朝ドラ 舞いあがれ!

舞いあがれ!76話あらすじ・ネタバレと感想|「又吉がまるでスナフキン!貴司がデラシネ店主に」

2023年1月18日

舞いあがれ76話ネタバレあらすじ感想

キャストまとめ
朝ドラ 舞いあがれ!キャスト相関図まとめ プロフィールや出演歴も!

子役まとめ
朝ドラ 舞いあがれ!出演子役キャスト相関図・プロフィールまとめ

全話のネタバレまとめ
2022後期朝ドラ「舞いあがれ!」最終話までの全話ネタバレあらすじまとめ

朝ドラ舞いあがれ第76話のあらすじとネタバレ

めぐみ(永作博美)は、土地と工場を投資家に買ってもらったことを社員に伝え、その購入者に家賃を払うことで工場を続けていくことにしたと報告する。

その投資家とは悠人(横山裕)だった。

めぐみは舞(福原遥)に、これまでは従業員とその家族の生活に責任があったが、これからは投資をしてくれた悠人にも責任が生まれたと話す。

https://tv.yahoo.co.jp/program/108271465

めぐみは、岩倉の技術や設備でこれから伸びていくから投資をしてほしいと悠人に頼み込む。

すると悠人はこれはビジネスだから支払いが滞れば会社を売るというが、投資することを決めるのだった。

投資が決定したことで、悠人にも従業員にもより重い責任が生まれた。

舞もより頑張ろうというのだった。

新しいネジの試作には、全社員が協力してくれるようになっていた。

必死に考えている社員たちを見て、舞は浩太の「岩倉には技術も夢も詰まっている」という言葉を思い出すのだった。

ついに新しいネジが完成し、試作は合格。

大量注文を受注した。

あと投資してもらったことで、章を雇いなおすこともできた。

五島の祥子の家では、朝陽が無事に学校に通えるようになったことを大喜びしていた。

朝陽たちは五島に住むことになったのだ。

そして五島に滞在していた貴司も、朝陽が祥子の家から引っ越ししたのを見送ってから東大阪へと帰った。

大阪では、貴司の詩が新聞に載ったことを喜びながら貴司のおかえり会をしていた。

すると突然背後に現れたデラシネの店主 八木巌。

良い言葉を書くようになったと貴司に鍵を渡し、デラシネを任せるのだった。

岩倉の会社は、投資のおかげで借金を完済した。

めぐみは、これから会社を育てるために頑張っていきましょう!と社員の前で明るく発表。

浩太の仏壇の前に、自分の作った初めてのねじをおいた舞。

悠人や彰のことを報告しながら、舞とめぐみは「会いたいなぁ」と気持ちを吐露する。

そして舞とめぐみは、ぽろぽろ涙を流しながらこれからも見守っていてねと浩太の写真に語り掛けるのだった。

朝ドラ舞いあがれ第76話 みんなの感想

舞とめぐみの「会いたいなあ」が泣ける

1月の頭からずっと悲しく辛い展開が続いていた中で、やっと明るい未来が見えてきました。

その耐えた時期を一緒に過ごしたかったし頑張りたかったし、実際に見ていてほしかった。

そんな気持ちが「会いたいなあ」に詰まっていてほろりと涙が・・・。

前に進めば進むほど、ここにいてほしかったと思うものなんですよね。

浩太は、舞やめぐみの頑張りにもありがたく思っているし、きっと悠人のことももっとわかってやればよかったなぁと思っているはず。

言葉はなくても浩太が残したものは確実にそこにありますね!

突然現れた又吉!ついに貴司がデラシネの店主になってびっくり

うめづでいきなり現れた時に、びっくりしすぎて「デラ!デラシネの!おっちゃんおる!」と声が出ました笑

その前の貴司の母親 雪乃が喜んでいた姿にほっこりしていたのでギャップがすごかったんです・・・。

デラシネ店主の八木はまさにリアルスナフキン。

貴司の生き方をこっそり見てたんですねー。

そしてあの古書店 デラシネがまた誰かの居場所になるのかな。

早くデラシネにいる貴司が見たい!

悠人がやっと認められたのが嬉しい!

悠人のこれまでの申し出もかなり優しいものでしたよね。

工場を潰すことが負担にならないための一番のことと思っていたし、マンションの頭金をだしてめぐみが安心して暮らせるように考えていた。

めぐみは、悠人に甘えるのではなく経営者としてお願いに行ったのも良かったです。

これはめぐみが悠人の仕事を認めているということでもあるし、悠人からみるとめぐみが経営者として考えていることがわかったとおもうので。

悠人の仕事や考え方が認めてもらえてないのはかわいそうという声はかなり多かったので、今回たくさん安心したという感想が聴かれました。

たしかにわかりにくいし、あの態度じゃなかなか分かってもらえないとは思っていましたが、やっと親子として再出発できそうで心の底から嬉しいです。

まとめ

やっぱり悠人は投資してくれたんだ!と思ったんですが、悠人は投資家としての気持ち9割、後の1割は家族としての気持ちで投資したんだと思います。

浩太が生きていた時に、もう少し二人が分かり合えたらよかったなと思うんですが、そういうのが繰り返されるのが世の常というか。

そして次週はデラシネの店主になった貴司、そして営業のエースとなった舞の姿が見られるということで楽しみ!

これからは明るい話題で行ってほしい!

前回のお話
舞いあがれ!75話あらすじ・ネタバレと感想|「舞がとってきた初めての仕事!設計は誰が担当するの?」

次回のお話
舞いあがれ!77話あらすじ・ネタバレと感想|「貴司の将来はデラシネの店主!?」

全話のネタバレまとめ
2022後期朝ドラ「舞いあがれ!」最終話までの全話ネタバレあらすじまとめ ロケ地やキャスト情報も!

-朝ドラ, 舞いあがれ!