2022秋ドラマ Silent(サイレント)

silent10話 目黒蓮の笑顔に絶賛も想の叶わぬ願いに視聴者涙腺崩壊

2022年12月16日

silent10話 目黒蓮の笑顔に絶賛も想の叶わぬ願いに視聴者涙腺崩壊

想と紬は気持ちを通い合わせ、徐々に距離を縮めていきます。

しかし近くなればなるほど想の感じるさみしさは膨らんで…

想は紬の前から、また消えてしまうのでしょうか。

想の叶わぬ願いには、号泣必須です。

一方で奈々と春尾には進展あり。

8年前の互いの思いを伝えあい、一歩前進する奈々と春尾。

楽しそうな2人のやり取りにほっこり。

最終回直前、今週もハンカチ必須の「Silent(サイレント)」10話のネタバレあらすじ、感想をお伝えします。

silentのキャスト一覧はこちら
ドラマsilent(サイレント) 全出演者キャスト相関図!

全話のネタバレはこちら
ドラマsilent(サイレント)全話のネタバレとあらすじ!

silent第10話のあらすじとネタバレ

想は紬との距離が縮まるほどにさみしさを感じる

想(目黒蓮)は紬(川口春奈)の部屋に、CDを借りに来ていた。

高校生時代に貸して返ってきたCDと同じように、ケースと中身が入れ替わっていることを想は懐かしく笑う。

想はあの頃と変わっていない紬をうれしく思うのだった。

洗い物をする紬にちょっかいをかけた想に、笑って返す紬。

笑顔で何かを言っているのはわかるが、その笑い声は届かず、急激にさみしさが想を襲う。

春尾との違いを受け入れられなかった奈々

春尾(風間俊介)は、ようやく奈々(夏帆)からの手紙を開封した。

手紙には、必死に手を動かして話してくれるのがうれしかったが春尾と自分との違いを思い知って辛くなってしまったと書かれていた。

そして、優しくしてくれたのに受け入れられなくてごめんねと綴られていた。

紬と奈々は恋バナをする仲に

奈々は紬の家でビールを飲みながら、恋バナをしていた。

春尾を思い浮かべながら、健聴者とろう者の恋の難しさを語る奈々。

不安な顔をする紬に、奈々は耳が聞こえない人がみんな同じ考えではないと付け加えるのだった。

想は紬と距離を取るようになっていく

カフェで想と話をする紬。

紬がしゃべりながら手話をしていることを知った想は、悲しそうな顔をするのだった。

帰り道、紬はふと想の手に触れ、手をつないぐ。

しかし想は、手話がしにくいからと即座にそれを振り払うのだった。

湊斗は紬の様子に不安を感じる

紬が家に戻ると、光(板垣李光人)の課題を手伝いに来ていた湊斗(鈴鹿央士)と鉢合わせをする。

元気のない紬に湊斗は何かあった?と声をかけるが、紬は何もないとごまかすだけだった。

紬が一歩を踏み出せずにいる理由

紬の家に飲みに来ていた真子(藤間爽子)はビール片手に、どうして想と付き合わないのかと単刀直入に紬に尋ねる。

紬は、時々すごく寂しそうな顔をする想に対してのんきに付き合ってくださいなんて言えないと悲しそうに答えるのだった。

春尾と奈々は新たな関係を築きはじめる

健聴者にもろう者にも同じようにいろんな人がいる

春尾は行きつけの居酒屋に奈々を連れてきていた。

ろう者を理解しようと思って手話を仕事にしたが、手話はコミュニケーションツールでしかなく、思いを理解することはできなかったと話す春尾。

そんな春尾に奈々は、オトナになったねとほほ笑むのだった。

湊斗に思いのたけをぶつける奈々

そこに偶然、湊斗がやってくる。

奈々は湊斗に、「お前が紬を振らなければこうはならなかった。なんで好きなのに振るの?バカなの?」と辛らつに手話で話す。

湊斗から通訳を依頼されるも、躊躇する春尾。

