2022秋ドラマ エルピス -希望、あるいは災い-

「エルピス」7話のネタバレ&感想! 拓朗の行動力に村井も涙!

2022年12月6日

「エルピス」7話のネタバレ&感想! 拓朗の行動力に村井も涙!

再審への大きな突破口をつかみ、いよいよ真相へ近づいていく恵那と拓朗。

刑事 平川から拓朗が買い取った情報は、あまりにひどい警察の内部事情。

組織の体質も、平川のペラペラな正義感も、不愉快極まりないです。

そしてついに瑛太の正体が判明し、ネットでは考察合戦勃発!

このまま瑛太が犯人?それともまだ一ひねり二ひねりある?

ここでは「エルピスー希望、あるいは災いー」第7話のネタバレあらすじと感想をご紹介いたします。

ボンボンガールズのキャストまとめ
ドラマ 「エルピス」フライデーボンボンのボンボンガールズって誰?プロフィールとキャスト相関図一覧

キャストまとめ
ドラマ 「エルピス ー希望、あるいは災いー」出演キャスト相関図一覧 プロフィールまとめ

全話のネタバレはこちら
ドラマ エルピス-希望、あるいは災い- 最終話までのあらすじとネタバレ!

エルピス第7話のあらすじとネタバレ

恵那は大門に近い有力な人物のリストを手に入れる

新聞記者の笹岡(池津祥子)は恵那(長澤まさみ)の取材を兼ねて、依頼されていた大門副総理(山路和弘)の身辺調査の内容を報告した。

事件当時、大門は警察庁長官。

そんな大門が県警に圧力をかけて真犯人逮捕を妨害したとすると、相当リスクが高いと笹岡はいう。

大門にとって相当近くて有力な人物からの依頼だったことは間違いないと、笹岡は推察するのだった。

検察が嫌がる決定を裁判官はできない

家を出てから久しぶりに母 陸子(筒井真理子)との食事をした拓朗(眞栄田郷敦)。

幼馴染の悠介(斉藤天鼓)も同席している。

冤罪事件のDNA再鑑定が話題となり、陸子は世論が高まってもかなり難しいとの見解を示す。

検察には人事権があるため、検察の言いなりで有罪判決が下されている現状。

社会は思っているよりも恐ろしいものだと、陸子は拓朗を諭すのだった。

真犯人を見つけ出す決意を新たにする拓朗

拓朗は村井(岡部たかし)と居酒屋で食事をしていた。

再審請求やDNA鑑定ではなく、真犯人を見つけることへのシフトチェンジが必要と感じた拓朗は、現場に通ってみようと思うと村井に告げる。

村井はそんな拓朗の熱意に驚愕する。

経理部は9-5時で仕事も終わり、土日もしっかり休みがある。

取材をするにはうってつけだと、拓朗は話すのだった。

恵那からの着信に気づき、拓朗は留守電に折り返す

恵那を誘っても「ごめん、忙しい」と即答され、かまってくれないと嘆く拓朗。

ふと携帯を見ると恵那からの着信が3件も入っていた。

拓朗はすぐ折り返すが、恵那が出演するNews8の放送直前のため、留守電にメッセージを残した。

恵那が伝える「DNA再鑑定」の速報

村井は居酒屋のテレビをNews8のチャンネルに合わせると、恵那の登場を上機嫌で待っていた。

「速報です」

恵那は番組冒頭で神妙に伝える。

裁判所は松本受刑者のDNAの再鑑定実施を決定

拓朗と村井は裁判所が松本受刑者のDNA再鑑定実施を決定したとする速報に驚き、動揺を隠せない。

テレビを前に呆然と立ち尽くすのだった。

DNA再鑑定に木村は驚きつつ、今後の展開を冷静に分析する

しがらみのない裁判官の大英断はまるで都市伝説

弁護士事務所に恵那と拓朗は木村(六角精児)の話を聞きに来ていた。

もはや出世も左遷もない退官間際の裁判官が、DNA再鑑定という奇跡的な決断をしたのだと木村は語った。

とはいえ、松本の冤罪にたどり着くにはハードルが複数ある。

被害者・井川晴美(葉山さら)の遺品を2つに切り分け、検察側と弁護側それぞれで鑑定を実施。

証拠となる唾液や精液が十分に採取されるか、劣化や腐敗していないか、すべて鑑定してみないとわからないと木村は説明する。

もう松本の無罪か有罪かだけの問題ではない

