2022秋ドラマ 祈りのカルテ

ドラマ「祈りのカルテ」4話のあらすじネタバレと感想!愛か狂気か?原因不明の発作の原因とは!?

祈りのカルテ 4話 ネタバレ あらすじ 感想 キャスト

10月29日(土)にドラマ「祈りのカルテ」の第4話が放送されました。

今回の舞台は総合診療科。

原因不明の症状に悩まされる仕事まっしぐらな女性患者がやって来ます。

辿り着いた真相から、意外な犯人が明かされる!?

限られたヒントの中で迷宮入り寸前の謎に良太が挑む!

ここでは「祈りのカルテ」4話のあらすじネタバレと感想を紹介します。

総合診療科って、どんなところなの?
「祈りのカルテ」のキャスト一覧
  • 諏訪野良太 役/玉森裕太
    純正医科大学附属病院1年目の研修医。
    人当たりが良く、空気を読むことに長けている。
    医者としての自分の適性が分からず悩みながらも、それぞれの科での研修において患者に寄り添い、まっすぐに立ち向かう。
  • 曽根田みどり 役/池田エライザ
    良太の同期。
    優秀で、「白衣を着たらベテランも研修医も関係ない」と意識が高い。
    その一方で患者に対してどう接することが正しいのか分からず悩んでいる。
  • 冴木裕也 役/矢本悠馬
    良太の同期。良太とは親友の仲。
    外科医の父親に対するコンプレックスを抱えている。
  • 橘麻友 役/堀未央奈
    良太の同期。
    実家が地方にある総合病院で、父が病院長。
    優秀な医者を見つけて結婚し、婿養子にしようと思っている。
  • 牧村康雄 役/濱津隆之
    良太の同期。
    保育士として働いていたが、子供たちの病気を自分の手で治したいと思い一浪して医学部に入った苦労人。
  • 谷川聖人 役/YU
    良太の同期。
    育ちの良いエリートで、上昇志向が強くプライドも高い。
    几帳面な性格でルーティンを大切にしている。
  • 冴木真也 役/椎名桔平
    純正医科大学附属病院の外科医で裕也の父親。
    外科医として卓越した技術を持ち、自らの仕事に誇りとプライドを持っている。
    研修医に対して熱意を持って指導にあたる。
  • 立石聡美 役/松雪泰子
    精神科の指導医。
    優秀で人を見る目に長けている。
    良太をはじめ、研修医たちの背中を押してあげる優しい性格。
  • 木佐貫英子 役/斉藤由貴
    産婦人科の指導医。
    体力勝負である産婦人科でバリバリ働き、どんなトラブルが起きても動じなく肝が座っている。
  • 志村雄一 役/勝村政信
    小児科の指導医。無表情で何を考えているのか分からず、神出鬼没に現れ周りを驚かせる。
  • 桃井佐恵子 役/りょう
    皮膚科の指導医。
    妖艶な雰囲気で普段は穏やかでおっとりしているが、急患が運ばれた際にはスピーディーに動く超優秀な医師。
  • 大賀寛太 役/片桐仁
    腎臓内科の指導医。
    明るく能天気で、医局のムードメーカー。
    いざという時は人が変わったように厳しく、患者のために奔走する。
  • 榊健太郎 役/小手伸也
    総合診療科の指導医。
    シャーロック・ホームズをこよなく愛し、診断を「謎解き」と言う変わり者。
  • 四十住沙智 役/豊嶋花
    12歳の頃に腎炎を発症して以来5年間、純正医科大学附属病院に入院と通院を繰り返している。
  • 広瀬秀太 役/原田泰造
    夜間救急で諏訪野が担当することになる患者。
  • 工藤香織 役/堀田真由
    原因不明の腹痛と手足の震えで総合診療科に運ばれてきた患者。

