2022秋ドラマ トラベルナース

ドラマ「ザ・トラベルナース」3話のあらすじネタバレと感想!静(中井貴一)の「治療」でモンスターペイシェントが改心!?

2022年11月4日

ドラマ「ザ・トラベルナース」3話のあらすじネタバレと感想!静(中井貴一)の「治療」でモンスターペイシェントが改心!?

ザ・トラベルナースの3話が11月3日に放送されました。

那須田歩は医師をサポートし、一定の医療行為を実施できる看護資格を持つ、プライド高き優秀なナース。

また、九鬼静は物腰柔らかなのに、ここぞという場面では痛烈な一言で理不尽な体制や思想を一刀両断する謎多きスーパーナース。

そんな二人のナースがタッグを組み、患者ファーストで医療現場を改革していく“痛快医療ドラマ”です。

3話はナースにセクハラ&モラハラし放題のモンスターペイシェントが入院したことがきっかけで大騒動が起こります。

プライドの高さで患者にも正論を持って容赦なく噛みつく歩、患者に向かって自分の感情もコントロールできないクソガキと罵る静は、今回も対立してしまう…

また今回は新人ナース麻美にもスポットがあたります。

「ザ・トラベルナース」3話のキャスト・ネタバレ・感想をご紹介します。

優秀&変人の最強のバディ!二人の掛け合いが楽しみ
「ドラマ名」のキャスト一覧
  • 那須田歩 役/岡田将生
    医師の指示で医療行為を行うことができるNP(=ナース・プラクティショナー)の資格を持つフリーランスの看護師。
    通称:トラベルナース。
    アメリカから帰国し、「天乃総合メディカルセンター」に赴任する。
    意識もプライドも高く、言動もドストレート!
  • 九鬼静 役/中井貴一
    謎のスーパーナース。
    那須田と同時期に「天乃総合メディカルセンター」に赴任する。掃除ばかりし、病院関係者から清掃員と見間違えられることも…。
    物腰柔らかく仕事は的確だが、嘘つきで時々とんでもない毒を吐く。
  • 郡司真都 役/菜々緒
    天乃総合メディカルセンターの外科医。
  • 天野龍之介 役/松平健
    天乃総合メディカルセンターの院長。
  • 愛川塔子 役/寺島しのぶ
    天乃総合メディカルセンターの看護婦長。
  • 神崎弘行 役/柳葉敏郎
    天乃総合メディカルセンターの外科部長。
  • 金谷吉子 役/安達祐実
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 向坂麻美 役/ 恒松祐里
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 弘中スミレ 役/宮本茉由
    天乃総合メディカルセンターの准看護師。
  • 森口福美 役/ 野呂佳代
    天乃総合メディカルセンターの看護師。
  • 西千晶 役/ 浅田美代子
    天乃総合メディカルセンターの事務長。
  • 天乃太郎 役/泉澤祐希
    天乃総合メディカルセンターの内科医、天乃隆之介の跡取り息子。
  • 古谷亘 役/吉田ウーロン太
    天乃総合メディカルセンターの外科医。
  • 新田明 役/前原瑞樹
    天乃総合メディカルセンターの外科医。
  • 土井たま子役/池谷のぶえ
    天乃総合メディカルセンターの看護師寮「ナースハウス」の寮母。

\ザ・トラベルナースはU-NEXTで全話配信中(2022年11月17日現在の情報です)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

ザ・トラベルナース第3話のあらすじとネタバレ

愛川(寺島しのぶ)や吉子(安達祐実)らナースたちが怪談話で盛り上がる中、麻美(恒松祐里)は夜勤が怖くなり震えていた。

しかし麻美は恋人の励ましでなんとか乗り切っていた。

その夜、麻美は心肺停止になり死を迎えた患者のエンジェルケア(死後に行う処置、保清、メイクなど)を担当することになるも不慣れで戸惑ってしまう。

それを察した静(中井貴一)と歩(岡田将生)は麻美に代わりエンジェルケアを行うのであった。

最期まで献身的に患者へと寄り添う静の振舞いに麻美は感動する。

入院してきた患者は好青年とモンペ

再入院した大学生に麻美は…

そんな中、大学生の三上礼(荒木飛羽)が筋線維芽細胞腫で救急搬送された。

礼は映像研究部に所属する大学生。

半年前に手術を受け、学園祭や就活も頑張ると前向きに退院していったのだが、非情にも再発してしまったのだ。

以前、礼と親しくしていた麻美は、胸を痛めながらも、彼の手を握りながら懸命に励ます。

セクハラとモラハラ連発のモンスターペイシェント!

