2023冬ドラマ 大奥

ドラマ10「大奥」1話ネタバレと感想|「冨永愛の着物姿は眼福!原作ファンも大喜び」

2023年1月11日

ドラマ10「大奥」1話ネタバレと感想|「冨永愛の着物姿は眼福!原作ファンも大喜び」

今回のドラマ10は、なんども実写化されている「大奥」シリーズ。

第1話は、冨永愛演じる徳川吉宗と中島裕翔演じる水野祐之進の物語。

男女逆転の世の中で、大奥に入ることになった祐之進は何を見たのか?

全く予測できない世界を見事に描いた第1話!

この記事では、1話のネタバレと感想をまとめています。

冨永愛の着物姿美しすぎるね・・・
ドラマ10「大奥」のキャスト一覧
  • 水野祐之進(みずのゆうのしん)役/中島裕翔
  • 信(のぶ)役/白石聖
  • 徳川吉宗(とくがわよしむね)役/冨永愛
  • 加納久通(かのうひさみち)役/貫地谷しほり
  • 藤波(ふじなみ)役/片岡愛之助
  • 杉下(すぎした)役/風間俊介

全話のネタバレまとめ
NHKドラマ10男女逆転「大奥」全話あらすじネタバレまとめ(追記型)過去のキャスト・主演も!

\大奥は最新話含む4シリーズがU-NEXTで配信中!(2023年1月11日現在)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

