ドラマ

朝ドラ舞いあがれ!に出てくる ばらもん凧 って何?

2022年9月15日

朝ドラ舞いあがれ!に出てくる ばらもん凧 って何?

朝ドラ 舞いあがれ!に登場するばらもん凧とは、鹿児島県五島の伝統玩具。

この朝ドラで初めて知ったという人も多いと思います。

興味深いばらもん凧について作り方や値段もまとめているので、ぜひ読んでみてください。

きっとよりドラマが楽しめるようになると思います。

朝ドラ 舞いあがれ!は10月5日放送スタート

ばらもん凧に魅せられた少女のストーリー

ヒロインであり主人公の岩倉 舞(福原遥)は大阪府東大阪市で町工場を営む父親の浩太、母親のめぐみ、そして兄の悠人と4人で暮らし。

引っ込み思案な性格の舞でしたが、祖母の住む長崎県五島列島を訪れたときに見た『ばらもん凧』に心を奪われます。

雄大な空を舞うばらもん凧を見て、空を飛びたい!と思った舞は、パイロットを目指し始めますが・・・。

ロズ
ロズ

主人公の舞が将来の夢を決めた大きなきっかけになったのがばらもん凧なんです。

悠々と空を舞うばらもん凧かっこいいなぁ

ねこまた
ねこまた

朝ドラ 舞いあがれ!の詳しい内容やネタバレについてはこちらから

朝ドラ 舞いあがれ!に出てくるバラモン凧とは?

長崎県五島に伝わる玩具

ばらもん凧は、日本列島の西の端っこに位置している五島列島の福江島に古くから作り伝えられました。

長崎べっ甲や五島サンゴも入っている、長崎県伝統的工芸品にも指定されています。

ちなみに柄付けは自由なのですが、長崎県伝統的工芸品指定図柄はこの下の画像のものです。

基本のデザインを少しアレンジしたオリジナルのばらもん凧を作ることもできます。

ばらもん・ばらか・ばらかもんの意味

これらは五島列島で使われる、五島弁です。

ばらもんは『ばらか』に由来して、

・荒々しく向こう見ず
・荒くれ
・元気

という意味があります。

『ばらかもん』とは、荒くれもの・元気ものという意味になります。

男の子の初節句や子供の日に揚げる

男の子の成長、出世、家内安全を祈願する縁起物です。

初節句の日には凧あげを行うことも。

また5月3日の『こども自然公園大会』の日には、多くの市民や観光客がばらもん揚げ大会に参加します。

隠れキリシタンにも関係している?

ばらもん凧の特徴には、絵柄にクルス(十字架)の形があることです。

五島列島は隠れキリシタンの島としての歴史があり、この特徴は隠れキリシタンのひそかな信仰の証だったのかもしれません。

ばらもん凧の作り方

凧を作ったことのある人も少なくなりました。

基本的な作り方同じようです。

ただばらもん凧は特徴的な形をしているので、初心者が作るのは難しいかもしれません。

ばらもん凧の作り方

①竹を細く切るか、竹ひごを用意します。

竹ひごは、子供用の凧を作るときに使われるる竹串を長くしたようなものです。

②ばらもん凧の形になるように骨を組みます。

頭・胴体・手の部分をばらばらにつくり、骨となる竹を足しながら組み立てます。

③骨に紙を張り付けて糊付けの余白を2~3cmのこして周りを切り、糊付けをする

④図柄を下書きする

⑤自由に色付けをする

⑥糸をつけてしばる

⑦うなりとよばれる沿った竹をつける

⑧凧に尻尾をつけて完成

ロズ
ロズ

これはさすがに素人では作れないかもしれない・・・

買うのが一番だけど、どうやって作られるかわかってよかったよ

ねこまた
ねこまた

ばらもん凧のさらに詳しい作り方はこちらから

ばらもん凧の値段は?

私が見つけた『山本海産物』というサイトでは、3850円で売っていました。

これはお手頃ですね。

サイズは40㎝×60㎝なので、大きめですが壁にも飾れそうなくらいの大きさですね。

その他にも、『五島民芸』というサイトでも様々な種類を取り扱っていました。

50cm×80㎝が5,500円

65cm×100㎝が11,000円と大きくなるにつれて値段が上がります。

小さなものは和紙で作られているようですが、大きなサイズになると布張り(きゃらこ)にして強度をアップさせているようです。

ばらもん凧のデザイン

舞いあがれ語り役のさだまさしさんが持っているのは、伝統柄ではない方のばらもん凧です。

下半分が自由に描けるようになっています。

うさぎのスミちゃんも書かれていてかわいいですね~!

こちらの柄は、長崎県伝統的工芸品指定図柄です。

上は鬼、そして真ん中は武者兜の後ろ姿。

下に白と黒のデザインがありますが、これは嵐の中の渦を表しています。

この凧は飛ばすようではなく飾るようみたいです。

ロズ
ロズ

どちらもあるので用途に合わせて皆さん買うみたいですよ~!

まとめ

朝ドラ 舞いあがれ!に出てくるばらもん凧についてまとめてみました。

私自身初めて知ったのですが、デザインの美しさやかっこよさはすごいですね。

また隠れキリシタンの歴史にも関連しているかもしれないなんて、歴史のロマンを感じます。

凧あげも都会ではなかなか出来る場所がありませんが、自然豊かな五島の街であげられているばらもん凧いつか見てみたいですね!

なかなか現地に出向くことは難しいので、まずは朝ドラでどのようなシーンとなるのか見てみたいと思います。

このばらもん凧の出てくる朝ドラ 舞いあがれ!について詳しくまとめているので、そちらも要チェック!

朝ドラ 舞いあがれ!まとめ ロケ地やネタバレ情報も!

-ドラマ
-, ,