2023冬ドラマ ブラッシュアップライフ

「ブラッシュアップライフ」1話ネタバレと感想|安藤サクラ達の会話劇がリアルすぎる!バカリズム節炸裂のタイムリープドラマ

2023年1月9日

「ブラッシュアップライフ」1話ネタバレと感想|安藤サクラ達の会話劇がリアルすぎる!バカリズム節炸裂のタイムリープドラマ

お笑い芸人のバカリズムさんがオリジナル脚本を手がけるということで、放送開始前から話題を集めていたドラマ「ブラッシュアップライフ」。

「一度亡くなってしまった女性が今世に転生し"人生2週目"を赤ちゃんからやり直す」というストーリー。

この設定自体はフィクションにありそうな感じではあるものの、バカリズムさんならではのユーモアや独特の世界観によって、ひねりの効いた面白い展開になりそうですね!

また、安藤サクラさんが意外にも民放初主演を務めるとのことで、赤ちゃんから大人までをどんな風に生きるのか、どう人生をやり直すのか楽しみです!

ここでは「ブラッシュアップライフ」第1話のあらすじとネタバレ、感想をご紹介いたします。

演技派の俳優さんが勢揃いね!
「ブラッシュアップライフ」のキャスト一覧
  • 近藤麻美 役/安藤サクラ
    地元の市役所に勤務する女性。両親と妹と4人で暮らしている。あだ名はあーちん。
  • 門倉夏希 役/夏帆
    麻美の小・中学校の同級生。大人になってからも麻美、美穂と仲が良く遊んでいる。あだ名はなっち。
  • 米川美穂 役/木南晴夏
    麻美の小・中学校の同級生。大人になってからも麻美、夏希と仲が良く遊んでいる。あだ名はみーぽん。
  • 田邊勝 役/松坂桃李
    麻美の大学時代の元カレ。嫌な別れ方をしたらしい。
  • 福田俊介 役/染谷翔太
    麻美の小・中学校の同級生。ミュージシャン志望だったが売れず、地元のラウンドワンで働いている。
  • 近藤寛 役/田中直樹
    麻美の父。
  • 近藤久美子 役/中島ひろ子
    麻美の母。
  • 近藤遥 役/志田未来
    麻美の妹。
  • 受付係 役/バカリズム
    死後の世界の「案内所」にいる案内人。

全話のネタバレまとめ
「ブラッシュアップライフ」全話あらすじ・ネタバレまとめ|バカリズム脚本!?安藤サクラは民放初主演

\「ブラッシュアップライフ」はhuluで全話配信中!/

Huluで無料視聴する

「ブラッシュアップライフ」第1話のあらすじとネタバレ

地方公務員として「普通」の毎日を送る麻美

ある家族が、何気ない会話をしながら朝の支度をしている。

近藤麻美(安藤サクラ)は、4人家族の実家暮らし。

妹・遥(志田未来)の運転で職場へ向かう中、結婚しないの?との問いに、お金も自由に使えるし特に考えていないと答える。

「北熊谷市役所」で仕事をこなした後、幼なじみの門倉夏希(夏帆)と米川美穂(木南晴夏)とイタリアンで待ち合わせする麻美。

昔撮ったプリクラを美穂が見せたことをきっかけに、3人は昔話や共通の友人達の現在の話で盛り上がっていった。

福ちゃんとの再会

久しぶりにプリクラを撮ろうと、3人はラウンドワンへ。

その後向かったカラオケで、麻美が「福ちゃんじゃない?」と声をあげる。

3人の小・中学校の同級生である福田俊介(染谷翔太)が、カラオケの店員をしていたのだ。13年ぶりの再会だった。

ミュージシャンを目指していた福ちゃんは、夏希によると事務所には入れたもののなかなか売れず、最終的には辞めてしまったとか。

妻として彼を支えた同級生の田上静香(市川由衣)とも別れてしまい、今は再婚して子どものためにバイトを頑張っているとのことだった。

麻美は車に轢かれ死んでしまう

帰りの車中で、美穂が「人の1年は相対的にだんだん短くなるらしい」という話を始めた。

3歳にとっての1年は人生の3分の1だが、30歳にとっての1年は人生の30分の1だから、1年の相対的な長さがどんどん短くなるそう。

私たちは10年後も変わっていなさそうだね、おばあちゃんになったら同じ老人ホームに住もうよと楽しく語り合う3人。

だがコンビニに立ち寄った後、歩いて家まで帰ろうとした麻美は、事故で車に轢かれ突如死んでしまう。

死後の世界で案内人と出会う麻美

次の瞬間、真っ白な空間に1人で立っていた麻美。

しばらく進むと「案内所」と書かれたスペースがあり、ぽつんと受付係(バカリズム)が座っていた。

心の準備も無く、すぐに来世に行かなければならないことに戸惑う麻美。

しかも、次の転生先はなんと「グアテマラ南東部の大アリクイ」だった。

生前の徳が不足していると希望する生命には生まれ変われないらしいが、麻美が食い下がると、受付係は「今世をやり直して徳を積む」という選択肢を教えてくれた。

麻美は「今世」をやり直すことに決めた!