\祈りのカルテはhuluで全話配信中/

Huluで無料視聴する

祈りのカルテ第4話のあらすじとネタバレ

良太と裕也の総合診療科研修が開始

諏訪野良太(玉森裕太)は同期の冴木裕也(矢本悠馬)と一緒に総合診療科で研修。

総合診療科とは、他の科で診断がつかなかった患者を専門に診るところである。

指導医の榊健太郎(小手伸也)はシャーロック・ホームズをこよなく愛し、診断を「謎解き」と呼ぶ変わり者だ。

原因不明の患者が来院

そんな中、病名不明の患者・工藤香織(堀田真由)がやって来る。

香織は勤務先、同期の佐々原雅人(遠藤健慎)から渡されたコーヒーを飲んだ直後に手指の痺れに襲われて倒れたという。

救急科、脳神経外科、婦人科で調べても原因が分からないため、総合診療科に来たのだった。

香織の母・佳代が駆けつけてくる

病院内の科をたらい回しにされて不機嫌な香織の元に、母・佳代(加藤貴子)が駆けつけてくる。

すると裕也は「先生?」と、佳代を見て驚いた顔。

どうやら佳代は、裕也が最近通い始めたパン教室の先生だったようだ。

良太と裕也がワトソンに!?

榊から心当たりを聞かれた香織は、ライバルの佐々原がコーヒーに毒を盛ったと疑っていると答えた。

しかし血液検査の結果、毒物は検出されない。

深まる謎を前に、榊は良太と裕也に告げる。

「君たちだけでこの謎を解決したまえ。解決した方を僕の相棒、ワトソンにしてあげよう」

榊はシャーロック・ホームズになぞらえて、自分に相応しい助手を見つけたいようだ。

倒れる前夜の香織の行動

戸惑う良太とは対照的に、裕也は「ワトソンになります!」とやる気満々。

さっそく香織に聞き込みを始める。

だが香織は倒れる前日の夜、佳代と一緒に赤ワインとナッツを口にしたこと以外は何も変わったことはないと言う。

裕也は佳代にも聞き込み調査

裕也は通っているパン教室にて、佳代に聞き込みをしてみることに。

佳代は夫を5年前に心筋梗塞で亡くしたことと、その夫が働き者だったことを話してくれた。

だが心筋梗塞に遺伝性はないため、香織の症状とは関係がなさそうだ。

沙智のことが心配なみどり

その頃、曽根田みどり(池田エライザ)は、沙智(豊嶋花)の腎臓移植について外科の冴木真也(椎名吉平)と話していた。

冴木から移植を受けられるまでに15年以上待つことになるかも知れないと聞き、焦りを募らせる。

裕也は医者になった理由を冴木に尋ねられる

翌日、裕也は院内で同僚の佐々原の姿を目撃。

香織の見舞いに来たようだが、病室に入ることなく立ち去る様子を怪しみ、尾行することに。

だがその途中で、父親の冴木から声をかけられる。

遊んでいるような素振りを見られ、「目の前の病気に全精力を注げ」と叱られてしまう裕也。

続けて冴木は、なぜ医者になったのかと問う。

裕也はその問いに答えられずにいた。

香織が退院

そんな中、検査の結果で異常がないと分かった香織は、やらなければならない仕事があるからと良太の制止を振り切って病院を出て行ってしまう。

良太の義理の父が病院に

翌日、良太が食堂で立石と話していると義父の幸一(矢柴俊博)の姿があることに気付く。

会社の人間ドックに引っかかり、再検査を受けに来たようだ。

遠慮がちに話している2人の様子を見た立石は、幸一が良太に気を遣っていることを見抜くのだった。

榊が発作の謎を解く

会社に戻った香織は、プレゼン中にまたも手が震えて倒れてしまう。

搬送されてきた香織を、榊は手際良く処置。

そして、謎が解けたから関係者を集めるようにと言う。

どうやら発作の原因が判明したようだ。

香織は「急性急性間欠性ポルフェリン症」

榊は、香織が倒れたのは「急性間欠性ポルフェリン」という病気が原因だと発表する。

仕事によるストレスで発作が出てしまったとのことだ。

しばらく入院することとなった香織はその夜、病室にパソコンを持ち込んで仕事をする。

そんな娘を心配した佳代は無理しないようにと言い、処方された薬を差し出すのだった。

香織の容態が急変

翌日、良太たちの元に香織の容態が急変したという知らせが。

激しい腹痛を訴える香織に、良太は薬を飲んだかと尋ねる。