そしてもう一人礼と同じく大部屋に患者が入院してくる。

不摂生から生活習慣病を併発した会社経営者・三雲大悟(村杉蝉之介)だ。

静に対してナースなのにおっさんかよ!と文句を言い、女性看護師にはセクハラを連発するモンスターペイシェントだった! 

見兼ねた歩(岡田将生)は三雲を厳しく注意するが、それが原因で病院にクレームが入り、問題に。

歩、クソガキと罵しられる

歩はセクハラされ放題で黙っているナースたちにも、プライドはないのかと非難する。

ことあるごとに日本のナースの意識の低さを嘆く歩を、ナース達はうっとうしく感じていた。

そんな様子を見ていた静からも、自分の感情をコントロールできない未熟さをたしなめられた。

「あなたがやってることは看護師の振る舞いではありません。ワガママなクソガキの振舞いです」と言われ歩は、腹の虫がおさまらない。

モンペの三雲が骨折し損害賠償問題へ!

麻美に憧れる礼にあるお願いをする静

麻美はエンゼルケアにも慣れず、三雲のセクハラにも上手く対応が出来なかった。

看護師としてすっかり自信を失っていたが、そのたび恋人に励まされなんとか元気を出して頑張っていた。

そんな麻美の元気な姿に礼は癒されていたのだ。

礼の麻美に対する憧れに気付いた静は彼にあるお願いをする。

モンスターペイシェントが骨折!

ある日、なぜか深夜に一人で廊下を歩いていた三雲が転倒し、骨折してしまう。

翌日、三雲の妻・弓枝(杉田かおる)が病院に乗り込んできた。

応接間に呼んだナースたちに病院の責任問題だ!と激怒した弓枝は、夫である三雲を個室へ移動させてしまう。

麻美に悲劇が重なる

小さなミスや慣れない処置に自信をなくしてる麻美にさらなる悲劇が。

なんと恋人に二股をかけられてデキ婚を理由に振られてしまう。

麻美は夜勤に向かうも、振られたショックで三雲に対して成分の違う礼の点滴を誤って使用してしまった。

幸いにも大事には至らなかったが、愛川に“命の現場で絶対にあってはならないミス”を反省することを言い渡される。

歩は点滴の取り違えのお詫びと麻美が担当を外れたことを礼に伝えた。

礼は麻美の明るさや優しさが何よりの薬だと語り彼女のことを心配していた。

病院だけでなく、歩にも賠償請求!

度重なる病院側の失態に三雲は激怒。

妻の弓枝も怒鳴り込んできて、なんと病院だけでなく、歯に衣着せぬ物言いを繰り返す歩も損害賠償請求をされることに! 

責任を感じた麻美は愛川に退職願を出し、歩にも一生かけて賠償金を払いたいと謝罪する。

歩と静、一触即発

それを聞いた静は「最悪の結末です、愚かな人間ですね」と一言。

歩は「そんな言い方はない、彼女がこんなに思い詰めてるのに」と言うと、静は「あなたに言ってるんですよ」とピシャリ。

プライドだけがバカ高く感情も制御できないようなバカナースだけでなくクソガキ、まさに自業自得だと追い討ちをかけられ一触即発状態に。

歩は思わず胸ぐらをつかむも冷静に「訴訟を増やすおつもりですか」と静に言われ、一旦修める。

麻美はいいナースになるはず…

その夜、同室になる二人は気まずくなるも、歩は自分のことより麻美のことが心配だと語る。

麻美は今は未熟でもいいナースになると思うと。

なぜそう思うのかと問う静に、礼が入院した時そっと手を握って励ましていたからだと言う。

すると静は「あなたも少しは人を見る目が備わってきた」と微笑んだのだった。

三雲の悪事が妻に盛大にバレる

歩はナイチンゲールの言葉を胸に…

翌日、歩は廊下で礼に会う。

礼は損害賠償で訴えられた歩を心配していた。

歩はなんとこれから三雲に土下座でもなんでもして謝りに行くと言う。

驚く礼に「気に入らない仕事こそ志を持て」とナイチンゲールの言葉を持ちだし三雲の部屋に向かった。

静は三雲を屋上へ連れ出す

しかし、三雲の部屋は空っぽ!

