2022秋ドラマ invert 城塚翡翠 倒叙集

「invert 城塚翡翠 倒叙集」第3話のあらすじ、ネタバレと感想!殺人犯は高校生?驚きの結末に視聴者も驚愕!

2022年12月13日

invert城塚翡翠 3話のネタバレあらすじ感想

清原果耶さん主演の「invert 城塚翡翠 倒叙集」第3話が、12月11日に放送されました。

今回は、血のついた包丁を持った高校生、その目の前には女性の死体!という衝撃のシーンからドラマは始まります。

その別荘に雨宿りのためにやってきた翡翠と真・・・高校生は本当に殺人を犯してしまったのか?驚きの結末に最後まで目が離せません。

また、高校生もメロメロになってしまうあざとかわいい翡翠と、真のかわいい(?)Tシャツは必見です!

この記事では、「invert 城塚翡翠 倒叙集」第3話のあらすじ、ネタバレと感想!をまとめています。

「invert 城塚翡翠 倒叙集」のキャスト一覧
  • 城塚翡翠(じょうづかひすい) 役/清原果耶(きよはらかや)
    翠色の瞳を持つ霊媒師。
  • 香月史郎(こうげつしろう) 役/瀬戸康史(せとこうじ)
    ミステリー作家。
  • 千和崎真(ちわさきまこと)役/小芝風花(こしばふうか)
    翡翠のアシスタント。
  • 雨野天子(あまのてんこ) 役/田中道子(たなかみちこ)
    警視庁捜査一課の刑事。
  • 鐘場正和(かねばまさかず) 役/及川光博(おいかわみつひろ)
    警視庁捜査一課の警部。雨野の上司。
  • 蛯名海斗(えびなかいと)役/須賀健太(すがけんた)
    警視庁捜査一課の刑事。雨野の先輩。
  • 夏木蒼汰(なつきそうた)役/福崎那由他(ふくざきなゆた)

全話のネタバレはこちら
霊媒探偵・城塚翡翠&invert城塚翡翠 全話の詳しい感想ネタバレまとめ!

