やはりプレッシャーに弱い太郎は告知する寸前にトイレに行ってしまう。

そこへ歩が入ってきて五反田に「先生の話終わりましたか?」と聞く。

五反田は冗談のつもりで「参ったなガンだから仕事休まなきゃ、俺よりファンがかわいそうだな」と言う。

歩は「そうですね、ファンのためにも早く手術して悪いところを取りましょう」と言ってしまう。

しかも「後で執刀医からの説明がありますが、手術しないと進行が早ければ半年でとんでもないことになる」と淡々と語った。

告知を聞いて、五反田は逃亡!

歩は五反田の冗談で言った言葉が、太郎の告知後と勘違いしてしまったのだ。

それが結果として「五反田のガン告知」になってしまった。

しかも、余命半年だと誤解し、激しく動揺した五反田は行方をくらます。

五反田を必死に捜す歩と静。

五反田の逃げた先に吉子が現れる!

静は寮に電話をし、吉子が五反田のファンと見受けたので彼の居場所を聞くが、吉子はストーカーじゃないので知らないの一点張りだった。

電話を切った吉子は飲みにいくために一人出かける。

吉子の行った先はとあるキャバクラ…そこにはキャバ嬢たちと酒を飲む五反田の姿が。

「どうせこんなことだと思った」と吉子は五反田に水を引っ掛ける。

吉子の連絡を受けた歩と太郎は、キャバクラへ。

五反田は吉子の元旦那だった!

歩が吉子にそこまで熱烈なファンだと思わなかったと驚くと「そんな訳ないでしょ、私の元旦那」と吉子は告白。

そして五反田も「余命半年なんでしょ?病院で医者に腹を切られて管に繋がれるなら半年好きなもの食って食べてお姉ちゃんたちと遊んで死んだ方がマシ」とボヤく。

その様子を見て、吉子は五反田の頬を引っ叩き、「どうするの?帰るの?帰らないの?大人しく病院に戻って手術をするのか、早くどっかで野たれ死んでよ!大迷惑なんだよ!」と啖呵を切る。

吉子、五反田に「地獄へ堕ちろ!」と激昂

寮に戻った吉子は愛川たちナースに、五反田が有名になる前に結婚しており、あいつはヒモだったと告白。

売れてからはクズで調子に乗って次々と女に手を出し、挙句その女問題の尻ぬぐいまでさせられていたらしい。

「だからあいつの地獄に堕ちるところが見たいわ!」と激昂する吉子に看護師たちは同情する。

静と歩、史上最大の大げんか!

一旦病院に戻った太郎と歩。

「あー、今日は疲れた。ナースが告知なんてするから」という太郎の嫌味に対して歩は「すいませんでした」と素直に謝り、寮の部屋に戻る。

歩、静より厳しく失態を咎められる

部屋で静は、「医者から何も聞かなかったとしてもナースの目で五反田さんをしっかり見ていればこんなことにはならなかったはず、あなたはナースの本分がわかってない」と、歩の失態を厳しい口調でとがめる。

バックボーンに触れられ、歩は激怒

そして「あなたは医者になりたかったけれど、家が貧しくて医大に行けなかった。それでナースになった。違いますか?」と歩のバックボーンに触れる。

「どうして……」と驚く歩を尻目に、静は「頑張ってアメリカでNP(ナース・プラクティショナー)の資格まで取ったというのに、いまだにナースは医者より劣る仕事だと思っている。そのひがみと負け犬根性が、あなたのナースたる致命的な欠陥です」とバッサリ。

冷静に寮を出ていく静

逆ギレして思わず「出てけ!」と歩は言ってしまう。

わかりました、と冷静に静は「何度でも言います。人を見て人を直すナースになってください」と諭して荷物をまとめて寮を出ていってしまう。

五反田の手術を引き受けるスーパードクター神野

数日後、カンファレンスにて神野(六角精司)が五反田の直腸がん転移前方切除のオペを引き受けると宣言する。

前回のカンファレンスでこの程度なら私がやるまでもないと言っていたのになぜ?と新田医師(前原瑞樹)が聞くと「転移前方切除手術をしばらくやってなかったから、たまには…」と微笑む。

五反田の手術は無事成功!

五反田の病室、オペは無事に成功し、執刀した神野から経過も順調だと言われる。

そこに神野は五反田に何か察してくれといった顔をする。

五反田はそれに気づき「スーパードクターに何かお礼をしないといけないと思っていた」と苦笑。

「五反田さんはご出身は富山ですよね?富山の香箱カニが美味しいですよね?」とグルメな神野は病室を出ていく。

処置をしながら「催促か」と呆れる歩。

吉子は神野に五反田の手術を懇願していた

それを見て、同じく処置をしていた静は「お礼ならあの先生より別れた奥さん(吉子)になさってください」と静。

どういうことだ?という五反田に静は、吉子が神野に手術を懇願していた所を目撃したと語る。

ある夜、神野は帰り際に吉子に呼び止められる。

お金の入った封筒を差し出してまで必死に五反田の執刀を頼む吉子に、一瞬封筒を受け取りニヤリとする神野だったが、後方で睨む静の姿が目に入りハッとする。

そして神野は「見くびらないでくれ!薄給のナースからこんなものを受け取るせこい医者に見えるか!」と差し戻し「安心しなさい、スーパードクターのこの私が執刀しよう」と吉子に優しく微笑むと静の方にも一瞬目配せする。

吉子の懇願は本当!涙ぐむ五反田

「あんなに必死の金谷さん初めて見ました」という静一言に歩は「またウソか?」と小声で突っ込むが静は「いえ本当の話です!」と真剣な眼差し。

「そういう女なんだよ、吉子は…」と感涙の涙の五反田だった。

そしてその夜、吉子とのツーショット写真を見ながら五反田は何か決意した表情をしていた。

五反田、吉子に再プロポーズ!