院内を探し回る歩は、車椅子に乗った三雲を連れ出す静を見かけ追いかけた。

歩が追いかけた先は屋上!

何が始まるのか…黙って見つめる歩。

妻の弓枝も三雲が病室にいないことに気付き、ナースステーションに駆けつける。

すると、静から預かったメモがあるとナースからメモが渡された。

そのメモには、三雲を屋上へ散歩に連れていく旨のメッセージが。

弓枝は三雲を見つけると、静から車椅子を奪い病室に戻ろうとする。

その時、三雲がナースたちにしてきたセクハラやモラハラ音声が流れてくる。

動かぬ証拠により三雲の悪事が全て妻にバレる

静は三雲が入院してきた時から要注意人物とみなし、日夜音声を録音していたという。

更に今度はタブレットで動画を再生。

そこには三雲が医者に止められていた飲酒をして、泥酔した挙げ句に廊下をふらつき転倒して骨折をしたシーンが流れていた!

歩と麻美が駆けつけたとき、三雲が転倒した拍子に消毒薬が倒れて飛び散っており、それにより酒臭さが消されていたようだった。

さらにナースたちにセクハラし放題の映像が流れる。

三雲は「患者を強請る気か!」と怒るが「いいえ、ナースは人を見て人を治す、あなたの腐った性根を治して差し上げます」と、静は三雲の目を見つめて言った。

これらの証拠を突きつけられて事の顛末に怒った弓枝は、「テメーの腐った性根、私が叩き直してやる!」と言って三雲を屋上からつき落とそうとする。

それを必死に止める歩と静であった。

損害賠償取り消される!

三雲の悪行三昧の映像は映画監督志望の礼が撮影してくれたもの…

静のお願いとはこのことだった。

仕事で落ち込む麻美の役に立ちたいと引き受けたのだった。

その甲斐もあり損害賠償請求は取り消しとなり、そして麻美の退職も無事撤回!

その後、改心したらしい三雲はしおらしい態度で退院して行った。

三雲と弓枝を見送りながら、なぜ賠償請求が取り消されたのか「静の屋上の治療」を知らない看護婦長の愛川は不思議がったのだった。

ザ・トラベルナース第3話みんなの感想とレビュー

ザ・トラベルナース3話の感想

患者ファーストの静

冒頭の麻美が感動したという、心肺停止して亡くなった患者さんに話しかけながらエンゼルケアをしている静に暖かな気持ちがこみ上げてきました。

家族の到着が来るまで見せかけの蘇生をしようとする古谷医師(吉田ウーロン太)にも患者の安らかに逝かせて欲しい意思を尊重したい故に止めていました。

静の常に患者ファーストというポリシーのわかる場面でした。

ネットで話題騒然!二人のナースの交わし方

それにしても、モラハラセクハラし放題、迷惑なモンスターペイシェントにイライラしました!

そんな困った患者に対する静と歩のかわし方(特にナースにスカートを履けとおちょくるくだり)が最高だとSNSでも話題になってました。

歩にも患者ファーストの兆し?

プライドが高いゆえモンスターペイシェントに激昂してしまう歩を静は「クソガキ」と毒舌を放つのは、常に患者ファーストであれと示したいがゆえ。

だからこそ歩も考え直し、「気に入らない仕事こそ志を持て」とナイチンゲールの言葉を胸にモンスター謝りに行こうとしたのでしょう。

静も患者ファーストではありますが、ナースや他の患者に迷惑かけるモンスターには容赦はしません!

愛川たちナースにも知られずこっそり「腐った性根を治療」をしてスカッとしました!

ザ・トラベルナース3話みんなの感想

ザ・トラベルナース第3話のネタバレと感想まとめ

突っ込みどころ(グレーな盗撮、点滴取り違えなど)もありましたが、静がモンスターペイシェントを人知れず成敗してスカッとしました。

未だプライドがバカ高い歩は、患者にも正論をぶつけついには損害賠償を訴えられてしまいました。

またアメリカのナースと比べてしまい、周りのナースにもうっとおしがられる始末。

そんな歩ですが、静にキツくたしなめられ腹を立てながらも、静に影響されていっています。

次回の予告を見ると静が菜々緒さん演じる真都に「バカドクター」と罵ってました!

何が起こるのでしょうか、こちらも目が離せません。

\ザ・トラベルナースはU-NEXTで全話配信中(2022年11月17日現在の情報です)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

-2022秋ドラマ, トラベルナース