2022秋ドラマ 中島ハルコ2

ドラマ「最高のオバハン中島ハルコ2」6話のあらすじとネタバレと感想!下呂温泉で妖怪騒ぎ!ハルコ、お化けに怯える!

2022年11月14日

ドラマ「最高のオバハン中島ハルコ2」6話のあらすじとネタバレと感想!下呂温泉で妖怪騒ぎ!ハルコ、お化けに怯える!

「最高のオバハン中島ハルコ2」は、名古屋のアラ還ゴージャスマダム・ハルコと崖っぷちアラサー女子・いづみがバディ?を組み、その毒舌で世の中の悩みを時にぶった斬り、時に悪を成敗していく痛快ドラマです!

今回は下呂温泉を舞台に妖怪騒動に巻き込まれた旅館のSOSにハルコたちは向かいます。

そこにエンタメ界の大御所一行や地元の案内人が絡んで事態は思わぬ方向に!

そして無敵と思われたハルコにまさかの弱点が発覚します!

ゴージャスマダム役はまさに大地真央さんにぴったり!
「最高のオバハン中島ハルコ2」のキャスト一覧
  • (中島ハルコ役/大地真央
    主人公でアラ還バツ2の名古屋マダム。
    「ハルコクリニック」の経営者かつ敏腕美容外科医師。
    自信家で洞察力に優れ、人の弱みを見抜く。
    忖度なしの毒舌で出会った人間の無駄なプライドや悩みをバッサリと斬り倒す。
    しかしハルコの指摘はズバリ的確かつ痛快で、人を魅了する。
    顔が広く、政財界や実業家などコネクションは豊富。
  • 菊池いづみ役/松本まりか
    弱小出版社のグルメ雑誌の編集者兼ライター、39歳崖っぷち独身女子。
    10年以上の不倫関係に悩み落ち込んでいたところ、ひょんなことからハルコと知り合う。
    ハルコに翻弄され影響を受けていくうちに、ダメダメな人生から抜け出しながら舎弟のようなバディとして活躍していく。
  • 大谷将役/合田雅吏
    「ハルコクリニック」のイケメン事務長。
    主にハルコの毒舌が原因のクレーム処理を担当。
    秘書の若杉と「助さん・格さん」コンビでハルコを支える。
    おおらかな性格で料理男子。
  • 若杉慎之介役/蕨野友也
    ハルコのイケメン秘書。主に情報収集、処理を担当。
    冷静沈着なツンデレ男子。
  • 尾石初郎役/今野浩喜
    グルメ雑誌の編集長。昭和感満載の能天気ないづみの上司。
  • 三島昭宏役/田山涼成
    老舗ういろう店「紫風堂」四代目の店主。
    ハルコの人柄に惚れている、愛知県の番人。
  • 奥田静香役/坂野真理
    ハルコクリニックのナース。
  • 土岐正和役/飯田基祐
    刃物メーカー・土岐刃物の社長、岐阜の番人。
  • 海藤道三役/佐野史郎
    岐阜で暗躍する政財界のドン。
    弁護士出身で頭が切れ、感情を表に出さないことから付いたあだ名は「美濃のマムシ」。
  • 遊田光秀役/金剛地武志
    内閣府経済顧問。海藤道三に忠誠を誓う。
  • 菰野剣太郎」役/南圭介
    地方創生大臣。海藤道三に忠誠を誓う。
  • 小早川俊役/永田薫
    海堂道三に忠誠を誓う有能なイケメン秘書

\最高のオバハン中島ハルコ1&2は全話U-NEXTで配信中(2022年12月3日現在の情報です)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

最高のオバハン中島ハルコ2 第6話のあらすじとネタバレ

岐阜の宝である旅館に妖怪騒動!

ハルコの元に土岐(飯田基祐)からたびたびのSOS!

