2022秋ドラマ

ドラマ「六本木クラス」の最終話までのあらすじ・ネタバレと感想!ジャパニーズ土下座無しに賛否両論!

2022年10月1日

2022年夏にTBS系で放送されたドラマ「六本木クラス」。

大ヒット韓国ドラマ「梨泰院クラス」の“ジャパン・オリジナル版です。

復讐がテーマとなっているこのドラマ。

始めは韓国の梨泰院クラスの超絶劣化版として酷評されていましたが、俳優陣の好演によって放送ごとに視聴率もアップしました。

香川照之の土下座は見られるのか!?

宮部新と長屋茂、龍河親子との因縁の対決の行方はどうなるのか!

また、新は葵と優香、どちらを選ぶ!?

ここでは、「六本木クラス」の登場人物、ネタバレ、感想を紹介します。

ドラマ「六本木クラス」のキャストは?

宮部新(みやべあらた)役/竹内涼真

六本木の居酒屋「二代目みやべ」の店長。
新を絶望の淵に追いやった長屋親子への復讐を心に誓う。

楠木優香(くすのきゆうか)役/新木優子

新の同級生であり、初恋の人。
自分が働く長屋ホールディングスと、それに敵対する新との間でジレンマを感じている。

麻宮葵(あさみやあおい)役/平手友梨奈

「二代目みやべ」店員。
才能に恵まれた高校生インフルエンサー。
新と出会い、人生が変わりはじめる。

長屋龍河(ながやりゅうが)役/早乙女太一

長屋ホールディングス会長の長屋茂の長男。
父の権威をふりかざす、ドラ息子。
あることをきっかけに新を絶望の淵に落とす事になる。

内山亮太(うちやまりょうた)役/中尾明慶

「二代目みやべ」店員。
服役中に新と出会い、出所後「二代目みやべ」で働く。

長屋龍二(ながやりゅうじ)役/鈴鹿央士

長谷茂の次男で、愛人との間に生まれた子ども。
葵の同級生で、葵に好意を抱く。
新と出会い、その生き方に衝撃を受ける。

綾瀬りく(あやせりく)役/さとうほなみ

「二代目みやべ」の料理人。
身体適性は男性、性自認は女性というトランスジェンダーである。

宮部信二(みやべしんじ)役/光石研

新の父で、長屋ホールディングスの商品開発部・部長。
男でひとつで新を育てる。長屋龍河との衝突事故で死亡。

桐野雄大(きりのゆうだい)役/矢本悠馬

新と龍河の同級生。
龍河の執拗ないじめに遭うが、転校してきた新に助けられる。

長屋茂(ながやしげる)役/香川照之

長屋ホールディングス会長で創業者。
強欲で好きな言葉は、「弱肉強食」。

ドラマ「六本木クラス」の最終話ネタバレ

六本木クラス最終話までのあらすじ

真っ直ぐな主人公、宮部新

父子家庭で育った宮部新(竹内涼真)は、無愛想だが真っ直ぐな性格。

父・宮部信二(光石研)からの「信念を持って生きろ」という教えを胸に、警察官になることを夢見ていた。

龍河との衝突事故で父が死亡

ある日、新の転校初日に事件発生!
新は、クラスメイトの桐野雄大(矢本悠馬)に壮絶ないじめをしていた、長屋龍河(早乙女太一)の顔を殴ってしまう。

その事件をきっかけに高校を退学になった新に、さらに追い討ちをかける事件が発生!

新の父である信二が、龍河の運転する車と事故を起こし、亡くなってしまう。

ひき逃げした龍河を殴りムショ行きの新


事故直後、龍河は信二を放置し、救急車を呼ぶこともなく、その場を立ち去ってしまう。

新は龍河に激昂し、龍河を殴り、懲役3年を言い渡される。

ここから、新と長屋の壮絶な戦いがはじまる。

その後、新は服役中に「復讐」という目標を見つける。

出所後、居酒屋「二代目みやべ」を創設

麻宮葵(平手友梨奈)を「二代目みやべ」のマネージャーとして迎え入れ、葵の戦略のもと、「二代目みやべ」は次第に繁盛していく。

共に働く中で、葵は新に恋心を持つようになる。

しかし、新は楠木優香(新木優子)に一途で、葵は玉砕し涙することも…

料理番組で二代目みやべが優勝

あるTV番組の料理対決で、「二代目みやべ」は、長谷ホールディングスとの戦いを制し、見事優勝する。

これにより、田辺弘子(倍賞美津子)から多額の融資を受けられることになり、「二代目みやべ」はフランチャイズ化に踏み切る!

「二代目みやべ」は長屋ホールディングスに引けをとらない、日本屈指の居酒屋へと成長していく。

車にはねられて意識不明になる新

いよいよ、新と長屋の戦いも最終章へ!

