2022秋ドラマ アトムの童

「アトムの童」7話感想とネタバレ|ジョンドゥ再びの決別に視聴者もショック!

2022年11月28日

「アトムの童」7話感想とネタバレ|ジョンドゥ再びの決別に視聴者もショック!

11月27日(日)21時放送開始の「アトムの童」第7話。  

第6話ではSAGASに買収されてしまったアトム玩具は全員バラバラに・・・

アトム玩具は「アトムの童」と社名を変えて再出発をします。

ここからアトムの童はSAGASにどう反撃していくのか。

いよいよ物語りも後半戦へ・・・

ここでは「アトムの童」7話のあらすじネタバレと感想を紹介します。 

「アトムの童」の音楽まとめ
「アトムの童」 挿入歌ラップ音楽担当の大間々昴って誰?サントラの発売はいつから?

アトムの童 キャスト一覧はこちら
ドラマ「アトムの童」キャスト相関図一覧・プロフィールまとめ

全話のネタバレまとめ
日曜劇場「アトムの童」ドラマ最終回までの全話ネタバレとあらすじ!

アトムの童 第7話のあらすじとネタバレ

アトムの童として奇跡の復活!

「アトム玩具」が「アトムの童」として社名を変更し、隼人(松下洸平)はシリアスゲーム大賞を受賞。

文部科学大臣賞までも受賞したアトムの童は、軌道にのり社員も増えていた。

「アトム玩具」の創業から60年、海(岸井ゆきの)は那由他たち全員を集めた。

そこで、いよいよ本格的にオモチャの生産を復活するときがきたと話し出したのだ。

ジョン・ドゥがシアトルのゲーム会社に誘われる

ネットゲームカフェ「MOCCHO CAFE」でゲーム開発者たちが集まっていた。

そこでシアトルから来ていたティムが開発したゲームに那由他(山﨑賢人)は惹かれる。

アトムの童が作ったシリアスゲームをみてシアトルから来たティムは、ジョン・ドゥの大ファンだったのだ。

那由他と隼人とティムの3人は、シリアスゲームで感情の動きをシュミレーションしてゲーム化する話で盛り上がっていた。

ティムは「一緒にシアトルで会社をやりませんか?」と那由他と隼人を誘う。

那由他と隼人は誘われたことに驚くが、どこか嬉しそうだった。

那由他と隼人はアトムの童を辞める決意をする

那由他はティムに誘われたシアトルでのゲーム作りを考えていた。

そして那由他は「俺たちも次のステージを目指すべきじゃない?」と隼人に問いかける。

アトムの童を辞めたくはないが、新しいゲーム技術のことを考えるとワクワクが止まらない那由他。

隼人も同じ気持ちでいた。

アトムの童を辞めると海に伝えに行く

那由他と隼人は「次のステージに進みたい。アトムの童を辞めたい。」と海に伝えた。

海は「もっとこれからって時に・・・急すぎるよ。」と悲しい気持ちが抑えられず、その場ですぐに返事をすることができないでいた・・・。

海に返事をもらえないままその場を去った那由他と隼人の前に、八重樫(でんでん)が現れた。

八重樫は、こっそり立ち聞きをしていたのだ。

八重樫は「アトムはワクワクする気持ちを応援する会社です。その出会いを大事にするべきです。」と那由他と隼人の背中をそっと押したのだった。

海は那由他と隼人が辞めることを受け入れる

海は縁側で、那由他と隼人と出会った時のことを繁雄(風間杜夫)に話し始めた。

2人とは最悪な出会いではあったが、那由他と隼人には感謝してもしきれない存在になっていたのだ。

海は悩んだ結果、次のステージに進みたいという2人を全力で応援することを繁雄に誓った。

海の決断を聞いて繁雄は「2人にとっても海にとっても次の冒険の始まり。」だと伝えたのだった。

宮沢ファミリーオフィスが動き出した

アトムの童は、オモチャの生産に動き出していた。

そんな時、いつも使っていた塗料が卸せないと言われる。

最近変わった筆頭株主の意向で、軍需産業の分野にシフトチェンジしたためだった。

株主は、宮沢ファミリーオフィスという投資会社。

ファミリーオフィス=富裕一族が一族の繁栄を目的として運営している組織。

ファミリーオフィスの特徴は、目先の利益で会社を買収するのではなく、100年先を見据えた買収が目的なのだ。

いつも使っていた塗料が使えないとなると、イチから新たに塗料を変えなくてはいけない。

オモチャの生産に動き出したアトムの童だったが行き詰ってしまった・・・。

宮沢ファミリーオフィスがSAGASを買収しようと計画を立てる

宮沢ファミリーオフィスがSAGASの株を3%取得し始めていることを知った興津(オダギリジョー)は焦り始める。

興津は宮沢ファミリーオフィスの株主・沙織( 麻生祐未)と直接話をしたいと言い出すが、沙織はすでにSAGASに来ていた。

沙織は「SAGASには検索サービス事業に取り組んでほしい。使いこなせない技術まで抱え込んでいる。」と興津に話す。

宮沢ファミリーオフィスは、アトムロイドの特許技術を市場開放することで世界の役に立つことを考えているのだ。

そして、沙織はSAGASにゲーム事業部門の売却を求めた。