ツレの温泉宿が妖怪騒ぎで売却問題に発展したので相談に乗って欲しいと。

ハルコ(大地真央)は実はお化けが苦手らしく震えながらも、「岐阜の宝・水明館」を守るため、いづみ(松本まりか)らと下呂温泉へ。

妖怪と泥棒問題で旅館の危機

水明館はSNSで最近「妖怪が出る温泉」「心霊スポット?」と騒がれている旅館だった。

ハルコたちを妖怪のようにやつれた女将・小滝真紀(魏涼子)が出迎える。

女将によるとある妖怪を見てしまい眠れないらしい。

しかも蔵にあった「両面宿儺(りょうめんすくな)」(飛騨の妖怪。胴体一つに顔二つ手が四つの異形の妖怪)の一刀彫が消え、同時期に館内周辺で様々な物が盗まれてしまったという。

水明館は由緒正しき旅館だが、このままではその名に傷がついてしまう。

ご先祖様に申し訳がないため、旅館を売ろうとしているという。

エンタメ界の大御所・太田黒久志監督(おかやまはじめ)が世界に通ずる撮影所をこの辺りに作るらしく、旅館を売って欲しいと言われているのだ。

太田黒の撮影隊と遭遇するもハルコは一喝!

異形の妖怪は旅館内だけでなく周辺にも出没するらしく、出没記録のマップを片手にハルコといづみは散策するのであった。

出没記録にはどこで何を盗まれていたかも記されており、その多さに憤慨するハルコであった。

そんな中、ハルコたちは史跡の金山巨石群で映画のリハーサル中の太田黒の撮影隊と遭遇する。

神聖な場所で何をやっているのか、結界を前に罰当たりだ!とハルコに一喝された撮影隊はしぶしぶ撤収していく。

そして、撮影のヒロイン役をしていた三枝瞳(鳴海唯)は偶然にも知り合いだったことに気付いたいずみ。

偶然の再開に喜んだ2人だった。

地元のガイドから妖怪・狒々(ひひ)の存在を聞かされ…

合掌村の足湯で「ほっこりする」と寛ぐいづみ。

ハルコはマップを見ながら「こんなに物が盗まれているのに何がほっこりよ!温泉に油断は禁物」と呆れる。

温泉に関するウンチクをハルコが語っていると、いつの間にか隣で足湯を楽しんでいた大谷(合田雅史)と若杉(蕨野友也)もウンチクに加わってきた。

戦国時代、温泉は隠し湯と言われており、家康や信長なども温泉の傷を癒やす効能を目当てによく訪れていたのだ、と。

すると「よくご存知で」とハルコたちの話に感心しながら地元の筋骨(飛騨街道の細道)でガイドのボランティアをしている三木三郎(村松利史)が通りかかる。

足湯から出たハルコたちは三木に妖怪は見たかと尋ねると「我らボンクラには見えないでしょうが…妖怪はおるでしょう」とニヤリと笑う三木。

三木は実は紙芝居のおじさんでもあり、両面宿難だけではなく妖怪・狒々(ひひ)も出るのだ!と彼の紙芝居がスタートした。

狒々は怪力を持つ獰猛な困った大猿の化け物だと言う。

妖怪・狒々の紙芝居にのめり込み「ヒ〜ヒ〜」と震え上がるハルコ。

三木は妖怪・狒々の笑い声を真似た後に「ま、ごゆっくり」と人懐こい笑顔に戻り、その場を立ち去った。

監督にパワハラ疑惑

そこに入れ替わるように撮影隊がやってくる。

そして、反対側からは太田黒が歩いてきていた。

太田黒は撮影隊にいた瞳を見つけると「今夜は納得するまで指導するから分かってるね?」とささやき気味に言う。

瞳は沈黙するも周りに返事を強要され、その様子を見たいづみはパワハラではと疑う。

その後、下留の湯でいづみは瞳と遭遇する。

映画のヒロインである瞳が何か思い詰めている様子のため、やはりパワハラに遭っているのではと心配するいづみだった。

妖怪のしわざ?下着&宝石が泥棒に盗まれる

いづみは下着を、ハルコは指輪を盗まれる!

