2022秋ドラマ 君の花になる

ドラマ「君の花になる」第6話のあらすじ、ネタバレと感想!弾の「あす花呼び」に阿鼻叫喚!有起哉と栄治の友情に感動

2022年11月24日

ドラマ「君の花になる」第6話のあらすじ、ネタバレと感想!弾の「あす花呼び」に阿鼻叫喚!有起哉と栄治の友情に感動

ドラマ「君の花になる」第6話が、11月22日に放送されました。

本作は、挫折した元高校教師の主人公・あす花(本田翼)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ・8LOOMの寮母となり、一緒に“トップアーティストになる夢”に向かっていく物語です。

3年前のデビュー曲「Come Again」がウィークリーランキングで首位を獲り一躍トップアーティストになる8LOOM。

そんな彼らにオファーが殺到し、弾の母校でも凱旋ライブをすることに。

そこに元メンバーの再会が絡んできてメンバー同士のケンカに発展?!

また弾に対するあす花の気持ちにも変化が現れ、二人の関係も急展開するのか気になるところ。

この記事では「君の花になる」6話のあらすじ・ネタバレと感想をまとめています。

このドラマのために若手俳優たちで結成された「8LOOM」に注目!
「君の花になる」のキャスト一覧
  • 仲町あす花役/本田翼
    主人公。夢を持って高校教師になったものの、ある事情で挫折。
    ひょんなことから、ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」が共同生活する寮の寮母になる。
    彼らと関わるようになってから教師時代の情熱を取り戻し、メンバーとも全力で向き合っていく。
  • 佐神弾(だん)役/高橋文哉
    「花巻エンターテインメント」が手がけるボーイズグループ8LOOMのメンバーでセンターを務める。
    一匹狼ではあるが、仲間思いでツンデレなところがある。
    あす花の元教え子。
  • 成瀬大二郎(なる)役/宮世琉弥
    8LOOMのメンバー最年少。
    メンバーの仲を取り持つしっかり者。
    いつも笑顔で歌もダンスもこなすオールラウンダー。
  • 古町有起哉(ゆきや)役/綱啓永
    8LOOMのメンバー最年長。
    仲間思いで男気がある。
  • 一之瀬栄治(えいじ)役/八村倫太郎
    8LOOMのメンバー、現役大学生のしっかり者でMC担当。
    ネガティブゆえに年下メンバーにケアされることもある。
  • 桧山竜星(リュウセイ) 役/ 森愁斗
    8LOOMのメンバー、甘えん坊な弟組で歌うことが大好き。
    少しミステリアスな一面もある自由人。
  • 久留島巧 (たくみ)役/NOA
    8LOOMのメンバー、パフォーマンスの実力は抜群。
    一見クールで完璧そうに見えて実は超天然というギャップがある。
  • 小野寺宝(タカラ) 役/ 山下幸輝
    8LOOMのメンバーで陽気な弟キャラでリーダー。
    一方で世話好きであり、年上メンバーのケアをするなど大人な面もある。
  • 仲町優里役/ 木南晴夏
    あす花の姉。
    あす花が教師を退職後、自らが経営するフードワゴンを手伝わせて面倒を見る。
  • 添木ケンジ役/宮野真守
    8LOOMのマネージャー。
  • ミナト役/木村柾哉(INI)
    8LOOMのライバルグループ「CHAYNEY(チェイニー)」のメンバー
  • ユズ役/高塚大夢(INI)
    8LOOMのライバルグループ「CHAYNEY」のメンバー。えいじの幼馴染み
  • イブキ役/田島将吾(INI)
    8LOOMのライバルグループ「CHAYNEY」のメンバー
  • シュウヘイ/藤巻京介(INI)
    8LOOMのライバルグループ「CHAYNEY」のメンバー
  • ナユタ/松田迅(INI)
    8LOOMのライバルグループ「CHAYNEY」のメンバー
  • 香坂すみれ役/内田有紀
    花巻エンターテイメントのチーフマネージャー、敏腕だけど実はドジな一面も。
  • 三ツ谷満男/菊田竜大(ハナコ)
    姉優里の元婚約者
  • 池岡奈緒役/志田彩良
    弾のことが好き、ゆきやが気になっている女性で銭湯でアルバイトをしている。
  • リリカ役/川津明日香
    お天気キャスター、タレント。
    実は熱狂的8LOOMの隠れファン。
  • トリニティ・春日役/竹中直人
    神出鬼没な謎の事務所関係者…実は花巻社長のヒモ。
  • 花巻由紀役/夏木マリ
    花巻エンターテインメントの社長。
    完璧主義でスタッフやタレントにも厳しい。


