2022秋ドラマ 中島ハルコ2

ドラマ「最高のオバハン中島ハルコ2」5話のあらすじとネタバレと感想!ハルコ、酒蔵の相続問題に涙?!

2022年11月7日

ドラマ「最高のオバハン中島ハルコ2」5話のあらすじとネタバレと感想!ハルコ、酒蔵の相続問題に涙?!

「最高のオバハン中島ハルコ2」は、名古屋のアラ還ゴージャスマダム・ハルコと崖っぷちアラサー女子・いづみがバディ?を組み、その毒舌で世の中の悩みを時にぶった斬り、時に悪を成敗していく痛快ドラマです!

今回は下呂の酒蔵を舞台に亡き祖父の味を守って継ぎたい孫VS怪しい叔父たちの相続バトルにハルコたちは巻き込まれます。

ハルコの目にまさかの涙が!

第5話のあらすじとネタバレ、感想をご紹介します。

第二弾はキャストもパワーアップ
「最高のオバハン中島ハルコ2」のキャスト一覧
  • 中島ハルコ役/大地真央
    主人公でアラ還バツ2の名古屋マダム。
    「ハルコクリニック」の経営者かつ敏腕美容外科医師。
    自信家で洞察力に優れ、人の弱みを見抜く。
    忖度なしの毒舌で出会った人間の無駄なプライドや悩みをバッサリと斬り倒す。
    しかしハルコの指摘はズバリ的確かつ痛快で、人を魅了する。
    顔が広く、政財界や実業家などコネクションは豊富。
  • 菊池いづみ役/松本まりか
    弱小出版社のグルメ雑誌の編集者兼ライター、39歳崖っぷち独身女子。
    10年以上の不倫関係に悩み落ち込んでいたところ、ひょんなことからハルコと知り合う。
    ハルコに翻弄され影響を受けていくうちに、ダメダメな人生から抜け出しながら舎弟のようなバディとして活躍していく。
  • 大谷将役/合田雅吏
    「ハルコクリニック」のイケメン事務長。
    主にハルコの毒舌が原因のクレーム処理を担当。
    秘書の若杉と「助さん・格さん」コンビでハルコを支える。
    おおらかな性格で料理男子。
  • 若杉慎之介役/蕨野友也
    ハルコのイケメン秘書。主に情報収集、処理を担当。
    冷静沈着なツンデレ男子。
  • 尾石初郎役/今野浩喜
    グルメ雑誌の編集長。昭和感満載の能天気ないづみの上司。
  • 三島昭宏役/田山涼成
    老舗ういろう店「紫風堂」四代目の店主。
    ハルコの人柄に惚れている、愛知県の番人。
  • 奥田静香役/坂野真理
    ハルコクリニックのナース。
  • 土岐正和役/飯田基祐
    刃物メーカー・土岐刃物の社長、岐阜の番人。
  • 海藤道三役/佐野史郎
    岐阜で暗躍する政財界のドン。
    弁護士出身で頭が切れ、感情を表に出さないことから付いたあだ名は「美濃のマムシ」。
  • 遊田光秀役/金剛地武志
    内閣府経済顧問。海藤道三に忠誠を誓う。
  • 菰野剣太郎」役/南圭介
    地方創生大臣。海藤道三に忠誠を誓う。
  • 小早川俊役/永田薫
    海堂道三に忠誠を誓う有能なイケメン秘書

\最高のオバハン中島ハルコ1&2は全話U-NEXTで配信中/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

最高のオバハン中島ハルコ2 第5話のあらすじとネタバレ

ハルコ、酒蔵の相続問題に巻き込まれる

ハルコ(大地真央)は土岐(飯田基祐)から“ツレ”の酒蔵当主・奥山桃次郎が病死したと知り、いづみ(松本まりか)らと岐阜・下呂へ弔問に向かった。

桃次郎の弟・春彦(佐戸井けん太)がハルコを出迎える。

ハルコが仏壇に手を合わせた後、どうしてもっと早く知らせなかったのかと大激怒。

恐縮し土下座した春彦は、弱った姿を見せたくなかった桃次郎がハルコ宛に書いたという一通の手紙をハルコに渡した。

桃次郎は自分の代で蔵を終わらすつもりで、蔵と孫たちの始末はハルコに託すという内容だった。

蔵を売りたい大人VS蔵を継ぎたい少女

ハルコは蔵を畳むかどうかを見極めようと一家へと向かった。

蔵の相続に関係する当事者3人

  • 桃次郎の弟・春彦 負債を抱えた蔵を売りたい意向
  • 孫娘の看護師・桃香(中冨杏子) 金に執着しており、蔵を売ることに同意
  • 桃香の妹・葉月(中心愛) 「自分が蔵を継ぐ」と言い出す

葉月は17歳の高校生。

こんな酒の味もわからない小娘に継げる訳ないと皆に言われ終始機嫌が悪い。

葉月をたしなめるハルコにも容赦無くババアと噛み付く始末。

酒造が買収される!?

