2022秋ドラマ

ドラマ逃げるは恥だが役に立つの最終回までのあらすじ・ネタバレとキャストまとめ

ドラマ逃げるは恥だが役に立つの最終回までのあらすじ・ネタバレとキャストまとめ

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は、新垣結衣演じる森山みくりと星野源演じる津崎平匡の「契約結婚」をテーマにした社会派ラブコメディです。

「逃げ恥」という愛称で親しまれ、みくりと平匡のなかなか進展しない恋愛関係に毎回ムズキュンする視聴者が続出。

ロズ
ロズ

ムズムズキュンキュンね!

新垣結衣と星野源はこのドラマをきっかけに本当の夫婦となり、再び逃げ恥が注目されましたね!

ドラマのテーマである契約結婚とはどんな内容だったのか、そして結末はどうなったのでしょう。

本記事ではドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の登場人物、最終回ネタバレ、感想を紹介します。

逃げるは恥だが役に立つのキャストは?

森山みくり役/新垣結衣

みくりは派遣切りにあった過去を持つ、真面目で頑張り屋なヒロイン。

実は高学歴。また妄想好きというユニークな一面も。

津崎平匡役/星野源

みくりと契約結婚をする真面目で潔癖なシステムエンジニア。

彼女がいたことない、自称「プロの独身」。

彼女がいなかったコンプレックスから自尊心が低いこじらせ男子。

土屋百合役/石田ゆり子

みくりの伯母、百合ちゃんこと土屋百合。

50代の美人キャリアウーマンで、みくりとは友達のような関係。

モテない訳でもないけど男性経験がないまま未だに独身。

沼田頼綱役/古田新太

津崎の同僚でインフラエンジニア、実はゲイ。

穏やかな性格ながら洞察力が鋭く、部屋の配置や二人のぎこちなさでみくりと平匡を仮面夫婦と疑う。

風見亮太役/大谷亮平

津崎の同僚。

ハイスペックなイケメンで、女性にはモテるが結婚にメリットを見出せない。

前半はみくりに興味を持ち平匡と三角関係?!を匂わせるも、後半は百合に惹かれ年の差恋愛に発展。

日野秀司/藤井隆

津崎の同僚、愛妻家で子煩悩なムードメーカー。

梅原ナツキ役/成田凌

百合の部下でスタイリッシュなイケメンで不思議な魅力を持つ。

ずっと片思いの相手がいる経験から、百合の恋愛を後押しする一面も。

田中安恵役/真野恵里菜

みくりの高校時代からの親友。元ヤンキーで、バツイチの子持ち。

実家は八百屋で家業を手伝っており、これがきっかけでみくりが副業をすることになる。

逃げるは恥だが役に立つの最終話のネタバレ

派遣切りをされたみくりは、父のツテで家事代行サービスの仕事を始める。

そこで出会ったのが独身のシステムエンジニア、津崎平匡だった。

就職をしたいみくりと独身をデメリットと感じている平匡。

2人の利害が一致して奇妙な契約結婚がスタートする。

しかし新婚なのにどこかよそよそしいとに怪しむ同僚や叔母。

そこで契約結婚がバレないように、温泉旅行やハグの日を設けて「新婚のラブラブ」さを醸し出すようにしていく。

そんな過程で愛情が芽生え、平匡はみくりに本当の夫婦になろうとプロポーズ!