\君の花になるはParaviで全話配信中/

Paraviで無料視聴する

君の花になる第6話のあらすじとネタバレ

弾のハグを見て複雑なあす花

あす花(本田翼)は、弾(高橋文哉)と奈緒(志田彩良)のハグを目撃し、モヤモヤした気持ちを抱えていた。

弾は、そういう目で見れないと奈緒を突き放す。

ハグを目撃後、寮に戻り弾への明らかな気持ちの変化を感じるあす花。

弾が寮に戻ってくるとあす花は平静を取り繕い、気になっている子は奈緒ちゃん?と茶化す。

あす花に気持ちを伝えたい弾だったが…

「そういうんじゃない、あんたにだけは勘違いされたくない」と真剣な弾。

そして「俺、やっぱりあんたが…」と言いかけるとそこにメンバーたちが帰ってくる。

一位おめでとうと迎えるあす花に、あす花が支えてくれたからとメンバーは感謝する。

本当ならあす花とお祝いの会をしたかったが全国から仕事のオファーが殺到し、遠征するために替えの服を取りに来たというメンバー。

弾は「落ち着いたら、ちゃんとするから」とあす花に告げてメンバーに合流した。

8LOOM第二章の幕開け

取材で有起哉が元メンバーのことを言ってしまう…

それから3ヶ月後、8LOOMは「Come Againの奇跡」の勢いに乗り多忙を極めていた。

取材やライブのオファーも殺到し、事務所と契約更新を無事に交わすことに。 

ここからが8LOOM第二章の幕開け!と気合が入る。

取材を受けながら、学業との両立や多忙な弾の苦労、またこれからの活動の意気込みを語るメンバー。

そんな中、有起哉(綱啓永)は気持ちが昂り辞めていったメンバーの分まで頑張ると宣言してしまう…。

8LOOMの大事な時期だと気を遣うあす花

あす花は姉の優里(木南晴夏)の家へ遊びに行くと、弾との関係を問いただされる。

優里はフードフェスであす花と弾の仲直りのハグ(4話)を目撃していたのだ。

あす花はハグに正直キュンときたと告白する。

しかし「自分の気持ちはここまで。彼らは今一番大事な時だから、寮母が8LOOMを邪魔する存在になっちゃダメ」とキッパリと優里に告げる。

8LOOMに嫌がらせ騒動

嫌がらせ?寮にケーキが投げ捨てられる

姉の家から寮に戻ると、玄関先にケーキが投げ捨てられ散らばっていた…。

恐怖を胸に秘めつつ一人晩御飯を食べるあす花だった。

そこになる(宮世琉弥)と有起哉が帰宅する。

ところが有起哉は機嫌が悪そうだった。

栄治の態度が気に入らない有起哉

他のメンバーは8LOOMのため個々に仕事を頑張っているのに栄治(八村倫太郎)は関係ない中小企業診断士の勉強を始めていた。

有起哉は8LOOMの活動やメンバーを誰よりも考え大事にしていたので、それが気に入らなかった。

その流れでなるはあす花に弾の母校で新曲のPRも兼ねた凱旋ライブが決定したと話す。

高校教師時代のトラウマで一瞬顔が曇るあす花。

栄治も有起哉の勝手な行動に反発

そこへ有起哉の携帯に元メンバー東良介(池田匡志)から「ライブに遊びにいく」とメッセージがくる。

良介は弾と同じ高校出身のため、有起哉は良介をこのライブに誘っていたのだ。

その様子を見た栄治は良介の気持ちを考えない有起哉の勝手な行為に猛反発し、二人は言い争う。

久々に会話するあす花と弾

あす花は、買い物から寮への帰り道に雨に降られて困っているところ、傘を差し出す弾と合流する。

多忙ですれ違う二人は久々に会話する。

そこで元メンバーの良介や凱旋ライブの話になるが、あす花は迷惑を掛けて教師を辞めたからあの学校には見に行けないと残念がる。

弾はだったら配信するので見てほしい、今度の新曲は今のあんたに聞いてほしいとあす花に伝える。

そこに弾を見かけたという8LOOMのファンが通りかかり、弾は傘を盾にあす花の身を隠す。

あす花は複雑な気持ちになり、今が大事な時期だと「傘を買って帰る」と弾の傘から離れた。

再び何者かによる嫌がらせに大騒動

二人が帰宅すると、嫌がらせか寮では植木が何者かによって落とされて大騒ぎ!

