朝ドラ 舞いあがれ!

舞いあがれ!67話あらすじ・ネタバレと感想|「浩太のお葬式 岩倉の今後は・・・」

2023年1月9日

朝ドラ 舞いあがれ 67話ネタバレ感想

キャストまとめ
朝ドラ 舞いあがれ!キャスト相関図まとめ プロフィールや出演歴も!

子役まとめ
朝ドラ 舞いあがれ!出演子役キャスト相関図・プロフィールまとめ

全話のネタバレまとめ
2022後期朝ドラ「舞いあがれ!」最終話までの全話ネタバレあらすじまとめ

朝ドラ舞いあがれ第67話のあらすじとネタバレ

五島の祥子は、浩太の葬式に出る準備をしている。

その時、浩太が「自分がめぐみさんに幸せにしてもらっていた」と言っていた言葉を思い出すのだった。

貴司もやってきて、二人は一緒に大阪に向かうのだった。

葬式もおわり、お骨と一緒に家に帰ってきためぐみ、祥子、舞、そして悠人。

家で浩太のお骨を前にして、こんなにつらいことがあるか、お母ちゃんよく耐えられたねと涙を流すめぐみ。

祥子は、めぐみがいたからだと答えるのだった。

リビングで集まった時、悠人は売るのが一番いい工場をどうするか考えないといけないとはっきりという。

しかしめぐみは、浩太は売るつもりはなかったからその気持ちを大事にしたいと話した。

続けられる方法はないのか?と聞く舞に、状況は悪くなってると悠人は答える。

めぐみはもう少しだけ考えさせてというのだった。

自分の部屋にいる悠人は、浩太と喧嘩別れが最後だったことをふと思い返していた。

そこへ祥子がやってくる。

悠人が工場を継ぐ気がないのはわかるが、向かい風に立ち向かって人は強くなることもあると一言つげ部屋を去るのだった。

会社には、融資の担当者がきて、会社を畳めば借金はないしかし先延ばしにすると借金が残る可能性もあるという。

めぐみだけでなく、舞も同席し、めぐみは社長代理としての責任を負うべく念書にサインした。

家に帰ってきた舞は、ふときれいに磨かれた浩太の靴を見つけた。

そして浩太に励ましてもらった言葉を思い出し、声を上げて泣き、めぐみもよりそうのだった。

朝ドラ舞いあがれ第67話 みんなの感想

まとめ

こんなに悲しい週の始まりがあったかというくらいずっと15分泣きっぱなしでした。

祥子さんの言葉はいつも暖かく、表面ではあまり悲しんでいないように見えていない悠人にも優しく寄り添っていました。

身近な人を失う悲しみは計り知れないのですが、この大きな向かい風にどうたちむかっていくのか。

皆の笑顔が戻ってくることを祈ります。

前回のお話
舞いあがれ!66話あらすじ・ネタバレと感想

次回のお話
舞いあがれ!68話あらすじ・ネタバレと感想

全話のネタバレまとめ
2022後期朝ドラ「舞いあがれ!」最終話までの全話ネタバレあらすじまとめ

-朝ドラ, 舞いあがれ!