2人はお風呂から上がるとなんといづみと瞳の下着が盗まれていた!

これってまさか!下着泥棒と慌てる2人。

だから油断するなと言ったでしょ!とそこを通りかかったハルコはしれっと言った。

その後、瞳のセリフの練習をいづみが手伝っていると、今度は大浴場からハルコの悲鳴が聞こえる!

指輪が盗まれた!とハルコが狼狽えていたのだ。

慌てるハルコに「ハルコさんも油断したんですかぁ?!」といづみはドヤ顔。

妖怪に見せかけた泥棒の目的は宣伝?

大谷と若若がすぐに泥棒らしき人物を追いかけるがとても素早くて見失ってしまった、とのこと。

盗まれたものを時系列に並べて何かヒントがないかを考えるハルコたち。

酒、米、果物、御供物からの時計、下着、指輪…

最初は妖怪のせいに見せかけていたが、次第に金と女に目が眩んだとしか思えない所業だとハルコは言う。

妖怪伝説に乗じたただの泥棒?!狒々伝説?!と推理する中、いづみはふと思い出す。

瞳とセリフの練習をしていた時に台本のタイトルに「狒々は生きていた?」と書かれていたのだ。

映画の宣伝に乗じての仕業だろうかと推理する中、「どっちにせよ罰当たり!この私が許すものか!」と怒るハルコ。

太田黒はセクハラ妖怪だった!

腹ごしらえしながら作戦会議をするハルコの元に、大谷と若杉から大田黒の調査報告がされる。

世界に通用するような大撮影所をこの辺りに作ろうとしていた。

金山町を舞台に妖怪映画を撮影するようにすれば撮影所の看板にもなると。

しかもワークショップで目をつけた新人女性へのセクハラは日常茶飯事で、これまで何件も示談になってるらしい。

いづみは心配になり瞳をロビーに呼び出し話を聞く。

瞳はセクハラを我慢しないと女優になれないと言われており、夢のために頑張る!と強がって、リハーサルに行ってしまった。

指輪泥棒の犯人は三木だった!

そこにまたハルコの悲鳴!

いづみが向かうと「出た!!化け物が!!」と念仏を唱え怯えるハルコ。

停電になり、障子に妖怪のような影が。いずみは大パニック。

そして、そこに大谷と若杉が駆けつけ、ハルコの呼びかけで一行は外に向かうことに。

訳が分からない、いずみは呆然としていた。

一行がついた先はとある場所。

そこに泥棒らしき狒々の衣装を纏った人物を確保すると、正体は三木だった!

アジト先には盗まれた両面宿儺の木彫りの像などもあった!

実は指輪にGPSを仕込み、おとりにして盗ませたのだ。

三木が泥棒をした理由は「伝説が絶滅危惧種」のため

盗んだ説明を求めると、三木は詫びながら、この土地は戦国武将だった先祖のものだったが、すっかり忘れられているから知らしめたかったという。

この両面宿儺も祖父が寄付したのに蔵に入れられて哀れだったと涙ながらに語った。

伝説は昔の話その土地に伝わるもので、人として大事にすべき教訓が必ずあるからからもっと知って欲しいと言う。

それなのにあの撮影隊は自分の話をちっとも聞こうとしない!

そんな奴らが大撮影所といって世界に文化を発信するなんて嘘っぱちだと!

文化を守る気持ちがこれっぽっちもなく、聖なる岩山も石ころのように扱う!

だからついカッとなりスタッフの腕時計を盗んだのだ!と早口でまくし立てた。

三木が盗んだ理由はいわば「伝説が絶滅危惧種」の文化を守りたかったからだったのだ。

下着泥棒は別人!

