2022秋ドラマ PICU 小児集中治療室

ドラマ「PICU」1話のあらすじネタバレと感想!吉沢亮と安田顕の悔し涙に視聴者も涙腺崩壊

2022年10月11日

ドラマ「PICU」1話のあらすじネタバレと感想!吉沢亮と安田顕の悔し涙に視聴者も涙腺崩壊

10月10日(月)夜9に第1話がスタートしたドラマ「PICU 小児集中治療室」。

PICUとは、15歳以下の子供を対象にした子供のためのICUです。

北海道という広大ゆえに搬送までに時間を要してしまう土地で、タイムリミットの迫った子供たちの命を守ります。

吉沢亮さんが月9初主演で初の医師役!

感動の「命を繋ぐ物語」のゆくえに目が離せません!

ここではそんなドラマ「PICU 小児集中治療室」の1話あらすじネタバレと感想を紹介します。

さすが月9!豪華な俳優陣です!
「PICU」のキャスト一覧
  • 志子田武四郎 役/吉沢亮
    北海道で生まれ育った27歳の小児科医。
    母親思いで家事全般もそつなくこなす一方で、大事な場面で不器用になってしまうことも。
    務先の病院に新設されたPICUに異動し、そこで「医者の仕事とは何か」という問いに向き合っていく。
  • 植野元 役/(安田顕
    小児集中治療のパイオニア。
    常に子供の目線を忘れない心優しい性格。
    武四郎の指導を担当する。
  • 綿貫りさ 役/木村文乃
    PICUにやって来た救急救命医。
    かつては優秀な医師だったが、とある出来事がきっかけで心を閉ざしてしまう。
  • 羽生仁子 役/高梨臨
    優秀な看護師。植野とは長い付き合いらしい。
    PICUのムードメーカー的存在。
  • 矢野悠太 役/高杉真宙
    武四郎の幼なじみで親友。
    現在は地元の札幌を離れ、網走で救命医として勤務している。
  • 河本舞 役/菅野莉央
    武四郎の幼なじみ。
    丘珠病院の小児外科医。
  • 涌井桃子 役/生田絵梨香
    武四郎の幼なじみ。
    実家の旅行バス会社でバスガイドとして働いている。
  • 東上宗介 役/中尾明慶
    冷戦沈着な救命救急医。
    いざというときに頼りになる存在。
  • 鮫島立希 役/菊池凛子
    若き北海道知事。
    強い信念を持ち、PICUの必要性を訴え続けている。
  • 志子田南 役/大竹しのぶ
    武四郎の母。
    若くして夫を亡くして以来、女手一つで武四郎を育ててきた器の大きい女性。

\PICU 小児集中治療室はFODで全話配信中/

FODで無料視聴する

PICU第1話のあらすじとネタバレ

若手の小児科医しこちゃん先生始動!