龍河の暴走がはじまり、車にはねられてしまう新。

新や「二代目みやべ」はどうなるのか…

六本木クラスの最終話ネタバレ

意識が回復した新た

意識不明の状態で病院に運ばれてきた新。

夢の中で亡き父の信二と逢い、やがて意識を回復する。

新の意識が回復したことを知った龍河は、何かを企んでいる様子…

葵の居場所を知った新

龍河は、茂に「最後のプレゼント」と言い、葵と龍二の居場所を教える。

龍河からメールを受け取った新は、葵と龍二の居場所を聞くため、茂のもとへ向かった。

その頃、葵と龍二は龍河の隙をつき、脱走するが、木野(松田賢二)に追い詰められてしまう。

葵は、龍二をその場に残し逃走する。

葵と再開する新

新は「俺は葵を助ける」と、命を懸けてでも葵を助け出すことを決意する。

拉致現場に到着した新は、葵と再開し、「会いたかった」と葵の頭をポンポン。

そこに龍河が現れる。

龍河とついに対決する新

「お前は先に逃げろ」と、新は葵を逃がそうとする。

「代表が死んだら私も死ぬから」と葵は自らの覚悟を新に告げる。

新はついに龍河に勝った。

龍河は警察に逮捕され、新は、「やっと終わった…」と安心した様子。

そのまま病院へと運ばれる。

新と葵の恋の行方

病院にお見舞いに来た葵は、「私のこと好きですか?」と。

新は、「いや、愛してる」と。

ついに新と葵が結ばれた瞬間となった。

スキャンダルで長屋ホールディングス崩壊

この一連の事件を優香が警察に告発する。

その結果、長屋ホールディングスの株価は暴落し、新は長屋ホールディングスを買収する計画を立てる。

長屋茂が二代目みやびを訪れ

買収を阻止するため、茂は「二代目みやべ」を訪れる。

そこで新は、亡き父のレシピである、「唐揚げ」を提供する。

茂が土下座をしようとするも

ついに茂が土下座…かと思いきや、未遂で終わる。

新は、「今のあなたが土下座をしてもなんの価値もありませんよ。」と辛辣に突き放す。

新は最後まで、長屋会長を許すことはなかった。

その後のそれぞれ

その後、容赦なく新は、長屋ホールディングスを買収した。

買収後は、相川専務が長屋ホールディングスの指揮をとるかたちとなった。

葵に片想いしていた龍二は、アメリカに旅立つことを葵に報告する。

「最後に握手をして欲しい」とお願いする龍二に、葵はハグをし、良好な友達の関係で2人の関係は幕を閉じた。

優香は、長年勤めた長屋を辞め、六本木にお店を出すことを新に報告した。

今後は、共に六本木にお店を出すものとして、ライバルとなっていくことだろう。

新と葵は、夜景を見ながら何度も「愛してる」と言い続けた。

ドラマ「六本木クラス」の感想

新と葵が結ばれてハッピー

最後は新と葵が結ばれるかたちとなりましたね。

長い間、新は優香に一途で、「好きになるな」と葵に告げたシーンでは、葵は新への恋心を諦めてしまうのかとも思いました。

葵のように、一見無謀に思える恋でも、諦めずにアタックすれば報われるということを教えてくれた気がします。

結ばれてほしいと思いながらずっと見ていたので、最後に結ばれるかたちとなり、嬉しかったです!

最後に、「愛してる」と言い合うシーンで2人のキスシーンが見られなかったのは、少し残念でしたが…

土下座しないんかい!

新と長谷ホールディングスの因縁の対決の行方もとても気になってました。

やはり最終的に新は長屋会長や龍河を許すことはありませんでしたね。

長屋会長の土下座シーンで土下座!土下座!と手拍子していましたが、不発で終わってしまいました。

香川照之さんのNG

このシーンは実は制作側は原作リスペクトで土下座はマストと考えていたらしいですね。

でも香川さんが今回の不祥事もあり、頑なに土下座を拒否された、とか。

表向きはこれ以上、世間に土下座の印象を持たれるのが嫌だからとのことでしたが、そんな訳ありません。

原作では土下座がクライマックスなのは間違いないし、話が来た時点では土下座ありきでオファーを受けたはず。

ということは、やっぱり不祥事を世間様に土下座で詫びる!という構図になるのが嫌だったのかなーと。

まあ、仕方ないかもですが、土下座を期待していた私は拍子抜けしましたー。おーい。原作通りやってくれぃ。

新が真っ直ぐでカッコいい!

このドラマでは、新の真っ直ぐさに心打たれる場面が何度もありました。

人間関係が不器用でも、人を真っ直ぐに信じて生きる。この生き方には感動しました。

悪者はすぐに殴っちゃうので(ほぼ龍河限定)、ちょっと怖いですが、絶対守ってもらえそうです!

他人を疑わず、信じ抜くことは難しいことだと思いますので新は本当にスゴイ。

新はとても誠実で真っ直ぐな性格だったからこそ、ここまで強くなれたのだと思いました。

まとめ

復讐を誓った主人公の生き様やその主人公に影響される周りの人たちのストーリーを描いたテレビドラマ「六本木クラス」。

時には仲間と衝突したり挫折しそうになったりしながらも、いくつもの困難を乗り越えて復讐を果たしていく。

そして復讐を果たしつつも、新は仲間を大事にしてきたので、超ハッピーエンド!

父からの教えを胸に、真っ直ぐに生きていく新の強い生き方は、諦めないことの大切さを教えてくれました。

また、新の復讐劇だけでなく、孤独だった葵が新と出会ったことで、人としても成長し、恋をしていく姿を描いた純愛ストーリーも最高!

一途ってやっぱり大事!でもストーカーはダメだけど。

絶望しそうな人や、人生に迷っている人、前に進もうとしている人などにぜひ見ていただきたいドラマとなっています。

-2022秋ドラマ
-, ,