翌朝、春彦に連れられて酒造に熊咲雄介(草野イニ)がやってきた。

ハルコのツレである熊咲は空間デザイナーを謳う内装屋で、あるオーナーから依頼があり内見に来たという。

蔵を売り急ぐような口ぶりの春彦に怪しさを感じるチームハルコだった。

食事の席でハルコが熊咲を半ば脅す形で買い手や目的を聞き出していく。

すると、ある企業が奥山酒造を買収し、外国人向けの酒蔵バーを開こうとしているらしいことが分かった。

小娘に酒蔵を継ぐのは無理!

そこへ葉月が現れてハルコを酒蔵へと呼び出すのだった。

祖父の桃次郎から困ったらハルコさんに頼れと言われており、憮然としながらもハルコに頼ろうとする葉月。

しかしハルコは酒蔵は地域貢献の文化だ、こんな何もわからないクソガキに継げるはずないと論破する。

強烈なハルコの言葉にぐうの音もでない葉月を心配するいづみではあったものの、ハルコの意見には同意。

いずみは蔵を継ぐ以外にも道はあると葉月を諭したが、彼女は聞く耳を持たずにその場を走り去ってしまった。

酒造を買収する目的はリゾート計画

後日、大谷(合田雅吏)と若杉(蕨野友也)から買収に関する調査報告がされた。

とある幽霊企業が酒蔵周辺の下呂の地域をプライベートリゾートにしようと、一年以上前から買収しようとしていたことが判明。

さらに、熊咲のコネクション情報によると、幽霊会社の役員の名前に超セレブのソンタク氏の親戚の名前があったらしい。

ソンタク氏の裏の顔はマカオのカジノを仕切るドンであり、彼のためのプライベートリゾートの計画と判明。

ハルコは、日本酒づくりには大量の水が必要なのに、水源地にゴルフ場や地下室まで作るのは許せない!と下呂のリゾート化計画に猛反対!

桃次郎のお酒だけは残したいハルコ

数日後、熊咲の誘いによりいずみは和食の名店に行くことに。

そこで、いづみは桃次郎の酒「桃泉」の最後の一合を飲み、その旨さに感動する。

「桃泉」のファンの熊咲はせめて酒蔵バーを手伝いたいが、やはり蔵自体が無くなるのは切ないと言う。

いづみは、ハルコから蔵付き酵母を探すように命じられ、色んな大学や研究所に協力してもらっていることを告白。

ハルコは桃次郎のお酒だけは残したいと考えていたのだ。

それを聞き熊咲は協力を買って出たのだった。

相続問題は姉と妹の大喧嘩に発展

なおも対立する叔父と姉VS妹

春彦が姉妹に相続放棄の書類にサインを求める。

自分に任せればきちんとここを売って二人が住みやすくするからと…。

桃香はサインしようとするも葉月は拒否。

葉月は「おじいちゃんのお酒に惚れ込んでいる人が応援してくれてる」とネットのコミュニティの画面を見せる。

話しはヒートアップしていき、姉妹は取っ組み合いの大げんかに発展!