興津は反論したが、沙織は聞く耳をもたず「世界の企業からみたらSAGASは中小企業も同じだ」言い放ち、興津は答えることができなかった。

興津が経済産業省の事務次官に助けを求める

興津は、SAGASが宮沢ファミリーオフィスに買収されることを経済産業省の事務次官・堂島(西田尚美)に相談する。

興津が「力を貸してほしい」と頼むと、堂島は「もちろん・・・宮沢ファミリーオフィスに。」と答えた。

宮沢ファミリーオフィスと経済産業省は手を組んでいたのだ。

経済産業省もまた、アトムロイドの特許技術を市場開放しようと望んでいたのだった。

興津がアトムの童に助けてほしいとお願いする

経産省からもはしごを外された興津が途方に暮れ向かった先は、アトムの童。

興津は那由他たちの前で「助けてほしい。」とお願いをする。

市場開放することで、アトムロイドの技術が世界に放たれるということは悪用されるということを説明した。

日本の技術が世界に食われてしまう前に、日本の技術が優れていること証明しようとしているのだ。

証明として、オリンピックで初めてeスポーツとして選定されるゲームを開発することだった。

そのためにはアトムロイドの技術を使いこなす必要がある。

興津は、成功したらアトムロイドの技術をアトムに返すと言ったが、海たちは受け入れるわけでもなく「出ていけ」と興津を追い出した。

那由他だけは興津を助けようとする

那由他は、アトムロイドの技術をアトムに取り戻したいがためにSAGASを助けたいと言うが、思いは届かず隼人たちは反対する。

それもそのはずだ。

興津はアトムロイドの技術を手に入れるべく、アトム玩具に散々嫌がらせをしてきたのだから。

翌日、海はSAGASに向かう。

興津に手助けしないことを伝えSAGASから出て行く時、那由他がやってきた。

那由他は興津に会いに行き、一人でも手伝うことを伝えに来たのだ。

そして、隼人は一緒に手伝うわけでもなく、シアトルにティムと一緒に行くことを那由他に伝え、別れを告げるのだった。

アトムの童 第7話みんなの感想とレビュー

アトムの童 第7話の感想

那由他と隼人の新たな門出が寂しくもあり期待もある

那由他と隼人がアトムの童を辞めてシアトルに行くことを決めたときは、とても寂しい気持ちになりました。

これからもっと大きくなっていくアトムの童を一緒に作り上げていってほしいと思っていました。

「次のステージに進みたい」と言われたら反対することはできないし、複雑な気持ちです。

でもジョン・ドゥが揃えば、もっといろんなゲームが作れるんだろうなって思うとワクワクもするので、これからの2人に期待する自分もいました。

興津がアトムに助けてほしいとまで追い詰められてるとは

塗料の株も買ったりSAGASも買収しようとする宮沢ファミリーオフィス。

経済産業省までも味方につける宮沢ファミリーオフィスは強すぎる・・・。

興津も打つ手がなくなり、まさかアトムの童に「助けてほしい」とまで言うなんて。

興津は散々アトムに嫌がらせをしてきたのに、どの面下げて!と思いました。

アトムロイドの技術を返すから手伝ってほしい!?

態度も気に食わないな・・・。

隼人は興津がしてきたことが許せないから手伝いたくないのも分かる。

でも、那由他のアトムロイドの技術をアトムに返してほしいというのも分かる。

だけど、せっかくシアトルで次のステージに進む予定だったのに!

アトムのファンだからと突き通す那由他を応援したい

那由他と隼人は離れたり一緒にいたりと繰り返しているけど、やっぱ2人は一緒にいてほしい。

那由他と隼人は2人で一つなところがあるから、また離れるなんて・・・

でも、那由他は自分の決めたことは曲げず全力で突き進む人なんだなって思いました。

たった2週間でオリンピックに出せるゲームを作るなんて興津は無茶なことをするなと思うけど、アトムロイドの技術をアトムに返してほしいから頑張ってほしい・・・

今後の展開どうなるのか全く想像つかないけれど、那由他頑張れ!と応援したくなりました。

いよいよ来週から最終章。

どのような結末を迎えるのか、見守りたいです。

アトムの童第7話みんなの感想

アトムの童 第7話のネタバレと感想まとめ

社員も増えたアトムの童。

でも次のステージにいくためにジョン・ドゥの2人はアトムの童を辞めたがっている。

せっかくアトムの童が再出発して軌道に乗っている時に。

社員も増えてこっからどんどん面白い展開になっていくのに・・・

次のステージに進みたいと言われたら海も止めることはできないよね。

それでもやっぱり寂しすぎるよ・・・

そして次週はいよいよ前編・後編と分かれて最終章の突入!

アトムの童はどうなってしまうのか。

SAGASは買収されてしまうのか。

目が離せない展開になってきました!

前回のお話
「アトムの童」6話のネタバレ・あらすじと感想

次回のお話
「アトムの童」8話のネタバレ・あらすじと感想

全話のネタバレまとめ
日曜劇場「アトムの童」ドラマ最終回までの全話ネタバレとあらすじ!

-2022秋ドラマ, アトムの童