麻美は、今世をやり直す道を選ぶ。赤ん坊から麻美の人生2週目が始まった。

記憶は持ったままで言葉も話せるので、驚かれないようおとなしくしつつ、たまに保育園児とは思えない行動で大人を感心させることができる。

今世に転生してきた麻美は、徳を積み始める

保育園児なのに不倫の気配を察知する麻美

ある時、保育園の同級生である玲奈の父親(勢登健雄)と洋子先生(中田クルミ)を観察していた麻美。

過去の記憶から、2人が不倫に走ることに気づいてしまった麻美は、不倫を阻止することで徳を積もうとする。

玲奈の父親が洋子先生に手書きのメモを手渡しているのを見た麻美は、先生の後を追い電話番号を違う番号に書き換えた。

また玲奈の父親からも先生に電話をかけることが無いよう、作戦を立てる麻美。

番号通知が出ないよう公衆電話を探し出し、玲奈の父親にメッセージを送ることができた。

帰りに警察に見つかり追われそうになったが、何とか逃げ切り家に帰った麻美だった。

作戦が成功し、一件落着!

翌日。玲奈の父親が保育園に玲奈の迎えに来るも、洋子先生とは目を合わせようとせずよそよそしい。

麻美の作戦は成功したようで、2人の距離が縮まることはなかった。

車の中でポケベルを取り出し、苦い顔をする玲奈の父親。受け取ったのは、「フリン シタラ バラス」との脅しのメッセージだったのだ。

麻美はオオアリクイにならないよう精進することを誓う

麻美が家に帰ると、テレビには長い舌でアリを食いまくるオオアリクイの映像が。

引き続き徳を積むために精進しようと誓う麻美だった。

「ブラッシュアップライフ」第1話 感想とレビュー

麻美たち3人の演技が自然すぎる!安藤サクラが地元の友達に思えてくる!?

このドラマ、麻美たち幼なじみ3人の会話劇がとにかくリアルで自然すぎるんです!

基本的にカメラのカット割等至ってシンプルで、3人の会話劇をずっと追っています。

演技を見るというより3人が遊んでいる空間をそのまま別室から見ているような感覚になり、どこまでがセリフでどこからがアドリブか分からないほど!

安藤サクラさんをはじめ演技に定評のある役者さんばかりなので、すべての会話に違和感がなく凄すぎます。

また、バカリズムさんの脚本自体、おそらく相当細やかでリアルなんだと思います。

その場にいない人の噂をする時に、ほか2人の様子を見つつ温度感を探るところや、気心の知れた仲だからこそどうでも良いことでケラケラ盛り上がれるところなど、「あー!こういうのあるよね!!」と誰もが共感できると思います。

3人ともキラキラの芸能人のはずなのに「そのへんにいそう」なごく普通の人に見えてきて、友達になれそう!なんて思ってしまいました。

バカリズムさんと凄腕役者陣の皆様、恐るべしです...。

記憶を持ったままやり直せるので人生チート!?奇妙な世界観がクセになる!

転生もの、タイムリープものは世の中に溢れていますが、「ブラッシュアップライフ」の面白いのは「記憶を持ったまま」「生まれたところから」やり直せるということ。

赤ちゃんの頃はやることがなくて暇だった〜と麻美はぼやいていましたが、心は大人なのにずっと寝るか泣くかしかできないなんてゾッとしますね...。

また、記憶を持ったままイチからやり直せるので、幼少期の麻美はいわゆる「チート」状態です。

保育園児なのに不倫を阻止するために作戦を立てている様子はまるで探偵ドラマのブレーンでした。

平成ドンピシャ!懐かしの歌やアイテムにエモい気持ちになれる!

麻美は33歳、生まれた頃から時代を辿っていくので、平成の懐かしいものがたくさん登場します!

カラオケの選曲やプリクラでブームになっていた謎のポーズなど、世代の人なら「こういうのあったなー」と盛り上がれるのではないでしょうか。

「ブラッシュアップライフ」第1話ネタバレ感想まとめ

安藤サクラさんをはじめ、凄腕の役者陣の細やかでテンポの良い会話劇が繰り広げられる「ブラッシュアップライフ」。

バカリズムさんならではのユニークな世界観が、日曜日の夜にゆるっと楽しむにはぴったりですね!

ぜひチェックしてみてください!

次回のお話
「ブラッシュアップライフ」2話ネタバレと感想|麻美が冤罪を晴らす!松坂桃李登場も、元カレの存在は無かったことに・・・?

全話のネタバレまとめ
「ブラッシュアップライフ」全話あらすじ・ネタバレまとめ|バカリズム脚本!?安藤サクラは民放初主演

\「ブラッシュアップライフ」はhuluで全話配信中!/

Huluで無料視聴する

-2023冬ドラマ, ブラッシュアップライフ
-,