2022秋ドラマ Silent(サイレント)

「silent」2話のネタバレ・あらすじと感想!想の穏やかな笑顔にキュンが止まらない!

2022年10月14日

「silent」2話のネタバレ・あらすじと感想!想の穏やかな笑顔にキュンが止まらない!

川口春奈さん主演のドラマ「Silent(サイレント)」第2話が10月13日(木)に放送されました。

1話では、目黒蓮さん(Snow Man)の迫力ある手話シーンが話題となりました。

2話では、高校時代や別れの真相が「想目線」で描かれています。

なぜ病気のことを紬に告げることなく去っていったのか。

「好きな人がいる。別れよう」の本当の意味は?

次第に距離を縮めていく紬と想。

温かくて、切ないラブストーリー。今週も必見です。

ここでは「Silent(サイレント)」2話のネタバレ・あらすじと、感想をご紹介いたします。

想の決断は重く、やるせないよぉ・・・
「Silent」のキャスト一覧
  • 青羽 紬(あおば つむぎ) 役/川口 春奈(かわぐち はるな)
    明るく天真爛漫な性格。
    恋人の湊斗との関係も良好で、アルバイト先では正社員の誘いもあり、公私ともに充実した毎日を送っている。
  • 佐倉 想(さくら そう)役/目黒 蓮(めぐろ れん)
    紬の高校時代の恋人。大学進学と同時に紬に別れを告げる。
    以降高校時代の友人とも音信不通。音楽好き。
  • 戸川 湊斗(とがわ みなと)役/鈴鹿 央士(すずか おうじ)
    紬の恋人で、想の友人。優しい性格。
    高校時代から紬に思いを寄せるも、想との仲を取り持つ。
  • 古賀 良彦(こが よしひこ)役/山崎 樹範(やまざき しげのり)
    高校時代の教師。現在はフットサル場を経営している。
  • 青羽 光(あおば ひかる)役/板垣 李光人(いたがき りひと)
    紬の弟。姉思いで、湊斗にも懐いている
  • 佐倉 律子(さくら りつこ) 役/篠原 涼子(しのはら りょうこ)
    想の母親。
  • 佐倉 萌(さくら もえ)役/桜田 ひより(さくらだ ひより)
    想の妹。
  • 井草 華(いぐさ はな)役/石川 恋(いしかわ れん) 
    想の姉。
  • 春尾 正樹(はるお まさき)役/風間  俊介(かざま しゅんすけ)
    手話教室の教師。
  • 横井 真子(よこい まこ)役/藤間 爽子(ふじま さわこ)
    紬の親友。
  • 桃野 奈々(ももの なな)役/夏帆(かほ)
    想の友人? 先天性難聴を患う