たまたま奥山家を訪れてたいづみは仲裁してケンカを止めようとするも、吹っ飛ばされてしまうのだった。

葉月の本気にハルコは難題を突き付ける

その夜、いづみは奥山家からオンラインでハルコに報告。

熊咲が蔵付き酵母の採取を手伝ってくれてること、そしてこの蔵や工具、下呂の自然も全て「絶滅危惧種」であること。

桃次郎はそれを守りたかったはずなのに、ハルコは手伝わなくていいのかといづみが問う。

ハルコは、あの小娘に蔵はできるはずがない、どうしてもやりたかったら技術を学んで修行が必要と一蹴。

するとそれを聞いてた葉月が、そんなことやってる間に叔父がここを売ってしまうと通話に割り込む。

そこまで言うのなら誰もが納得する事業計画書を作れと難題を出しハルコは通信を切った。

悔しい葉月はいづみに協力してもらい事業計画書を作ることに。

桃香の本音

ハルコたちはインターネットで下呂のリゾート化反対を市民に誘発していた。

そこへハルコに呼び出された桃香が来る。

本当は自分も祖父の蔵を守りたいが、借金は膨らむばかりで今は無理だと泣きながら本音を語る桃香。

お酒が苦手だという桃香に、ハルコはあるお酒を1杯飲ませることに。

プライベートリゾート化の企みをぶった斬る

それから数日後、春彦は買い主らしき一行に酒蔵の近辺の土地を案内していた。

そこに、葉月といづみや地元民たちが「プライベートリゾート計画反対」のデモを起こし、春彦たちに迫った。

さらにそこにホラ貝の音色をバックにハルコが登場!

庶民を足蹴にするとは不届き千万!やっておしまい!と大谷と若杉に命じると、買い主一行に付き添っていた警備員を捕まえる。

またまた登場!菰野のセコイ企みを阻止

なんと、その警備員は地方創生大臣の菰野(南圭介)が変装して紛れていたのだった。

菰野はソンタク氏のおこぼれを預かろうとこの計画に肩入れしていた。

そこで、ハルコは駐日大使のキャサリンにビデオ電話をして菰野に会話を聞かせた。

キャサリンはソンタク氏の妻と娘の友人、さらに母娘はハルコとも面識があったのだ。

岐阜の自然を守りたいハルコに共感したキャサリンの働きかけで、すでにソンタク氏のプライベートリゾート計画は白紙になっていた。

ハルコは、創生大臣のくせに変装までしておこぼれを頂戴し、岐阜の自然をぶっ壊そうとする菰野をぶった斬ったのだ!

