2023冬ドラマ 警視庁アウトサイダー

「警視庁アウトサイダー」1話ネタバレと感想|西島秀俊の小ネタたっぷりコミカル刑事が好評!

2023年1月6日

「警視庁アウトサイダー」1話ネタバレと感想|西島秀俊の小ネタたっぷりコミカル刑事が好評!

2023年1月5日スタートのドラマ「警視庁アウトサイダー」。

今までにない刑事ドラマということでしたが、設定というより演出にちりばめられたギャグに驚かされました!

シリアスとギャグが交互にやってくるかなり忙しい展開。

今回は、お金持ちの家の家政婦が殺される事件というある意味ありきたりな始まりからのスタート・・・。

しかし結末はまさかの展開に!?

ここでは警視庁アウトサイダー1話のネタバレと感想をまとめています。

刑事ドラマというかギャグドラマというか!?
「警視庁アウトサイダー」のキャスト一覧
  • 蓮見光輔 役/濱田岳
    桜町中央署刑事課のエース。人に言えない大きな秘密を抱え、本来の人格を隠して笑顔を携えている。
  • 架川英児 役/西島秀俊
    桜町中央署刑事課警部補。警視庁組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”の刑事。本部の復帰を望み光輔と手を組むが・・・?
  • 水木直央 役/上白石萌歌
    桜町中央署刑事課に応援配属された、新人刑事。実父は警視庁副総監。
  • 有働弘樹 役/片岡愛之助
    警視庁副総監。水木直央の父。同じ志を持つ国会議員の雄一のことを、陰になり日向になり、全力で支援している。
  • 小山内雄一 役/斎藤工
    与党所属の国会議員。反社会勢力の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープ。英児や光輔の抱える問題の先には、この男の影が?
  • 最上憲彦 役/飯田基祐
    大学教授。
  • 永峰弓江 役/室井滋
    最上家の家政婦(ハウスキーパー)で今回の被害者。
  • 最上亜由美 役/星南のぞみ
    最上家の長女。研究をしている。
  • 最上恵美子 役/加茂美穂子
    最上家の妻。
  • 最上賢太郎 役/上原佑太(ダウ90000)
    最上家の長男。引きこもり。

全話のネタバレまとめ
ドラマ「警視庁アウトサイダー」全話あらすじ・ネタバレまとめ|主題歌や見どころは?