バカ、バカと何度も口を動かす奈々に、湊斗は「あ!今、バカって言った!」と3人で笑い合うのだった。

想が失ったものは大きかった

湊斗の家に来ていた想に湊斗は、どうして紬と付き合わないのかと尋ねる。

すると、耳が聞こえない以外は何も変わってないと言ってくれたが、変わったことが大きすぎると想は悲しそうに答えた。

湊斗は想のしたいようにすればいいけど、紬に何も言わずに勝手にいなくなるのだけは絶対許さないと強く伝えるのだった。

想の苦しい胸の内…「声が聞きたい」

紬の家に来た想は、紬のイヤホンを手に取り、震えながら耳に装着し音量を最大にする。

しかし想の耳には何も聞こえない。

不安そうな想に紬は寄り添うが、想は紬の声が思い出せないと告白するのだった。

これから電話もできなくなって、音楽も一緒に聞けなくなるのが分かってて一緒にいるのがつらかったから別れたのだと、8年前の別れ当時の思いを告げる想。

紬は、あの頃そう思ってたってことでしょ?と涙ながらに問う。

しかし想は紬が変わっていないことを感じるたびに、自分が変わったことを思い知るのだと答えた。

「声が聞きたい。もう聞けないならまた好きになんてならなきゃよかった」

想は涙を流して打ち明けたのだった。

silent第10話みんなの感想とレビュー

silent第10話の感想

奈々と春尾先生の恋も進展?

紬と想がうかうかしてる間に、奈々と春尾先生のほうが一歩を踏み出しそうな予感。

回を追うごとに可愛さが増す奈々と、奈々と再会してから明るくなった春尾先生。

春尾先生が完全に尻に敷かれる未来しか見えないけど、失恋2連チャンの奈々と、8年も引きずってきた春尾先生の幸せを拝みたいです!

湊斗の愛は地球規模!

花束を持っている人を見るだけで幸せになる湊斗。

顔を見ただけで紬の異変に気付けるとこも、想が逃げないように釘をさすところも、愛に満ち溢れていました。

ハイスペックで、主成分やさしさの湊斗とは、光だけじゃなく全人類が結婚したいと思ってます!

想のさみしさは想像以上で、また今週も号泣…

想が紬のポニーテールに反応して、ちょっかいを出すシーン。

急に音が消えて、想の世界に切り替わって、視聴者も想の世界をのぞき見する仕掛けとなっていました。

どんなに紬が笑っていても、笑い声は聞こえない。

あの世界に常に取り残されている想を思うと、胸が張り裂けそうです。

silent第10話みんなの感想

silent第10話のネタバレと感想まとめ

想の願いは、到底かなうものではなく、愛で乗り越えるなんて軽々しく言えませんよね。

それを告白された紬の気持ちを思うと、いたたまれません。

今回のハイライトは、湊斗、奈々、春尾の3人の居酒屋シーン。

声を上げて笑いました。3人それぞれの性格の良さがあふれていました。

湊斗がパンダのぬいぐるみをベットに投げ込むシーンは、なかなかパンダがカメラのほうを向かず、なんと10テイクもしたそうです。

紬のヘアピンが捨てられたときショックでしたが、湊斗の家に紬の色が少し残っていたことにほっとしました。

次週ついに最終回です。SNSではすでにロスの声も多く上がっています。

今期、社会現象ともなった「Silent(サイレント)」。

最終回は12月22日(木)夜10時から15分拡大バージョンで放送です。

是非1話から復習をして、ご覧ください。

前回のお話
「silent」9話のネタバレと感想!

次回のお話
「silent」最終回のネタバレと感想!

全話のネタバレはこちら
ドラマsilent(サイレント)全話のネタバレとあらすじ!

-2022秋ドラマ, Silent(サイレント)
-,