リゾート計画が無くなりホッとしている葉月に、「笛吹いて叫んだだけだったわね、ガキンチョ」と言い放ち、ハルコはその場を去っていった。

絶対ぎゃふんと言わせてやる!と悔しそうにする葉月であった。

酒蔵に再建の兆し

そこへいづみに熊咲からある大学の研究所で気になる酵母が見つかったと電話が入る。

早速葉月と研究所に駆けつけて、酵母の香りを嗅いでみると・・・

祖父の酒と同じ香り!これならいけると葉月は確信した。

これで事業計画書の裏付けもバッチリだと喜ぶいづみ。

そして葉月といづみは夜中にある神社にこっそり忍び込んだ、

ここは桃次郎が最後に最高傑作の酒を奉納した神社で、ドロボーよろしくでその酒を持って帰ったのだ。

そしてその酒を瓶に詰めて「シン桃泉」の事業報告書とともに協力してほしい人に送った、当然ハルコにも。

葉月が8代目奥山酒造代表取締役に

春彦は姪思いの優しい人だった

1週間後、事業再開に杜氏や蔵人を呼ぶがなかなか現れない。

落ち込む葉月に春彦が事業計画書を持って現れ、葉月に謝罪した。

春彦は実は地元の権力者に蔵を売ってくれと頼まれており、良い金になるなら売ろうと考えていた。

売ったお金は葉月の学費の足しになるし桃香を楽させることもできる。

ここを酒蔵バーにすれば兄も喜んでくれると思ってのことだったと告白。

それがリゾート計画の一環だったことを知って、酒蔵を売るなんて軽率だったと反省していた。

ただのガメついだけの男ではなかったのだ。

事業計画が認められ葉月が奥山酒造8代目に

そして春彦は、葉月が新ブランド「シン桃泉」を思いついたことに感心していた。

葉月は自分が思いついたのではなく、じいちゃんが経営の傾いた蔵を立て直した時の資料を残してくれ、それをパクっただけだという。

それを聞いていた熊咲が「でも古いだけでなく、新しい技術にも挑戦すべきでは」とアドバイス。

すると、葉月はもちろんスクラップビルドで新旧のいいところを取り入れる計画があると宣言した。

そこにハルコが現れ「勉強したのね、伝統を受け継ぐと言うのはそういうこと!」と褒める。

「オバハン参ったか!」とドヤる葉月に「まだまだよ…でも葉月ちゃんが今日から8代目奥山酒造代表取締役ということかしら」と微笑む。

3人が仲直りで号泣。最高の和解に

そこに桃香が来て、杜氏たちが来週戻ってきてくれると葉月に話す。

杜氏たちに事業計画書を見せて、戻るように根回しをしていた。

杜氏たちは毎年最高傑作を限定販売するという「シン桃泉」の事業計画に驚き、葉月に賛同してくれたのだった。

「話はまとまっていて、姉は何の役にもたたんかった」と苦笑いする桃香。

あんなに反対しとったのに何で?と困惑する葉月。

桃香はハルコに勧められた祖父の最高傑作のお酒を飲んで涙が出るほど感動したのだった。

桃香は「だから、ナースは辞めないけど私も応援するよ!社長頑張れ!」と笑顔で言い、葉月に先代の法被を羽織らせた。

葉月は「お姉ちゃん。」と涙を流しながら桃香に抱きつく。

そこに春彦も加わり、3人全員が涙ながらに肩を抱き合うのだった。

いづみたちもその姿に感動し涙!

ハルコは「桃次郎の酒は涙が出るほどスゴイのよ」と涙ぐむのだった。

海藤の企みはいかに?!

「あのクソババア今度こそ許せません!」と菰野は海藤道三(佐野史郎)に泣きつくが「ぶらぶらぶら…菰野くん君は使えないな、その首すげ替えてもいいんだよ」と睨まれてしまう。

そんな海藤からハルコに相談に乗って欲しいと電話がかかってくる。

ハルコは生憎体がいくつあっても足りないと海藤の電話を一方的に切ってしまう。

電話を切られた海藤は不気味に高笑いをするのであった。

最高のオバハン中島ハルコ2 第5話みんなの感想とレビュー

最高のオバハン中島ハルコ25話の感想

うっかり熊咲、登場

今回、空間デザイナー・熊咲が登場し、ハルコたちに協力します。

この熊咲は蜂蜜につられ守秘義務もバラしてしまうし、納豆を食べて酒造に現れる(納豆菌を持ち込むのはタブー)といったドジなのにどこか憎めないキャラです。

しかし、財閥の愛人の息子の熊咲はコネクションは豊富!

助さん格さんすら暴けなかった買収企業主の情報を持っていたのはスゴイの一言です。

駐日大使と顔見知りのハルコといい、熊咲といい豊富すぎるコネで見事に問題を解決!

今回もスッキリした気分で寝れました!

伝統文化がまた守られて安心!

最初はハルコも含めて誰も葉月に酒蔵を継げるはずないと決めつけていました。

しかし、若さゆえの行動力と祖父への深い愛情で見事、8代目を継ぎました!

こうしてまた伝統文化が守られたのですね!

いづみも怪しんでいましたが、叔父の春彦さんが売却を急いでたり、何か企んでいるように思われてましたが、実は姪思いのただのいい人だったのはちょっと意外です。

大喧嘩した姉も実は良い人で最後は3人が号泣しながらの円満解決!にこちらも思わずもらい泣きしてしまいましたよ。

きっと、これからの奥山酒造は大きく飛躍することでしょう。

一度で良いから、シン桃泉を飲んでみたいですね。

小悪党・菰野再登場!その影に海藤が潜む

ハルコに成敗されるのは叔父さん?ソンタク氏?…と思ってたら、まさかの菰野でお前かーい!とツッコんでしまいました。

セコく「小物な菰野!」は今回もハルコにバッサリ成敗され、ほんと懲りない大臣ですね。

それにしても毎回ハルコが「ぶらぶら」海藤の殺気を感じて終わるくだりがお約束になってますが、海藤はいつ本格的に動くのでしょう!?目が離せません!!

最高のオバハン中島ハルコ25話みんなの感想

最高のオバハン中島ハルコ2 第5話のネタバレと感想まとめ

一時はどうなることやらとハラハラした下呂の土地の買収騒動でしたが、今回もハルコさんのぶった斬りで一件落着。

酒蔵相続問題もハルコの毒舌が起爆剤となり、葉月が奮闘した末に引き継ぐことで解決!

バラバラだった家族が心をひとつにして再出発することに。

酒蔵という伝統文化=岐阜の自然も守られました。

今回の舞台となった下呂は温泉で有名だなと思っていたら、次回は下呂温泉で妖怪大騒動が起こる模様です。

物語も折り返し地点、海藤の企みも明かされる予感…目が離せませんね!

\最高のオバハン中島ハルコ1&2は全話U-NEXTで配信中/

U-NEXTで無料視聴する

最新情報はU-NEXT公式サイトでチェック!

-2022秋ドラマ, 中島ハルコ2