invert 城塚翡翠 倒叙集 第3話のあらすじとネタバレ

別荘で殺人!?死体の前にいたのは高校2年生の蒼汰だった

雨が降り注ぐ山奥の別荘で、高校2年生の夏木蒼汰(福崎那由他)は、血にまみれた包丁を手に持ち、肩で息をしながら立ちつくしていた。

取り返しのつかないことをしてしまった、という表情の蒼汰。その前には、血を流した女性の死体があった。

翡翠と真は、殺人があった別荘に雨宿り

その後、蒼汰は呆然としながら、一階にある洗面所で手についた血を洗っていた。すると突然、別荘のインターホンが鳴る。

蒼汰が恐る恐るインターホンを確認すると、インターホン越しに、翡翠(清原果耶)が「車が故障したため雨宿りをさせて欲しい」と頼みこんでいた。

電気はついているものの誰も出てこないことを不思議に思った翡翠と真だったが、玄関の扉が鍵がかかっていなかったため別荘の中に入る。

すると、玄関にはびっくりしすぎて腰をついた蒼汰がいた。

雨宿りを頼み込む翡翠と真(小芝風花)に、殺人がバレることを恐れ蒼汰は断る。

だが、翡翠と真の魅力にひかれてしまった蒼汰は、思わず雨宿りすることを受け入れてしまうのだった。

翡翠はいくつかの疑問を抱いていた・・・蒼汰が嘘をついていないか試す

翡翠はいくつかの疑問を抱き、蒼汰を試すような質問や行動をし始める。

次から次へ投げかけられる質問に無理やり誤魔化し続ける蒼汰。

そんな中、翡翠はシャワーを浴びたいと言い出し、蒼汰にどちらの色がシャンプーかボディーソープかを質問する。

しかし、シャンプーとボディソープの色を全くわかっていなかった蒼汰は、うまく答えることができなかった・・・。

そんな試すような質問から一転、「のぞいちゃダメですよ!」とウィンクしてあざとい笑顔で魅了する翡翠に、タジタジの蒼汰だった。

シャワーを浴びた後、蒼汰にドライヤーを探させている間に、翡翠は真に蒼汰の奇妙な点が多すぎると告げる。

翡翠は、蒼汰の嘘を見抜くために近づいていたのだ。

一方その頃、蒼汰は女性の死体がある部屋にいた。思い詰めた様子で白いロープをみつめる蒼汰。

そんな時、蒼汰を呼ぶ翡翠の声がする。あわてて返事をする蒼汰は、翡翠を部屋に入れることを拒んだ。

部屋の中に誰かいないかと質問する翡翠に、焦った声で「いるわけない」と答える蒼汰。部屋の扉をあわてて閉めた蒼汰は、窓を閉め死体にそっと白い毛布をかぶせるのだった。

その後、翡翠と真の楽しそうな声がする1階へ行く蒼汰。その時、携帯電話が鳴る。

母が忘れていったと言いながら・・・携帯電話で母と話をする蒼汰。

しかし、携帯は繋がっておらず、蒼汰は母と通話しているフリをしているだけだった。

思いつめた蒼汰をなぐさめる翡翠

真が作ったパスタを食べた後、思い詰めた蒼汰は、涙が自然に溢れ出す。そんな蒼汰に、優しく声をかける翡翠。

蒼汰の額にあるできたばかりのたんこぶを気づかう翡翠に、蒼汰は寝起きに転んでしまったと静かに答える。

古傷もあることに気づいた翡翠は、蒼汰に学校で何があったのかを聞く。

翡翠に真意をつかれた様子の蒼汰は、取り返しのつかないことをしてしまったことを明かし始める。

人に受け入れてもらえないと悩む蒼汰に翡翠は、社会になじめない自分は真しか友達がいないと蒼汰をなぐさめるのだった。

ボストンバックの中身を確認した翡翠はパッとひらめく

その後、翡翠はいつの間にか蒼汰のポケットからさりげなく奪った生徒手帳を確認する。

すると、蒼汰の誕生日は翌日の日付になっていた。

なぜ蒼太が誕生日の前日にこんなところにいるのかと疑問を持つ翡翠。

そんな中、真が玄関の外に置いてあった茶色のボストンバックにつまずいた。

そこで、ボストンバックの中身を確認することに。

ボストンバックに入っていたのは、

  • キッチン用ゴム手袋
  • 新品のハサミ
  • 着火ライター
  • 練炭のふくろ
  • 七輪

の5つだった。

翡翠はこの中身を見てパッとひらめくのだった。

解決編!蒼汰を誘い出す翡翠、部屋には死体があった

翡翠は、蒼汰を自分の部屋へと誘い出す。

あざとい笑顔を振りまく翡翠に誘われ、ベットの横に座る蒼汰。

期待した蒼汰だったが、それは蒼汰を部屋から出すためだったのだ。

そして後から来た真が、死体とお探しの場所があったと翡翠に報告する。蒼汰は神妙な面持ちで、下を向くのだった。

翡翠が推理!蒼汰はこの家の子供ではない、そして不法侵入していた

死体がある部屋に行くと、死体に手を合わせ翡翠は自らの推理を語り始める。

翡翠がこの別荘に対して特に違和感を抱いた点は、

  • 蒼汰が履いていたはずの靴が玄関に見当たらないこと
  • 流し台にはケーキの小皿や口紅がついたグラスがあったこと
  • ケーキがカットしてあったのに、包丁が見当たらないこと