\警視庁アウトサイダーはTELASAで配信中/

TELASAの無料視聴はこちらから

「警視庁アウトサイダー」第1話のあらすじとネタバレ

元マル暴刑事 架川が刑事課に配属

包丁を持って逃げる犯人を追いかけてプロレス会場に来た、刑事課の巡査部長 蓮見光輔(濱田岳)。

突如現れて犯人逮捕を横取りしたのは、元マル暴の刑事で蓮見と同じ桜町中央署勤務となった警部補の架川英児(西島秀俊)だった。

家政婦刺殺事件が起きる

ペアとなった二人が食事をしていると殺しが起きたと蓮見に電話が入り、架川と2人現場に向かう。

刺殺されたのは近所でも有名なお金持ち最上家のハウスキーパー・永峰弓江(室井滋)。

重要参考人として長男を探すことに

まずは夫の最上憲彦(飯田基祐)と妻の最上恵美子(加茂美穂子)に聞き込みを開始。

娘の亜由美(星南のぞみ)は3日前から研究室にこもりきり、長男の賢太郎(上原佑太)は引きこもりで現在は行方不明だという。

防犯カメラに長男の賢太郎が映っていたことで、重要参考人とし居場所をさがすことに。

殺された弓枝の悪口を言う長女 亜由美

しかし商店街ではハウスキーパーの弓枝が買い物をしているからか、だれも悪口を言うことはない。

その後、亜由美が過去に万引きを起こしたという情報を手に入れるが本屋に聞き込みに行くと、弓枝にはお世話になっているから大事にはしなかったという。

亜由美は、弓枝が口止め料を最上家に請求するためにもみ消しただけ、「あのババア!」と憎しみのこもった声で話すのだった。

怪しい蓮見の言動から架川は調査を依頼

蓮見の言動を怪しいと思っていた架川は蓮見に関する調査を頼み、過去の写真を手に入れる。

しかしそこに映った男は、全く別人に見えるのだった。

その画像解析を英児は刑事課・鑑識の仁科素子(優香)に頼む。

蓮見も、気になるのか英児は何者か?と仁科聞くが、「パス!」と答えを濁されてしまうのだった。

家政婦 弓枝には別の顔があった

弓枝の指にはマニキュアが塗られていたのに、本人の部屋にはマニキュアがない。

さらに長女の万引きの件もあり、家政婦以外の顔になる場所がどこかにあるのでは?と蓮見は予想。

そしてその予測通り、弓枝は別宅を持っていた。

弓枝は恵美子をゆすりホスト通いをしていた

弓枝はホストに月1度50万程度使っていて、「”彼女”は私の打ち出の小槌」と話していたとホストの供述で発覚。

恵美子の不倫をネタに、弓枝は恵美子をゆすっていたのだ。

恵美子は弓枝を恨んではいたが、殺害されたときは不倫相手と一緒にいたのでアリバイがある。

水増し請求をさせてお金を得ていた弓枝

その話を聞いても商店街の人々は、弓枝にはお世話になっていたから悪く言うことないと話す。

実は弓枝は、商店街でひいきにしている店に水増し請求をするように要求。

商店街の人間は、弓枝の悪事に加担していることがバレたくないので口をつぐんでいた。

そこで蓮見は、弓枝がひいきにしていた店の連中を集めろ正直に言えば目をつぶる・・・と架川さんなら言いますよと脅し全員を集めた。

口論の声を聴いていた理奈

クリーニング店の理奈は、弓枝が殺された日呼び出されたが、もうこれ以上水増し請求はしたくないと話した。

しかしじゃあ契約は終わりといわれ水品は何も言えず、家を後にしようとする。

そのとき「お前のことを許さない!」などと口論する声が聞こえてきた・・・。

しかしその声が賢太郎のものかどうかは見ていないのでわからないということだった。

長男が殺しを自供

架川は手下に賢太郎を探させていたところ、ついに発見。

賢太郎は警察に連行され、事情聴取で自分が刺したと自白した。

家の包丁なのに賢太郎の指紋しか見つからなかった

賢太郎が使ったとみられる包丁からは指紋も出た。

しかし仁科はその指紋の付き方をみて、なぜ家の包丁に賢太郎以外の指紋がないのを疑問に思う。

つまりそれは賢太郎が包丁を拭いてから、刺したということ。

架川は、衝動的に差すのに指紋をまずふき取るなんてことはあり得ないというのだった。

弓枝に脅されていた憲彦

ふたたび憲彦のところへ行き、蓮見と架川はある怪文書を差し出した。

弓枝が殺された夜、憲彦は送られてきた怪文書が弓枝の仕業であることに気付き問い詰めたのだ。

妻の不倫を知らされ憲彦は弓枝をさした

弓枝は悪びれず恵美子が不倫していることを憲彦に突きつけた。

そのことで激高した憲彦は弓枝を刺し殺したのだった。

賢太郎は父をかばうために自供していた

音に気付いた賢太郎に見つかり憲彦は慌てるが、賢太郎は「逃げろ」と告げその場を去るように言った。

そして父親が走って大学に戻った後、賢太郎は包丁の指紋を拭き自分の指紋を付けたのだ。

健太郎が父親をかばったのは自分の居場所を作るため

父親に罵られていたはずの賢太郎が、憲彦の身代わりになった理由・・・。

それは身代わりとして刑務所で引きこもることで父親に恩を売り、15年後もいられる居場所を見つけるため。

憲彦は、本当に殺したいのは引きこもりの賢太郎だった・・・と話した。

警察署ですれ違った賢太郎と憲彦は目も合わせない。

家族なのに秩序もないと蓮見と架川がうんざりしたように口にするのだった。

蓮見は戸籍を買い「蓮見」の名前を得た

蓮見は架川に地下の駐車場に呼び出されていた。

架川は、3年前に行方不明になった男の戸籍を買った男がいる。

そして売られた戸籍の名前は「蓮見光輔」だと話をつづけた。

その瞬間二人はお互いに銃口を向け、架川はお前はいったい何者だ?と蓮見をにらむのだった・・・。

「警視庁アウトサイダー」第1話 感想とレビュー

予想を裏切られたコメディ展開にびっくり

最初は、結局刑事ものということでシリアス系になるのは当然だと思っていた視聴者ばかりでしたが・・・。

最初から本物のプロレスラーの出演や、「しげるのブラックコーヒー」、はぐれ刑事純情派の着メロなど、面白要素がたっぷり。

架川は血が苦手、容疑者たちをヤクザの関係に例えるなど、ちょっとした小ネタがかなり挟まれています。

この雰囲気は見てみないとわからないものですが、確かに今までにない刑事ドラマというのは間違いないです。

怪しい蓮見光輔(濱田岳)の過去が気になる

目の奥が笑っていない、兵庫県出身だけど直接七味をそばにかけて食べる、蓮見光輔という戸籍は買われたもの・・・など。

リボルバーを”れんこん”と今は誰も言わない呼び方をする蓮見はいったい何者なのか?

一番普通そうなキャラかと思ったら、一番とんでもない闇を抱えてるのが蓮見っぽいですね。

濱田岳の優しそうで何を考えてるかわからない演技が最高で、はやく過去が知りたい!

「TRICK」シリーズの木村ひさし監督ぽさ炸裂!

警視庁アウトサイダーの監督は、「TRICK」シリーズ、「99.9刑事専門弁護士」シリーズなども手掛けた木村ひさしさん。

コメディ色が強めで、個性的な演出で大人気だったTRICKをちょっと彷彿とさせたようで、視聴者ももしかして?と思った様子。

本編より小ネタ探しがメインなのでは!?と言われるほど、しこまれているので今後も小ネタに注目したいと思います。

「警視庁アウトサイダー」第1話のネタバレと感想まとめ

警視庁アウトサイダー1話、想像と全く違う展開で最初は頭がついていってなかったのですが、今後の展開がかなり気になる感じでした。

特にいきなり主人公同士が銃口を向けあうのは前代未聞で・・・。

蓮見がどんな過去を持っていて、ここから架川となぜ手を組むようになるのか気になります。

次回のお話
「警視庁アウトサイダー」2話ネタバレと感想|上白石萌歌の「えっ?」がウザい?蓮見&架川コンビに新たなメンバー!

全話のネタバレまとめ
ドラマ「警視庁アウトサイダー」全話あらすじ・ネタバレまとめ|主題歌や見どころは?

\警視庁アウトサイダーはTELASAで配信中/

TELASAの無料視聴はこちらから

ちなみに木村ひさし監督のTRICKはU-NEXTで配信中!

ねこまた
ねこまた

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

-2023冬ドラマ, 警視庁アウトサイダー