退院の日、ナースステーションに「お世話になりました」とお礼にくる五反田。

五反田は、吉子を見つけると駆け寄り、もう一度結婚してくれないかと再プロポーズ!

ナースたちと見物に来た患者がドキドキする中、吉子は「お断りします」とバッサリ。

「俺のために色々影で動いてくれたんだろ俺の命助けるために」と焦る五反田。

吉子の最愛のメッセージ

吉子は「あなたのためじゃない、あなたのファンのため。こんなクズでもあなたを楽しみにしてるファンのために生かしておかなくちゃいけないと思ったから」というクールに言い放つ。

そして「私はもう顔も見たくないので、二度とここには来ないでください。ではオペの時間なので…」と吉子は言い去っていく。

五反田も「わかりました、二度と来ません」と動揺しつつも病院を後にした。

「こっぴどくフラれましたね」と歩、「フラれたことが芸の肥やしになればいいけど」と苦笑する愛川。

そんな二人に「失恋ではないと思います。二度とここに来るなというのは金谷さんの最愛のメッセージだったのではないでしょうか」と静は言う。

その言葉に納得するナースたち。

そして静は「やっぱりあなたは何もわかってませんね」と歩の耳元で囁いた。

そして吉子は晴ればれとした表情で颯爽と歩いていた。

静の正体はまさかの…!

歩が寮に帰ると、やっぱり部屋には静の姿はない。

その瞬間、静からの「人を見て人を直すナースになってください」という言葉がフラッシュバックする。

すると歩のスマホが鳴り、フローレンス財団の花岡から「やはり今の病院は無理ですか?」と電話がかかってくる。

歩は覚悟の表情で「いえ、大丈夫です。もうちょっと頑張ってみます」と返す。

静は財団の理事長?!

「フローレンス財団」という看板のかかった豪邸。

居間で歩への電話を終えた花岡は広間に行くと、そこにいたのは静だった。

花岡が「理事長。那須田歩くんはもうしばらく頑張るそうです」と言うと、静は淡々と「そう…」とワイングラスを持つ。

そして「フローレンス財団とトラベルナースの未来に」と言って乾杯した。

ザ・トラベルナース 第5話みんなの感想とレビュー

ザ・トラベルナース 第5話の感想

歩と静は気づけば良いバディに…

どんなに大げんかした次の日でも、歩と静のチームワークはバッチリ!

ナースチームにも歩は静さんはどこに行ったの?と聞かれるほど、心の底には深い信頼関係があるのですね。

静を追い出したことを歩はかなり気にしてて、どこにいるのかずっと気にしてる様子でした。

静もケンカを引きずることなく、歩が思いつめたりムカついてる顔をしてるときもスマイル!と言って声をかけてきます。

吉子のクールの中に秘めた愛情に感動

今回は安達祐実さん演じる吉子にスポットライトが当たりました。

常に淡々と仕事をこなす、シニカルな吉子さんでしたがまさかヒモ時代の五反田とそんな過去があったとは!本当は愛情深い女性だったのですね。

神野にオペを必死に懇願したり、五反田に対する痛烈な言葉も根底には愛がこもってました!安達さんのクールなツンデレな演技がよかったです。

ちなみに神野にお金を差し出すシーンは安達さんの代表作「家なき子」の「同情するなら金をくれ!」を連想する人も多かったようです。

静の正体に騒然!たま子さんの占いに伏線が?!

なんといっても静の正体には驚きしかなかったですね。

「やっぱり!静さんは大物だと思ってた」「いや理事長なのかーいwww」「確かにめちゃくちゃ気品あるもんなあw」といった声が相次ぎました。

ちなみに今回、寮母のたま子さんのお得意の占いにも伏線が。

たま子さんの占いは愛川部長の大恋愛の時期も当ててましたし、寮を出ていった静についても占うと…

お金に困らない星に生まれ、さらにすごい人物であることを言ってましたが、まさにスバリでしたね。

ザ・トラベルナース 第5話みんなの感想

https://twitter.com/adgjmptw09toXX/status/1593225406735601664

ザ・トラベルナース第5話のネタバレと感想まとめ

​​今回は人気講談師の余命宣告を巡り歩と静が大ゲンカを繰り広げました。

ここでも静は「ナースは人を見て人を治す」と再三歩に説いていたのが印象的です。

このセリフは今後もストーリーの鍵を大きく握るようですね。

そして謎に満ちた静の正体は、歩をアメリカから呼び寄せた財団の理事長が判明!

歩を呼び寄せた意図は?!とっても気になります。

次回は愛川看護師長がクビに?!働きすぎのナースたちからも反乱が起こるようです。

後半になってますます目が離せません。

\ザ・トラベルナースはU-NEXTで全話配信中(2022年11月18日現在の情報です)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

-2022秋ドラマ