という3つだった。

この3つから翡翠は、不法侵入していた少年が、別荘に戻ってきた女性を包丁で刺して殺してしまったのではないかと推理したのだった。

推理を聞いた蒼汰は素直に「ごめんなさい」と謝るのだった。

クローゼットの中から出てきた血まみれの男が、殺人犯だった

自分が殺人を犯したことを言おうとした蒼汰に「言わなくていいのですよ。」と翡翠。

そのとき、突然クローゼットの中から、ガムテープで手を拘束した血まみれの男がでてきた。

その男は、蒼汰が妻を殺したと訴えた。

ところが、翡翠はこの男を確保した。

実は、殺されていた女はこの男の妻であり、この男こそが妻を殺した殺人犯だと翡翠は断言する。

警察の捜査が行われる中、翡翠は真に事件の真相を説明していた。

翡翠は途中まで、蒼汰がこの別荘にいた女と男を両方とも殺したのではないかと考えていた。

しかしもしそうだとしたら、蒼汰は返り血を浴びているはずだが、そのようには見えず、風呂で洗い流した形跡もない。

そのことから、蒼汰が殺人を犯していないと断定できたのだった。

夫は妻を練炭自殺に見せかけ殺そうとしていた

妻を殺害した男は、最初は妻をれん炭自殺に見せかけて殺そうとしていた。

だが、男が別荘に着いた時、妻が蒼汰を殴り気絶をさせていた。そのことを利用しようと考えた男は妻を刺殺。その後、蒼汰の手に包丁を握らせたのだ。

そして男は停電の際、ボストンバックの中のガムテープを取り出し、自分の手首に巻きつけ、被害者だと思わせるように偽装したのだった。

翡翠と真に深々とお辞儀をし、蒼汰は警察に連行されていく

真相が判明した後、蒼汰が 2階から降りてきた。

殺人犯にされてしまうところだったことを、蒼汰に伝える翡翠。

「翡翠さんみたいにすごい人になるにはどうしたらよいですか?」と、蒼汰は問う。

その問いに翡翠は、「どんな時も諦めずに考え続けることです。そして、この人だけは信じても後悔しないと思える人を見つけるんです」と答える。

蒼汰は、翡翠と真に深々とお辞儀をし、警察に連行されていくのだった。

invert 城塚翡翠 倒叙集 第3話みんなの感想とレビュー

invert 城塚翡翠 倒叙集 第3話の感想

翡翠のウィンク!あざとかわいさ炸裂!!真のTシャツかわいいけど、笑えました!

蒼汰が嘘をついているか確かめるため、翡翠は蒼汰に近づきますが・・・あざとかわいすぎる笑顔やお風呂からのウィンク!翡翠のかわいさ炸裂です!!

また、着替えた真の「プテラノ丼」Tシャツ。蒼汰の焦る気持ちに反比例して、おもしろく吹き出してしまいました!

「プテラノ丼」Tシャツを心からかわいいと思っている真が可愛かったです。そんな変わったデザインでも真が着るから間違いなくかわいいのかもしれませんね。

個人的には、どこに売っているのか知りたいです!

殺人を犯したとは思えない素直な蒼汰。犯人じゃなくてよかったです!

蒼汰は、殺人犯にされかかってしまいました。自分が殺人を犯したと思いこんでいたので、翡翠が別荘に雨宿りしなかったら・・・ということを考えると恐ろしいですよね。

ことの重大さに蒼汰が涙するシーン。翡翠が明かした「社会にうまくなじめなくって。なので友達と呼べるような人は真ちゃんだけ」翡翠の優しさがひしひしと伝わってきて、すごく心にしみました!

また、警察に蒼汰が連行された後、蒼汰がロープ持っていた事に対し真が心配していましたが、翡翠は、蒼汰の表情をみて大丈夫だと確信していました。

蒼汰は翡翠に出会って、生きるという選択をしたんですよね!思わず私もよかったよかったとテレビの前でつぶやいていました。

翡翠の言葉に、めちゃ感動!しました!

悩む蒼汰に翡翠が言った言葉はめちゃ感動!でした。

その中でも心に残ったのは、連行される蒼汰にかけた「生きてさえいればいつだってやり直せます」という言葉。

そして、翡翠みたいにすごい人になるにはどうしたらよいか?まっすぐ前を見て翡翠に質問する蒼汰。そんな蒼汰に「感受性を豊かにして誰かの助けを求める声にいつも耳を傾けられる人であってください」と翡翠が助言するシーンにも心を打たれました。

深々とお辞儀をする蒼汰をみたら、きっと大丈夫だと思えました。

invert 城塚翡翠 倒叙集 第3話みんなの感想

invert 城塚翡翠 倒叙集 第3話のネタバレと感想まとめ

今回のinvert 城塚翡翠 倒叙集 第3話では、翡翠のあざとかわいい笑顔と真の「プテラノ丼」Tシャツが印象に残りましたね。

「プテラノ丼」「勇者」Tシャツどこに売っているのでしょう?気になりませんでしたか?私はちょっと欲しいと思ってしまいました!

また、蒼汰が殺人犯にならなくてホントよかったですよね。「乗り越えることができたから、どんなことにも立ち向かえるはずです」のあたりから、翡翠の優しさがしみわたる言葉に感動!疲れている心にしみました!

さて、来週のinvert 城塚翡翠 倒叙集 第4話「信用ならない目撃者・前編」は、二重三重のトリック合戦!翡翠は証拠が一切ない元刑事の犯人を追い詰めることができるのか?といった内容です。

びっくり!予告の最後に翡翠が犯人に銃で打たれた!?驚いてしまって何度も予告を再生し・・・。

気になりすぎて来週が待ち遠しいですよね!12月18日夜10時30分から放送です!どうぞお見逃しなく!!

前回のお話
「invert 城塚翡翠 倒叙集」第2話のあらすじ、ネタバレと感想!

次回のお話
「invert 城塚翡翠 倒叙集」第4話ネタバレと感想!

全話のネタバレはこちら
霊媒探偵・城塚翡翠&invert城塚翡翠 全話の詳しい感想ネタバレまとめ!

-2022秋ドラマ, invert 城塚翡翠 倒叙集
-,