北海道で生まれ育った志子田武四郎(吉沢亮)は、丘珠病院に勤務する27歳の小児科医。

ある日、病院に新設されたばかりのPICU(小児集中治療室)への異動を命じられる。

人手不足のPICUへ異動

そこで出会ったのは小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕)だった。

スタッフは植野と武四郎のほか、看護師の羽生仁子(高梨臨)、救急救命医の綿貫りさ(木村文乃)の4人だけ。

圧倒的な人手不足であった。

しかも武四郎は初期研修を終えたばかりで戦力にならない。

綿貫からは医師としてすらカウントされない言われ、落ち込む。

医者の意義について考える武四郎

雑用をさせられて不貞腐れていると、植野から質問を投げかけられる。

「志子田くんにとって、医者の仕事って何だと思う?」

武四郎は答えられずにいた。

PICU初めてのミーティング

翌日、PICUで始めてのミーティングが始まった。

内容は北海道内で3年前に亡くなった少女・沙羅ちゃんの件についてだった。

植野は、どうすれば助けられたのかについて順を追って問いかけていく。

3年前に起きた悲劇

道内の美瑛で倒れた沙羅ちゃんは、近くの病院に運ばれる途中の車内で吐血。

運ばれた病院先では多くのことはできず、すぐに大病院の「道北医科大学病院」に転院。

この時点ですでに吐血後45分が経過していた。

さらに大病院の救急センターに到着したのはその20分後。

敗血症性ショックで40度の高熱が出ていた。

一度意識を取り戻すが、500グラムほど下血し、心肺停止に。

小児専門医がいない病院だったため、輸液と輸血、昇圧剤で血圧を安定させ、ドクターヘリで「北海総合大学病院」に搬送。

しかし搬送先のPICUは救急を受け入れられず、その後沙羅ちゃんは亡くなった。

事件がきっかけで武四郎は医師としての自覚に目覚めた

武四郎はこの出来事をよく知っていた。

彼は3年前、幼なじみたちと遊んでいた時に、すれ違う車の中で苦しそうな様子の女の子を見かけたことがあったのだ。

数時間後、その子が人気子役・星野沙羅ちゃんだということニュースで知る。

先ほどまで生きていた幼い命が失われたことにショックを受ける武四郎。

その日、初めて彼は医者になりたいと思ったのだった。

今の自分たちには何もできないが……

ミーティングを続けるも、美瑛から300キロ離れた丘珠にいる自分たちに、できることは何もない。

現段階ではそう結論づけた一同。

だが植野は、「私たちのPICUはどんな状況でも子供を受け入れていかなければならない」と言う。

植野の目標

植野にはある目標があった。

丘珠空港から近いこの病院にPICUがあることを北海道中に周知させること。

そしてドクタージェットを活用し、いち早く患者を搬送できるシステムを作り上げること。

実は植野は北海道知事の鮫島立希(菊池凛子)から、道内にいつでも子供を受けられるPICU設立を依頼されていた。

条件としてドクタージェットの常駐を提示すると、鮫島は近い未来に必ず実現すると約束してくれたのだと言う。

植野が目指すのは、ドクタージェットを駆使した日本屈指のPICUであった。

PICUに5歳の女の子が運ばれてくる

そんな折、PICUに発症から4時間経過した5歳の少女が運び込まれてくることとなる。

刻一刻と容態が深刻化する中、武四郎はただオロオロしてしまう。

尊い小さな命が散る

他の医師たちは処置準備をするが、汗を拭いてあげることくらいしかできない。

その時、少女が武四郎の袖を掴んで「ママ……」と呟いた。

武四郎が声を聞こうと顔を近づけた途端、吐血し容態が急変。

その後血圧が下がり続け、懸命な処置もむなしく1時間後に息を引き取った。

亡くなった直後のミーティング

その日の内に、処置に関わったスタッフたちでのミーティングが始まった。

どうすれば良かったのか話し合うのだ。

だが、武四郎はすぐに気持ちを切り替えることができなかった。

泣きながら「どうしてそんな冷静でいられるんですか?」と思わず発言してしまう。

そんな武四郎に植野は、話し合いの意義を丁寧に説明する。

「亡くなったから話すんです。正しい情報が集められる今のうちに。次に同じことが起きたら確実に助けられるように」

そう語る植野も涙目だった。

植野と武四郎はかかりつけ医の元へ

植野は武四郎を誘って少女を最初に診察したかかりつけ医の元へ行く。

綿貫はミーティングの時に、最初の誤診がそもそもの原因だと言っていた。

稚内市の山田医院に着くと、院長の山田透(イッセー尾形)が土下座で二人に謝罪してきた。

慌てる植野。

責めるために訪れた訳ではない。

当時の症状について詳しく知りたかった。

そして、この医院にPICUの存在を認知してもらおうと思って来たのだ。

自分だけを責めないで欲しいと山田に語る植野。

武四郎のやるせない想い

帰り道、武四郎は植野に思いの丈を吐露する。

「僕は、初めてでした。こんなに自分が馬鹿だと思ったのも、嫌いになったのも」

「患者が死ぬところを目の前で見たのも、人前で声を上げて泣いたのも、全部初めてでした」

そんな武四郎に、植野は一通の手紙を差し出す。

手紙は3年前に武四郎が鮫島に当てたものだった

それは3年前、武四郎が鮫島に送ったものだった。

そこに書かれた熱い想いは、鮫島がPICUの計画を打ち出すきっかけとなった。

そして植野も感銘を受け、武四郎をPICUにスカウトしたのだ。

「僕は良いことだと思うよ、初めては」と、植野に言われる武四郎。

2人は再びPICUのある地・丘珠へと戻るのであった。

PICUの第1話のみんなの感想とレビュー

PICU第1話の感想

救われない命に涙

残念ながら、初回は誰も救うことができませんでしたね。

少女が苦しむ姿は見ていて辛いものがありました。

今後、助かる命が増えていくと信じたいです。

医者にとって重要なのは技術ももちろんですが、一番は患者に寄り添う心だと思います。

今はまだ無力でも、人のために泣ける武四郎は多くの人から慕われる医者になっていくことでしょう。

医師としての自覚に目覚めた武四郎

3年前の出来事で医者としての使命に目覚めた武四郎。

だけど深刻な現場を経験しなかったからか、いつのまにかその信念も薄らいでしまっているようでした。

PICUに異動したことが医者としての自覚を取り戻すきっかけになったと思います。

武四郎がPICUに配属された理由が分かる場面にはアツいものを感じました。

人手不足のPICUに左遷させられたのかと思っていましたが違いましたね。

まさか武四郎自身が書いた手紙がきっかけだとは思いませんでした。

植野先生が良い上司すぎる

そして、植野先生の信念の強さと優しさには涙が出ます。

誤診したかかりつけ医を責めることなく、原因を突き詰めるために会いに行く。

そして相談に乗ると同時にPICUを認知してもらう。

そんな考えが本当に素敵でした。

北の大地にPICUが広がっていくのを応援したいです。

PICU第1話みんなの感想

PICU第1話のネタバレと感想まとめ

強い信念を持った植野との出会いは、これからも武四郎の人生を変えていくことになりそうです。

尊い小さな命とその家族の思い。時には目を背けたくなるような厳しい現実が待っています。

見ていて辛いと感じることもありますが、最後には目標が叶うことを信じています。

1人でも多くの子供たちを守れるように、後悔を糧に進んでいく。

「命」という永遠テーマについて考えさせられるドラマです。

現代日本の小児医療の課題とどう向き合っていくのか。

若き医師が自分の非力さを痛感しながらも成長していく姿に今後も注目です。

\PICU 小児集中治療室はFODで全話配信中/

FODで無料視聴する

-2022秋ドラマ, PICU 小児集中治療室
-, ,