過去の過ちを認めることは科警研、検察、警察を揺るがす事態なのだ。

証拠が十分にそろったとして検察はその結果を正直に発表するのかという拓朗の問いに、木村は「全力で潰しにかかる可能性もある」と答えるのだった。

しかし組織は必ずしも一枚岩ではないと、木村はわずかな希望を語る。

DNA再鑑定の結果によって、さまざまな現実を見ることになるのだろうと、遠い目をして話す木村だった。

意見が食い違う恵那と拓朗は、言い争いになる

木村の事務所を後にした恵那と拓朗は、ベンチで互いの感じていることを話し合った。

善か悪か、公正か不正か、その時の流れや空気で決まるから、どう転ぶかわからないと恵那はいう。

公正な結果など出ないと思って、これからも真犯人探しを続けると宣言し、その場を立ち去ろうとする拓朗。

恵那はそんな拓朗に、多くの人の中に眠っている良心を信じたいと優等生のように話すのだった。

拓朗の言葉にショックを受ける恵那

拓朗はそんな恵那を「平和ボケ」と一蹴する。

社会の残酷さや組織のろくでもなさを見てきたのに、忙しさにかまけて考えることから逃げているのではないかと核心を突いた拓朗。

「わたしがどれだけ辛くて我慢しているのか、あんたに何がわかんのよ!」

傷ついた恵那は何度も何度も拓朗をたたき続け、怒りをぶつけるのだった。

村井の様子に興ざめした恵那は、気持ちを新たにする

1人泣きながら帰っていると、村井から恵那に電話が入る。

恵那は怒りにまかせて、拓朗との一連の会話を村井にぶちまけた。

以前はあったはずの情熱が消えていることに村井は傷ついていた

速報を見たときの拓朗の事件に対する情熱を目の当たりにし、村井は自分の衰えを感じたと泣きながら話す。

村井の泣き言にいら立ちを感じた恵那の涙はすっかり止まっていた。

「老いぼれている場合じゃない。まだ何も終わっていない。」と恵那は村井を一喝し、一方的に電話を切った。

そして恵那は、事件との向き合い方を新たに決意し、強く前を向くのだった。

弁護側DNA不一致、検察側DNA検出されず

局内のカフェで拓朗と恵那は向かい合っていた。

「弁護士側DNA不一致、検察側DNA検出されず」

そんなあいまいな結果を想定内としていた拓朗は、冷静だった。

一方で恵那は動揺し、拓朗の冷静さがしゃくにさわるのだった。

退官間際の裁判官に今まで守ってきたものをひっくり返される状況を、検察も警察も全力で潰しにかかるに決まっていると拓朗は正論を語る。

恵那から示された新たなミッション

八飛市出身の大門が、当時の警察に圧力をかけ真犯人逮捕を阻止したのではないかとの見解を恵那は拓朗に伝える。

笹岡から入手した大門副総理周辺の重要人物リストを拓朗に共有し、恵那は聞き込みを依頼したのだった。

警察内の内情をリークする平川の態度にあきれる拓朗

八飛署の刑事 平川(安井順平)から50万円で情報提供するといわれ、喫茶店で話を聞くこととなった拓朗。

松本は無実だと、署内では誰もが感じていた

無実の人間を犯人にでっち上げたと白状する平川。

罪を犯した組織は、徐々に再起不能になり自滅への一本道だとひょうひょうと平川は語る。

そして「組織が悪いのであって、僕は正義側の人間」と笑顔で自負したのだった。

拓朗は冷たい視線で「正義?」と言いながら渡した50万円を指さすが、娘のピアノを買う金だと平川は悪びれる様子もない。

平川は、署長よりもずっと上の「真犯人を逮捕させたくない」力を感じていたという。

松本(片岡正二郎)は身寄りもなく偽の犯人としては適任だった。

真犯人の話題は署内ではタブー。15年もの間思考停止させられてきたと平川はいうのだった。

去年の殺人事件を積極的に捜査してこなかった警察

警察も裁判所も信用できないから自力で真犯人を探すと宣言する拓朗に平川は、去年の事件を追ったほうがいいとアドバイスする。

捜査はほぼ進んでいないため、新たな事実が見つかりやすいとのこと。

そして平川はそっとUSBメモリーをテーブルに置いて、去っていくのだった。

