朝ドラ 舞いあがれ!

舞いあがれ!59話あらすじ・ネタバレと感想|「美知留の苦悩に共感する視聴者たち」

2022年12月23日

朝ドラ 舞いあがれ 59話ネタバレ感想

キャストまとめ
朝ドラ 舞いあがれ!キャスト相関図まとめ プロフィールや出演歴も!

子役まとめ
朝ドラ 舞いあがれ!出演子役キャスト相関図・プロフィールまとめ

全話のネタバレまとめ
2022後期朝ドラ「舞いあがれ!」最終話までの全話ネタバレあらすじまとめ

朝ドラ舞いあがれ第59話のあらすじとネタバレ

貴司は、漁港や農場や様々な場所で働いたり。

そして休みを利用して祥子の家に泊まりに来た。

久々の再会に舞も自分の話をして、さらにこっちで朝陽と仲良くなれたらと話すのだった。

ぼーっと縁側に座る朝陽に話しかけると、何もない空をみて「ある」という。

何が?と聞くと人の目には見えていない星があると銀河について朝陽は話し出した。

ふと舞が下をみると、布の上に並べていた木の実は無造作ではなく星座。

朝陽の行動の意味が分かり、嬉しくなる舞と貴司だった。

夜、倫子と電話しながら就職延期の話をしていた。

先が見えず不安な2人。

次の朝、失業者が12.5万人と一面にある新聞をみて、別のテーブルにうつす舞。

そんな舞に、貴司は自分の思ってることは吐き出さないとしんどくなると伝える。

夜眠れない舞に、祥子は突然いいものがあると暖かい飲み物を作ってくれた。

そこで舞は、入社延期がショックだったこと、いいパイロットになるにはいくら時間があっても足りないと思っていることを打ち明けた。

不安げな舞に、祥子は自分の船も出せない日が多い、雨や嵐の日は家にいないといけないと話し出した。

でもそれは無駄な時ではない、いつか空も晴れる、その日まで何かできることをすればそれでいいと舞に伝えるのだった。

一太は、豪の家で船大工を目指して修行中。

舞は、一太が持ってきてくれた双眼鏡を朝陽に渡した。

夜になっても双眼鏡で星を見ようとするのを辞めない朝陽に母親はうんざりして、叱る。

美知留が肩を落としているとそこへ祥子がやってきた。

美知留は朝陽は他の子と違うから自分がしっかりしないといけないと涙を流した。

一人で遊ぶ朝陽を見ながら、本当は学校へ行きたいんじゃないかな?という舞だった。

朝ドラ舞いあがれ第59話 みんなの感想

まとめ

美知留さんが追い詰められて、視野が狭くなっていた部分に共感した人は非常に多かったようです。

頭ではわかっているけれど、朝陽君も美知留さんもうまく自分の言葉で伝えられずに苦しんでいる。

やっぱり人の助けがないと難しいですよね。

舞もそうです。

しんどいものはおろしていかないといけない。

現代社会に暮らす全員に刺さる回となりました。

前回のお話
舞いあがれ!58話あらすじ・ネタバレと感想

次回のお話
舞いあがれ!60話あらすじ・ネタバレと感想

全話のネタバレまとめ
2022後期朝ドラ「舞いあがれ!」最終話までの全話ネタバレあらすじまとめ

-朝ドラ, 舞いあがれ!