平匡のプロポーズにみくりは…

みくりは、高級レストランでの突然のプロポーズは平匡のリストラが関係してると聞いてしまう。

そのことからみくりは複雑な気持ちになり「これは好きの搾取」と言い放つ。

以来、二人の雰囲気はギクシャク…。

そんな中、みくりは親友の安恵の紹介で、副業として商店街の仕事をはじめる。

結果、商店街の活性化のための青空市の準備で忙しくなり、次第に本業の主婦に手が回らないようになってしまう。

そんな状態を解決すべく、平匡は夫婦は共同経営責任者だからと家事分担を提案する。

ところが、分担の仕事を平匡がミスした挙句、分担は結構面倒とうっかりみくるに言ってしまった。

副業で疲れているみくりは「ボランティアで家事をする」と意固地になってしまい平匡に冷たく当たってしまう。

家事も副業も満足にできない上に平匡に当たってしまったみくりは自己嫌悪から「面倒な生活、やめるなら今です」と心を閉ざし風呂場に逃げ込んでしまった。

二人の決めた未来

そんなみくりを見て、平匡はみくりが閉じた心のシャッターは、今まで自分が逃げたものと同じかもしれないと思い出した。

そして今度は逃げようとするみくりに風呂場のドア越しにこう言った。

「生きていくのって面倒くさいんです。それはひとりでもふたりでも同じ、それぞれ別の面倒くささがあって、どっちにしても面倒くさいんだったら、一緒にいるのも手じゃないでしょうか。」

その言葉はみくりの心に届き、2人で新しい関係=本当の夫婦を築いていく決心をさせた。

みくりが準備に奮闘した青空市は無事成功した。

そこで改めてお互いが大切だと気づいた彼らは友人や同僚のいる前で堂々とハグし、2人はやっと本物の夫婦となった。

それぞれの恋の行方

「逃げ恥」は主人公の二人以外にも、ムズキュンカップルが2組誕生しました。

まずはみくりの叔母・百合と風見の親子ほど年の差恋愛である。

前週で風見は百合に告白し、結果百合は受け入れ、二人はついに結ばれた!

また、ゲイをカミングアウトした梅原の片思いの相手はなんと沼田。

自分に自信がなく、会うことをためらってた沼田だったが、ついに二人が青空市で対面する場面も描かれた。

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の感想

逃げ恥は共感を生む社会派ラブコメディドラマ

本作は「社会派ラブコメディ」と呼ばれる新感覚ドラマです。

なぜ社会派ラブコメディかというと、契約結婚というテーマだけでなく数々の社会問題が散りばめられているからです。

就職難、派遣切り、リストラ、独身キャリアウーマン、シングルマザー、LGBTなど…とはいえ決してシリアスにならず前向きに描かれており共感しやすいものになっています。

ロズ
ロズ

私も放送当時、独身のキャリアウーマンだったので、百合の境遇や寂しさに共感していました!

じれったい恋愛でドキドキがたまらない

そしてなんといっても逃げ恥の人気の秘訣はムズキュンドラマだということ!

ムズキュンとは、「胸がムズムズするけどキュンとする」ことです。

みくりと平匡の契約結婚の「雇用主と従業員」という関係から「本当の夫婦」になる過程は、ウブで非常にじれったく、まさにムズキュンでした!

誰しもが経験した過去に自分のムズキュン体験を重ねながら二人の恋愛を見守るという方も多かったのでは?

二人の恋愛だけでなく、後半で動き出す百合と風見の恋もムズキュンしました!

みくり平匡夫妻と同様に最終回ではめでたく結ばれててハッピーエンド!

そして要所要所コミカルに挟まれるみくりの妄想シーンもお楽しみのひとつ。

毎回情熱大陸、エヴァンゲリオン…数々のパロディが絶妙で、またみくりの可愛いコスプレも楽しめます。

終始ムズキュンしっぱなしですが、最終回は全てがハッピーエンド!

いつ見ても楽しく、また暖かい気持ちになるドラマです。

まとめ

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は、脚本や演出がとにかく秀逸!

ムズキュンな恋愛模様とテンポよく進むストーリー展開、社会的なテーマが共感性が高いこと、キャストの魅力などさまざまな要素がうまくハマり、何度も見返したくなります!

数年後には本編の続きが描かれているスペシャルドラマも制作されました。

しかもこのドラマがきっかけで新垣結衣と星野源がリアル夫婦になるという奇跡のドラマですよね!

それだけではなく、エンディングでは、主題歌『恋』にのせて出演者が踊る「恋ダンス」も大流行!

最終回後に「逃げ恥ロス」になってしまう人も続出でした。

見ればハッピーな気分になること間違いなし!初めて見る人もリピーターも逃げ恥を楽しんでくださいね。

-2022秋ドラマ
-, ,