ドラマ10「大奥」第1話のあらすじとネタバレ

疫病のせいで男女逆転となった世の中

若い男子ばかりがかかる疫病のせいで、国には男が女の四分の一となってしまった。

そのせいで労働や男が担っていた仕事すべてが女中心となり、男の役目は生きながらえることと子種を残すこと。

そんな世の中で、将軍は女性となり、大奥は美男3000人が仕える場所となったのだった。

気持ちを言い出せない祐之進と信

武家の水野祐之進(中島裕翔)と田嶋屋娘の信(白石聖)は幼なじみ。

2人はお互いを好きあっているが、貧乏旗本の息子 祐之進はお金持ちの家の信では釣り合わないとあきらめ気味。

信は、いつも縁談をことわってばかり、これって男が現れたら婿をとると強がるのだった。

祐之進は大奥に入ることを決める

祐之進は苦しくなる一方の家のことを考え、大奥に入ることを決めた。

旅立ちの日、信は去っていく祐之進を追いかけ、必死でとめようとする。

しかし心を決めた祐之進は、信を振り払おうと嘘をつき傷つけようとした。

下手な嘘をつくんじゃない!と怒る信に祐之進は別れのキスし、歩き出すのだった。

お三の間の洗礼を受ける祐之進

そして大奥に上がることになった祐之進は、上様に会うことは出来ない「お三の間」に入ることになった。

新参者の祐之進をからかわれるが、杉下(風間俊介)に助けられる。

その後も着物や髪型にケチをつけるお三の間の先輩たちに怒りが抑えられない祐之進は刀を出そうとしたが、また杉下に争いは禁じられていると助けられるのだった。

襲われそうになった祐之進は大暴れ

夜、見回りが去ったあと、祐之進の布団の周りに3人ほどが集まってきた。

祐之進を撫でまわし体を触り強姦しようとする。

祐之進は怒り狂い刀を抜こうとするがそこに見回りが着て、全員が布団にもぐり事なきを得た。

8代将軍吉宗がやってくる

幼き7代目将軍がなくなったことで、8代目将軍徳川吉宗(冨永愛)が誕生。

吉宗の目を引こうと必死に着物を用意するため大奥はにぎわっていた。

お目見えの間をきれいにしながら、杉下は「吉宗様はケチのようだ」と祐之進に伝える。

代替わりをしたのに、畳も変えないことから想像したのだ。

無駄遣いを嫌う吉宗 

8代将軍となった吉宗は、財政難となった状況を案じ、無駄遣いは厳禁と厳しく接する。

自分の着物も華美なものはいらないというくらいだった。

さらに城下町を歩いて街の様子や景気を見たりと自由な行動。

大奥にも興味がない様子。

その様子に藤波もいら立ちを隠せないようだった。

大奥のお目見えに祐之進が抜擢される

10日後、大奥のお目見えが決定した。

藤波は祐之進を呼び出し、吉宗に会える役目に大抜擢。

どうして自分がと悩んでいると、「顔」じゃないですか?と杉下に言われるのだった。

吉宗に会う日までに着物を作ることになり、黒に水流を描いたほかにはない着物となった。

将軍の夜伽の相手に選ばれる祐之進

当日、派手な着物を着たものが集まる中、祐之進の真っ黒な着物は一段と目を引くのだった。

吉宗は、豪華絢爛な着物をきた男たちを前に、千両箱が見える美しすぎて涙が出ると嫌味をいう。

藤波は、気に入った男子には名を訪ねてくださいと吉宗に伝えるのであった。

肝が据わっていると吉宗に褒められた祐之進

そろそろと歩く吉宗は、着物につまづいてしまう。

その姿に笑ったのは誰だ名乗れといわれ、かばうために名乗り出たのは祐之進。

吉宗は祐之進に近づき、名を訪ね、なかなか肝が据わっているといい去っていった。

やっと終わったといわんばかりの顔をする祐之進は、「今夜は出番だ」と言われ驚くのだった。

幼馴染と同じ名前をもつ吉宗

夜、吉宗との夜伽のため部屋で待つ祐之進。

二人は他愛もない話をし、吉宗は名前を聞く。

祐之進と答えると、「私の女名は信」と吉宗は答える。

幼馴染と同じ名前をもつ吉宗の言葉に目を見張る祐之進。

将軍の初めての夜伽相手は死罪

無事に夜が明け、機嫌のよい吉宗のところへ加納久通(貫地谷しほり)がやってきて、将軍の最初の夜伽の相手をしたものは打ち首になると伝える。

家族のためになるならと死罪を受け入れる祐之進

祐之進も同じ話を藤波から聞いていた。

杉下は、そんなことは前はなかったのではと口をはさむが、黙るよう藤波に一喝された。

祐之進は覚悟を決めたように、自分の死はどのように伝えられるのか?と藤波に聞く。

藤波は、病死ということで見舞金も出るので心配するなと答える。

その言葉を聞いて祐之進は処分を受け入れることを決めるのだった。

吉宗の機転で祐之進は生き延びる

加納は、何度読み直しても夜伽の初めての相手が死罪ということはどこにも書いていないという。

祐之進の死刑が執行される日、祐之進は言い残すことはないといい頭をたれた。

刀が振り落とされたが、祐之進は生きていた。

祐之進ではなく町人として生きていくよう伝える吉宗

そこへ吉宗がやってきて、「そなたはこれで死んだ」と伝える。

そして、町人 信吉として婿を取らないと駄々をこねている大問屋の娘 信の婿になってやれと伝えるのだった。

祐之進は吉宗が自分を助けたことを悟り、手をつき深く頭を下げる。

吉宗は近寄り大奥で見知ったことは口外するなと祐之進に微笑みかけるのだった。

吉宗のいった通り信の元へ行った祐之進

祐之進は、城をあとにし、町人 信吉として信の元へ戻ったのだった。

吉宗は大奥の男たち暇をだす

その後、吉宗は藤波に35歳以下の美男を集めさせた。  

そして突然「暇を出す」と宣言。

そして故郷にて良縁をえるように、と言うのだった。 

ドラマ10「大奥」第1話 感想とレビュー

冨永愛の着物姿が眼福!

原作ファンもうなるキャスティング

ドラマ10「大奥」第1話のネタバレと感想まとめ

冨永愛さんの着物姿本当に美しかったですね。

また最後の吉宗の優しさにもグっときました。

次回のお話は、家光(堀田真由)と万里小路有功(福士蒼汰)の物語。

次回のお話
ドラマ10「大奥」2話ネタバレと感想|「家光が有功を扇子で殴った理由が悲しい」

全話のネタバレまとめ
NHKドラマ10男女逆転「大奥」全話あらすじネタバレまとめ(追記型)過去のキャスト・主演も!

\大奥は最新話含む4シリーズがU-NEXTで配信中!(2023年1月11日現在)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

-2023冬ドラマ, 大奥