「4錠全部飲んだ」

そう答える香織に、良太は違和感を覚えるのだった。

カルテから謎を解く

「総合診療科の仕事は、何があっても決して諦めないことだ」

榊の言葉を聞き、良太はカルテを見返す。

倒れる前日に赤ワインとナッツを口にしたこと。

尿検査の結果、睡眠薬が検出されたこと。

処方された薬は全部で3錠なのに、香織はなぜか「4錠飲んだ」と言っていたこと。

今までの出来事を振り返り、良太は真相に辿り着くのだった。

犯人は母親の佳代

翌日、良太は佳代を呼び出す。

香織が倒れる前日に口にした赤ワインとナッツ。

さらに腹痛を訴えた日に香織の体内から検出された睡眠薬。

そのどちらも発作の誘発因子になると説明する。

それらは佳代が香織に与えたものではないかと問い詰める良太。

実は「急性間欠性ポルフェリン症」は遺伝性の病気である。

そこで良太は、母の佳代も同じ病気を持っているのではと疑った。

そして病気の症状に詳しい佳代が、意図的に誘発因子となる薬や食べ物を娘に与えたものだと結論づけたのだ。

佳代の娘に対する思い

真面目な娘は、こうでもしないと仕事を辞めないと思ったと言う佳代。

佳代の夫が亡くなったのは原因の心筋梗塞は、過労から来るものだった。

仕事一筋な娘も同じ運命を辿ることを恐れてやったのだと、佳代は自白する。

子供を憎む親なんていない

その後、佳代は香織に真実を話すことに。

香織は、なぜ邪魔をしたのかと激怒。

それを聞いていた裕也は、「親子だからではないでしょうか」と答える。

「どんなことをしてでも守りたかったんだと思います。子供のことが憎い親なんていない」

そう説得するのだった。

香織と佳代のその後

1ヵ月後、香織が診察にやって来る。

香織は会社を退職していた。

自分を見失って母に心配をかけてしまったことを反省したのだという。

香織と佳代は分かり合えたようだ。

裕也と冴木のその後

その後、裕也は冴木に思いを語る。

「父さんのような立派な医者にはなれないけど、俺みたいな医者が一人くらいいてもいいんじゃないかな?」

勇気を出してそう訴えるのだった。

祈りのカルテ第4話みんなの感想とレビュー

祈りのカルテ4話の感想

佳代の行動が怖すぎる……

今回のお話しは「親から子への思い」というのがテーマだったように感じます。

とはいえ、香織のお母さんはちょっと過激すぎる気が……。

娘を思う母親ならば、苦しませるような方法は選んでほしくなかったです。

行き過ぎた愛というか、狂気を感じました。

親子の形は家庭ごとに違うと言いますし、こういう親子愛もアリなのでしょうか?

ですが私としては、佳代の思いに関しては感情移入できなかったのが正直な感想です。

祈りのカルテ4話 娘に薬を盛る毒親!?虐待ではと話題に。傷害罪に問われるの?

推理パートにワクワク

今回は推理パートが探偵ものっぽくて面白かったです。

総合診療科という病気を特定する科の特徴が、謎解き要素をより際立てていたと思います。

いつもは患者本人が秘密を抱えているという展開でしたが、今回はしっかり犯人がいましたね。

事件の真相に迫っていくという感じがワクワクしました。

シャーロック・ホームズに憧れて自分の世界に浸る榊先生のキャラクターも良かったですね。

癖は強いけど真剣に患者と向き合い、絶対に解明しようとする姿勢が素敵でした!

良太、他の科を勧められてしまって残念。笑

祈りのカルテ4話みんなの感想

祈りのカルテ第4話のネタバレと感想まとめ

「祈りのカルテ」も第4話を迎え、登場人物それぞれの想いや背景が分かってきました。

医療ものですが「生死」というよりも、「人生で何を大切にするか」に論点を置いたドラマだと思います。

指導医たちがみんな魅力的で、今回はどんな人が登場するのかと毎回楽しみです。

次回は循環器内科が舞台!今から待ち遠しいです!

第5話は11月5日(土)夜10時~放送です。

ドラマ 祈りのカルテ 全話のネタバレとあらすじまとめ 原作や出版社は?

\祈りのカルテはhuluで全話配信中/

Huluで無料視聴する

-2022秋ドラマ, 祈りのカルテ
-, ,