ハルコは伝説を守りたい気持ちはわかるが、だからと言って泥棒はいけない!と怒る。

しかも下着泥棒までして!の言葉に対して「してません!!!」と大否定する三木。

確かにアジトから下着は見当たらなかった。

じゃあ誰が?…の雰囲気になるが、ハルコはまずは女将に像を返して謝れと三木に言い放ち、彼も素直にうなずくのだった。

大田黒のセクハラがついに瞳にせまる

大広間では映画のリハーサルが行われていた。

「脱げ!いいから脱ぐんだよ!」とスタッフたちの強要に怯える瞳。

さらに「本番に変更はよくある、君だけ残ってゆっくり話そう。」と大田黒が瞳に迫ってくる。

お腹が痛いと逃げる瞳を追いかける太田黒。

一瞬瞳を見失うも、別の広間に布団が…掛け布団の下には女性が震えてているのがわかる。

セクハラ妖怪の監督をハルコ信長が成敗!

いづみ、セクハラの証拠確保!

太田黒は「助監督が言い含めたか…瞳、スターになりたんだろう?」と声をかけると「本当にスターにしてくれますか?」との声。

もちろんだよと太田黒が布団をめくるとそれはスマホで撮影しているいづみだった。

いづみは「セクハラの証拠動画を確保!」と布団から飛び出した。

すると大谷と若杉に捕らえれたSPや映画スタッフが連行され、女将と三木も現れる。

ハルコ、日本の妖怪を熱く説く

そして舞台の幕が開くとハルコが颯爽と登場!

「その(狒々の)衣装でちょいちょい脅してたのはアンタたちだね!映画の前宣伝のつもりかえ?」とスタッフを一喝。

そして台本に書かれている狒々も両面宿難もただの化け物じゃないの!とぶった切る。

日本の妖怪は本来恐れ敬うもの!愚かな人間を戒める存在だと説いた。

両面宿儺も地元の人にとってみれば、化け物じゃない!

英雄なのに狒々と戦わせて両方殺すとは…天罰がくだる!とハルコは台本を破り捨てる。

瞳もハルコの意見に強く賛同!

ずっと台本の内容はおかしいし、しかも今時女を生贄にするなんて古すぎると思ってた!と指摘。

ハルコは啖呵を切る瞳を見て、なかなか見どころのある女優さんねと感心した。

「私を誰だと思ってる?」の倍返し!

「心外、不愉快極まりない!エンタメとは文化を解釈して万人を楽しませること、アプローチは間違ってないと思いますが?」と太田黒はハルコに迫る。

するとハルコはフッと微笑んで「これが間違ってないとでも?」と大谷若杉に合図を送ると太田黒のトランクが運ばれる。

トランクを開けるといづみたち、女性の下着だらけ…!

しらばっくれる大田黒に、関係者のSNSにあったらしいパンティを被る太田黒の写真を突きつける。

が、「知らん、私を誰だと思ってる?」と太田黒は上からの物言い。

「権力を笠に来た狒々じじいだと思ってるわ」と返すハルコ。

久しぶりの登場!ハルコ信長

そして「そっちこそ私を誰だと思ってるの?」というと炎とともに「我こそは美の守護神中島ハルコである!」とハルコ信長が現れる!

「映画が賞を取ったからといってパワハラセクハラ三昧とは笑止千万!天網恢々疎に漏らさずお前はとっとと絶滅しろ!」とぶった斬った!

そして瞳にどんなに相手が大物でもはっきり物を言え、忖度した芽なんて大した芽じゃない!

日本というちっぽけなところで悩まず世界で勝負しろと励ました。

瞳はありがとうございます!とその励ましにに感激した。

翌日、三木より返却された両面すくなは玄関に飾られ、女将も憑物が取れたかのごとく明るくなった、

旅館はこれからも頑張ると笑顔で言い、三木も引き続きお手伝いさせてもらえると満面の笑みを浮かべるのだった。

これにて一件落着!!

セクハラ監督は絶滅!瞳は海外で活躍!