\ドラマSilentはフジテレビオンデマンドで全話配信中/

FODで無料視聴する

silent第2話のあらすじとネタバレ

8年前の真相

想にとっての紬の存在

あの時あの場所でしなくてもいい、どうでもいい話ばかりしていた。

ただ好きな人と話している。それだけに意味があった。

卒業後に遠距離になることも大きな問題ではなく、紬とずっと一緒に笑っていられると信じていた。

まさかの異変は突然に・・・

卒業式の日、紬と笑顔で別れた後、想は耳鳴りが続くようになる。

「すごいうるさい」

何度も検査を繰り返し、遺伝性の病気との診断がおりる。

徐々に聞こえなくなり、わずかに聴力が残るか、完全に聞こえなくなるか。

責任を感じ壊れていく母・律子に申し訳なさを感じつつも、当初の予定通り上京し大学進学をした。

紬への告白は叶わず

紬からの電話に出ることが怖くなり、病気のことを告白するため公園で待ち合わせをする。

なかなか決心がつかず口ごもっていると、何かを察した紬から「男の子も泣いていいんだよ」と慰められ、つい「大丈夫」と強がってしまう想。

紬は想を元気づけようと「何かあったらいつでも電話して」「声が聴ける電話が好き」「佐倉くんの声、好きだな~」と言うのだった。

想は紬に、名前を呼んでほしいとお願いし、紬は「佐倉くん」「想くん」と緊張しながらも照れくさそうに呼ぶ。

そんな紬の声を耳に焼きつけ、別れを決心する想だった。

紬と想はゆっくりと距離を縮めていく

再会の日に落とした紬のイヤホンを返すため、2人はもう一度会うことに。

そこで、携帯ツールを使いながら、ようやくたわいもない会話をするのだった。

想の友人として、紬の恋人として複雑な湊斗

湊斗に想と会ってきたことを報告した紬は、病気のことも伝えようとするが言葉にならない。

すると湊斗から「想、聞こえなかったでしょ」と。湊斗は想の難聴を知っていた。

なぜ教えてくれなかったのかと責める紬に「知ったら紬が不安定になると思ったから言えなかった」と湊斗は謝る。

湊斗は想には会いたくない、よろしく伝えてと複雑な表情を見せる。

そして二人の再会に不安になりつつも、紬に手話教室を勧める湊斗だった。

手話教室に通い始めた紬

紬は「耳が聞こえなくなると、声も失うのか」と、手話教師の春尾に質問をする。

春尾は「あったものを失うことで、話したくなくなる人もいる」と説明する。

そしてたとえ話として、恋が実らなかったときに出会わなければよかったと思わないか?と問う。

それに対して紬は「好きになれてよかったと思いたい」と返すのだった。

別れの言葉の意味が明らかに

紬は「もう一度会って話がしたい」と想を呼び出す。

そして習いたての手話で自己紹介する紬を、想は驚きながらも微笑ましく見守る。

最後に会ったあの公園で言った言葉が、想を傷つけたのではないかと紬は謝るが、想は嬉しかったと答える。

そして「好きな人がいる。別れよう」とメッセージを送ったのは、好きな人=紬を悲しませたくないから別れようという意味だったと想は伝えるのだった。

それから、いま紬には優しい恋人がいることを想に報告する。

想にも信頼出来る人がいるの?

その場で聞けない紬は、もう少し上手に(手話で)話せるようになったら聞くね。と心の中で思ったのだった。

想との別れ際、湊斗から紬の携帯に着信があり今夜会えないかとの誘い・・・の途中で湊斗の言葉が詰まる。

なんと振り向くとそこには、二人を見つめる湊斗の姿があった。

silent第2話みんなの感想とレビュー

silent第2話の感想

今回も切なさ、もの悲しさ満載でした。

想目線での、紬の可愛さや愛しさが伝わってきました。

病を前にひとり不安に駆られ、孤独に悩んでいた青年を思うと、胸が締め付けられます。

そんな想への「佐倉くんの声、好き」という言葉は、無力感や諦めと言った感情になったのかもしれません。

あの時、病気のことを紬に話せていたら、この二人にはどんな未来があったのだろう。

そして湊斗の嫉妬のような感情も、今回は表現されていました。

きっと想のことで泣いているであろう紬の肩を抱き寄せることもできず、想の病について真正面から紬と向き合うこともできない。

紬を失うかもしれない恐怖と戦っているのだと感じました。

湊斗との新居探しはなかなか決まらないのに、想のためにすぐ手話教室へ行くその行動力は、紬さえ気づいていない本当の気持ちを表している気がしました。

「好きになれてよかった」との言葉は、いつか湊斗に向けられる言葉なのでしょうか。

ラストシーンのえぐられるような湊斗の表情を見てしまうと、いたたまれなくなりました。

silent第2話みんなの感想

silent第2話のネタバレと感想まとめ

本人たちの思惑とはうらはらに、吸い寄せられるように惹かれていく。

これが「運命」なのでしょうか。

8年前の誤解は解けたものの、次回は今まで二人を見守り支えてきた人たちの気持ちがあふれるようです。

どの思いもお互いを思い合うあたたかい気持ちばかりで、今からやりきれないです。

紬と想、二人が並ぶ姿を目の当たりにした湊斗は、どんな行動に出るのでしょうか。

やさしい思いが交差していく次週、ハンカチを準備してご視聴ください!!

ドラマSilentはドロドロ浮気ドラマ?純愛ドラマ?紬や湊斗の行動とネットの声まとめ

\ドラマSilentはフジテレビオンデマンドで全話配信中/

FODで無料視聴する

-2022秋ドラマ, Silent(サイレント)
-, ,