あす花は昼の玄関に投げられたケーキのことも伝える。

マネージャーの香坂(内田有紀)は、危険を感じ一旦メンバーを寮からホテルに移動させることにした。

あす花は優里の所へと提案する香坂に「寮母としてここを守る責任がある」と残ることを伝える。

あす花のおにぎりを持っていく弾

そこに弾は、あす花が握ったおにぎりを掴みホテルへ持っていこうとする。

他人が握ったおにぎりは食べないという弾だったが「他人じゃないから」と言う。

あす花に思いを伝えたい弾へなるのアドバイス

ホテルであす花のことに思い悩む弾をなるは心配する。

弾は、あいつ(あす花)に何かを伝えようとしても尻込みする自分に腹が立つと打ち明ける。

なるは、どうしたいか考えた上でちゃんと伝えないと弾もあす花さんも不幸になる気がするとアドバイスする。

そこへ隣の部屋のメンバーたちが二人を呼ぶ。

再び、有起哉と栄治がケンカ

弾となるが部屋に入ると反目しあう有起哉と栄治が目に入った。

ムードメーカーの有起哉がみんなでトランプをしようと持ちかけたが、栄治が「勉強したい」と断ったことで自分勝手だと有起哉が腹を立てたのだ。

一方、良介にメールした有起哉こそ自分勝手だと栄治が言ったことで二人はケンカになったという。

ひとまず弾は栄治の考えを尊重するといいその場を収めた。

事務所に弾の高校時代の教師たちが訪問

数日後、会社に弾の母校からイベントの打ち合わせのため、豊高(塚本高史)と池谷(前田公輝)という教師がやってくる。

弾との再会に喜び、事務所の芸能人を見かけ会いに行く豊高。

一方、池谷はメンバーから今はあす花が8LOOMの寮母をやっていて、元気にしていることを聞かされホッとする。

嫌がらせの犯人は元メンバー良介だった!

何者かが寮にブロックを投げようとすしていた。

そこへ「良介くん」声をかけるあす花。

嫌がらせをしていた者の正体は元メンバーの良介だった。

寮で事情を聞くあす花。

良介の嫌がらせの理由

実は良介は凱旋LIVEに誘われたことにムカついていたのだ。

「売れたことを自慢したいのか、もうちょっと我慢すればよかったのにとバカにしたいのか」と拗らせていた。

そこに有起哉たちが入ってくる。

何も言わずに脱退した良介をみんな心配してたのになぜ嫌がらせをするのか怒る有起哉。

しかし、良介は弾にはやめることを言ったという。

ならばなぜイベントに来ると返事をしたのか聞く有起哉に「おまえらの邪魔したかった」と立ち去る良介だった。

あす花に謝りたい池谷

実はメンバーはあす花に会いたいという池谷を連れてきていた。

池谷はあす花に「ごめんなさい、あの時助けてあげられなくて…」と謝るが、あす花は被せ気味に明るく「明日は8LOOMの応援よろしくお願いします」とだけ伝えた。

池谷はあす花に返す言葉なく、寮を後にした。

有起哉と栄治、和解

その夜、有起哉はみんなの前で「自分勝手だった」と良介に連絡したことを謝る。

そして弾に良介が辞めた理由を言わないから弾が追い出したと勘違いしていたとも謝る。

栄治も有起哉に言いすぎたと謝りふたりは和解する。

あす花に恋心を隠しつつかけた言葉

弾は明日の準備をしているあす花に「からかって悪かった、俺はこうしてあんたとあいつらと頑張りたいと思ってる」と言う。

その言葉にあす花は「配信楽しみにしてる」と微笑む。

8LOOMの凱旋ライブ

新曲のPRの凱旋ライブのため弾の高校へ向かう8LOOMメンバー。

あす花は良介に会いに行く

その頃、あす花はとあるケーキ屋で、良介の帰りを待ち伏せていた。

嫌がらせにあったケーキの箱の名前を見てここを突き止めていたのだ。

あす花は良介に嫌がらせをやったことはいけないことだけど、自分がいた場所に逃げずにいる人たちを見るのはしんどいと共感する。

そんなあす花に良介は嫌がらせの理由を話した。

ライブの前に本当は彼らに会いたくてケーキを持って寮へ向かった。

しかし寮へ行く道中で8LOOMを辞めたことや悔しさやいろんな気持ちが胸にこみ上げて、つい寮にケーキを投げ込みイライラをぶつけてしまったと告白。

そんな良介にあす花は「彼らを観に行かなくていいの?言いたいこと言えてないのでは」と指摘する。

やったことは取り返しのつかないことだけど立て直しは早い方がいいと。

その言葉を受け、二人は高校へと走る。

新曲「HIAKRI」を発表

凱旋ライブでは、弾がこの曲は高校時代ある先生に背中を押された、俺らもみんなの背中を押せたらと作った曲だと説明し新曲「HIKARI」を披露する。

走って入ってきた良介に歌唱中の有起哉や栄治が気づく。

歌が終わり、大きな拍手と歓声がこだましLIVEは大成功!良介は「8LOOM最高!」と叫んだ。

栄治が勉強を頑張る本当の理由

LIVEが終了し、良介はメンバーに謝ろうとするが、それを遮るように栄治も謝る。

実は栄治は8LOOMが落ち目だったころ、将来を案じ8LOOMを辞めようとしていたのだ。

良介がやめなかったら自分がその立場だったと告白する。

そして有起哉が指摘するように、最初は勉強する目的は8LOOMがダメだった時の逃げ道だったが、今は知識を増やしてグループを守ったり、クイズなど仕事の幅を広げる手助けになるからと告白。