それから暫くして、ハルコクリニックにいづみが報告にやってくる。

太田黒はいづみが押さえたセクハラ動画が世間に広まり、被害にあった女優たちの告発が週刊誌に載ってしまい世間から叩かれ絶滅?!したと。

そして瞳はハルコの知り合いの紹介で、海外の作品の女忍者役に抜擢された。

さすがです!と喜ぶいづみに「でしょ私を誰だと思ってるの?」といつもの調子のハルコ。

ハルコにお礼する老婆の正体…

するとハルコの前にふと微笑む老婆がお辞儀をして現れた…と思ったらふっと消えた。

そしていづみが瞳からの追伸で「亡くなった祖母の命日にいい報告ができた」と、添えられた写真を見ると…

その祖母はハルコの前に現れた老婆だった…。

お化けがでた!と怯えるハルコなのであった。

最高のオバハン中島ハルコ2第6話みんなの感想とレビュー

最高のオバハン中島ハルコ2第6話の感想

無敵のハルコはお化けが苦手だった!その訳は…

無敵のハルコさん、まさかあんなにお化けが苦手とは!!

ヒーヒーキャーキャー怯えるハルコさん、ちょっと可愛かったです!

ハルコがお化けが怖いのには訳があり、その理由が実に知的!

この世の95%は目に見えない世界で人間には見えないものばかりあるのは当然なのは分かってると。

死んだ祖母の家系には見える人が多く怨霊など見えないように己の魂を磨いてたという。

だから「己の魂の練度を見せつけられる」ということでお化けや心霊的なものが怖いそうな。

でも、ハルコさんの祖母さん譲りなのか最後は、瞳さんの亡くなった祖母さんが見えてしまうというオチでした!

信長ハルコ、再登場に沸く!

先週、先々週には現れなくてちょっと寂しかった信長ハルコ様、今回は登場!セクハラ“狒々”じじいこと太田黒をぶった斬りました!

前回はホロリ人情話を挟んでましたが、今回は痛快すぎるほど悪党を成敗してました。

やっぱり信長ハルコはかっこいいし、惚れてまうやろ(4話のチャンかわい風に)!

岐阜では先週、信長祭りが行われ、信長木村拓哉が登場して岐阜中が沸いたそうですが、昨晩は信長ハルコの再登場に全国が沸いたようです。

海藤道三の「ぶらぶらぶら」の謎が判明

あらすじには書けませんでしたが、前回のハルコと海藤のラストのやりとりの続きで今回は始まります。

海藤道三からの直々の電話を切るハルコは「マムシには本当に懲りてる」とポツリ。

切られても海藤は不気味に笑って何かを企んでました。

「先生の電話を切るとは何事、懲らしめましょう」と怒る秘書の小早川(永田薫)に「ぶらぶらぶら…堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え」と徳川家康の遺訓(我慢することが無事に長く安らかでいられる基礎で、「怒り」は敵と思え)で諫めました。

この1話から謎だった「ぶらぶらぶら」ですが実はファンの方がSNSで意味を聞いたら佐野さんがコメントしてたそうです。

そんな海藤とハルコ、ついに来週対面するようですね、目が離せません!二人にどんな因縁が?!

最高のオバハン中島ハルコ2第6話みんなの感想

最高のオバハン中島ハルコ第6話のネタバレと感想まとめ

今回は久々の痛烈なハルコの毒舌が炸裂!信長なハルコさんも再登場し、セクハラ妖怪?!の映画監督をぶった斬ってスカッとしました。

でもハルコさんの意外な弱点がまさかのお化け!と分かってとても面白かったですし、伝説の大切さや日本の妖怪の役割もわかって見どころ満載のお話でした。

次回は愛知を舞台にシニア婚活がテーマ!

離婚・介護に疲れた還暦女子の悲哀と挑戦、そして嘘と欺瞞をばっさり斬る予定だそうです。

海藤とのご対面もありとますます目が離せません。

\最高のオバハン中島ハルコ1&2は全話U-NEXTで配信中(2022年12月3日現在の情報です)/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

-2022秋ドラマ, 中島ハルコ2