斎藤は他社の政治コーナーにレギュラー起用される

村井は屋上に恵那を呼び出し、斎藤について偵察を入れるが、恵那は何の情報も持っておらず回答できない。

一方で滝川(三浦貴大)は、斎藤が他社の政治コーナーにレギュラー出演が決まったと恵那に話すのだった。

被害者遺族の会が結成される

被害者の姉 純夏(木竜麻生)が被害者遺族の会を立ち上げる。

記者会見を開きたいとする純夏に、他の遺族は難色を示した。

しかし会に同席した拓朗は、世論を巻き込むことの必要性を話し、純夏を援護するのだった。

優香は複雑な環境で育つ美しい中学生

昨年の事件被害者 優香(増井湖々)の遺族は会に参加しなかった。

母は34歳で幼い2人の兄弟がいる。

平川刑事からの資料によると、当時14歳だった優香は18歳と偽りデリヘルでアルバイトをし、常連客も多かったとのことだった。

八飛市・大門・謎の雑貨店主、点と点が線でつながっていく

優香の遺体発見現場に花を手向け、改めて町を見回すと大門のポスターであふれていることに気づいた拓朗。

現場近くの喫茶店のマスターから話しを聞くと、この一帯は大門の幼馴染が経営する本城建託の土地だという。

本城の次男と長女は会社を手伝っているが、長男は商店街で雑貨店を経営していたとのことだった。

恵那は得体のしれない恐怖を思い出す

拓朗から本城について報告を受けた恵那は、商店街で謎の店主と対面したときのことがフラッシュバックした。

あの時、目を見つめられ動けなくなっていた恵那。

気味の悪いあの男の名前は「本城 彰」。

大門副総理の幼馴染の長男であった。

エルピス第7話みんなの感想とレビュー

エルピス7話の感想

平川の薄っぺらい正義感と、拓朗の軽蔑した視線に鳥肌

平川の語る警察の闇。

しかしそれと対比して自らのキラキラな正義感を強調するなんて、腐りきってますよね。

情報提供報酬の50万は娘のピアノ購入費だから正義だといったときはゾッとしました。

終始「どの口が言ってるの?」と突っ込みたくなるセリフを吐き続けた平川に、軽蔑の視線を向けた拓朗。

拓朗の正義と、平川の正義。質も量も全く別物のような気がしました。

人間味あふれる村井の姿に共感者続出!

拓朗の熱血な姿に自らの老いを感じ、なぜか恵那に愚痴を聞いてもらおうと思った村井。

誰にも相手にされない中年男性の悲愴感が漂っていましたね。

元上司なのに、恵那を頼ったり、一喝されたり、散々な7話でした。

拓朗の成長ぶりに驚かされる

巨大な敵を目の当たりにしても、諦めずに食らいついていく拓朗。

初回とは全く違うその姿がとても頼もしく、空気もずいぶん読めるようになって。

拓朗少年、絶賛成長中です!

瑛太犯人説?瑛太弟犯人説?被害者親族犯人説?

ここにきて犯人考察も熱を帯びてきました。

瑛太が犯人ではという声は根強いですが、ミスリードとの意見も多数。

犯人考察、ヒートアップしております!!

エルピス7話みんなの感想

エルピス第7話のネタバレと感想まとめ

4話の拓朗の言葉「勝ち続けるために負け続けた」は、まさしく平川にぴったりでした。

長いものに巻かれ、思考停止をし、知らなくていいことには目をつむる。

全部人のせいにして、自分だけは違うとヒーロー気取り。

拓朗の「マジくそっすね」には、よくぞ言ってくれたと賞賛の嵐でした。

そして瑛太の不気味さに悲鳴を上げた今回。

さらに瑛太に迫っていく次週「エルピスー希望、あるいは災いー」第8話は、12月12日(月)よる10時から放送です。

ちなみに7話のエンディング曲「Mirage」は眞栄田郷敦さんがサックスで参加していました。

前回のお話
ドラマ「エルピスー希望、あるいは災いー」6話のあらすじ、ネタバレと感想!

次回のお話
ドラマ「エルピス」8話のあらすじ、ネタバレと感想

全話のネタバレはこちら
ドラマ エルピス-希望、あるいは災い- 最終話までのあらすじとネタバレ!

-2022秋ドラマ, エルピス -希望、あるいは災い-
-, ,