泣きながら話す栄治に有起哉も泣きながら、8LOOMのことを考えているのは自分だけだと思っていたことを反省する。

弾も自分のことでいっぱいだったことを謝り、有起哉に救われていると言う。

メンバーはハグし合い友情を深めた。

「あす花!」と手を握る弾

良介からあす花といっしょに来たが、途中で別れたと聞いた弾は、あす花が「学校には行けない」と言っていたことを思い出し、校内を探し回る。

その頃、あす花は、校門まで来ていたが、教師時代の辛い思い出がフラッシュバックし過呼吸になってしまう。

苦しむあす花を見つけた弾は「あす花!」と叫び、彼女の手を握る。そして2人は見つめ合い…

君の花になる第6話みんなの感想とレビュー

君の花になる第6話の感想

弾の隠しきれないあす花への恋心にキュン止まらず!

とにかく今回は弾の言葉や行動のところどころに「あす花」への恋心が溢れていてキュンキュンされっぱなし!ネットでも大盛り上がりでした。

あす花も弾を特別な思いで意識し始めますが、8LOOMは今が大事な時期と芽生えた恋心に蓋を閉じようとします、もどかしいったらなかったです!

弾も状況を察して、一時はあす花を仲間意識で見ようと我慢してる様子に、もやーーーっとするような?いらっとするような?感じでした。

しかし!やっぱりあす花への想いは止まず弾が叫んだ「あす花!」に、キュンキュンしながら「そうこなくちゃ!!」という気持ちになったのは私だけじゃなかったはずです。

そんな弾の気持ちにあす花はどうこたえる?!この先の展開にドキドキです。

元メンバーはあの男の子だった!

なんと1話に登場していた弾のクラスメイト、彼が実は脱退したメンバーだったとは!

ずっと脱退したメンバーが気になってましたが、母校で凱旋LIVEというエピソードにいいタイミングだったと思います。

良介の8LOOMの成功は喜びたいけど、そこは自分の逃げた場所だと思うと後ろめたい気持ちになって拗らせたって描写…

中学時代、練習がキツくて退部したテニス部が地区大会で優勝してしまい、ラケットをへし折ってしまったことを思い出してとても共感してしまいました!

挫折した経験のある人も共感されたのではないでしょうか?!

有起哉と栄治の仲直りに感動

今回、熱血漢の有起哉と知的な栄治がぶつかり合いますが、本音を話すことで誤解が解けて安心しました!

有起哉こと綱さんと栄治こと八村さんの涙を流す迫真の演技に感動しました。

今回栄治に怒る有起哉でしたが、以前も弾がプレッシャーをかけたせいでメンバーが脱退したことを怒っていたので、有起哉は単なる「怒りん坊キャラ」に見えますが違います!

実は栄治が勉強キャラの理由も、そして弾も良介が辞めたことを弾がみんなに迷惑かけたくなくて黙ってたことを有起哉が勘違いしていたことが原因でした。

有起哉ことゆき兄は人一倍仲間思いで、アツくて、素直なんです!そして兄さんは仲間だから話してほしいんです!

そこは仲間だからなんでも言ってほしいところですよね(笑)さまざまな誤解が解けてホッとしました。

ケンカなんかしないで、和気藹々で動物園に行ったり、恋バナ大会でわちゃわちゃするような仲良し8LOOMがまた見たいです!

あす花の教師時代の同僚が登場

今回、あす花の元同僚の池谷先生と豊岡先生が登場しました。

池谷先生があす花に助けてあげられなかったことを謝っていましたが…池谷先生、あす花の過去を知るキーマンの予感です。

また時々あす花の教師時代のトラウマシーンで聞こえる声が豊岡先生に似てるような?気になります!

君の花になる第6話みんなの感想

君の花になる第6話のネタバレと感想まとめ

今回はキュンあり、波乱あり、涙あり、新曲ありで内容が濃かったです!

ラストシーンで過去のトラウマから校門の前で動けなくなってしまったあす花に手を差し伸べる弾、二人の関係はどうなるのでしょうか。

来週が待てないほど気になります!

また次回は高校時代の元同僚からあす花の過去が知らされるようです。

一話から気になってたあす花の挫折の理由が判明するのでしょうか、こちらも目を離せません。

次回放送は11月30日です、お見逃しなく!

-2022秋ドラマ, 君の花になる