2022秋ドラマ

「相棒season7」の最終回までのあらすじ、ネタバレ、キャストのまとめ

2022年10月5日

ドラマ「相棒」は「警視庁特命係」の杉下右京(水谷豊)が、相棒の亀山薫(寺脇康文)とともに数々の難事件を解決する刑事ドラマシリーズです。

さまざまな人間関係と、数々の思惑と陰謀がシリーズを通しての伏線にも注目。

あっと驚く事件のトリックから、チェスを彷彿させるスキのない推理、時には手に汗握る白熱のアクションシーンもあります。

ついに!season7では長年相棒を務めてきた亀山薫が相棒を卒業する!

そして新たな相棒に神戸尊が登場!

転機を迎えた【相棒season7】のあらすじ、ネタバレ、キャストを紹介します。

ドラマ相棒season7のキャストは

杉下 右京(すぎした・うきょう)役/水谷 豊

警視庁特命係 警部

亀山 薫(かめやま・かおる)役/寺脇 康文

警視庁特命係 元巡査部長、途上国支援活動をするため外国へ旅立つ。

神戸 尊(かんべ・たける)役/及川 光博

警視庁特命係 警部補

亀山 美和子(かめやま・みわこ)役/鈴木 砂羽

亀山薫の妻、新聞記者からフリージャーナリストになり、亀山薫と一緒に外国へ旅立つ。

宮部 たまき(みやべ・たまき)役/益戸 育江

杉下右京の元妻、小料理屋「花の里」の女将

米沢 守(よねざわ・まもる)役/六角 精児

鑑識・巡査部長

伊丹 憲一(いたみ・けんいち)役/川原 和久

捜査一課 巡査部長

三浦 信輔(みうら・しんすけ)役/大谷 亮介

捜査一課 巡査部長

芹沢 慶二(せりざわ・けいじ)役/山中 崇史

捜査一課 巡査

ドラマ相棒season7の最終話ネタバレ

神戸尊が左遷で特命係に

警視庁特命係へ左遷されてきたのは神戸尊(及川光博)であった。

配属初日に警視庁特命係へ、尊はあいさつへ向かう。

しかし、右京はすでに現場へ向かった後だった。

右京は絵画の事件を追う

そのころ右京は、特命係へ送られてきた一枚の絵画から事件を追っていた。

手にした絵には、妻を殺害する村長の源一が描かれていた?

偶然にも事件を目撃した村の青年、毅一が描いた絵だ。

毅一の絵がキーポイント

毅一は知的障害を持つ一方で、見たものを点描画で忠実に再現できる力の持ち主。

その絵を見た毅一の姉の真弓が、不審に思い特命係へ送ってきたのだ。

事件の証拠は毅一が描いた一枚の絵しかなく、自殺として処理された事件に挑む右京。

尊が右京と合流

そこへ遅れてきた尊が、なんとか現地にて右京と合流を果たす。

尊も捜査に加わり、持ち前の頭脳で杉下のフォローを始めた。

事件の真相が判明

犯人の源一を追い詰める二人

犯人は源一で、息子の借金を保険金で返すため、妻を殺害したのだった。

特命係の2人はようやく犯人の源一を追い詰めるが、一方で別の事件が起きてしまう。

証拠隠蔽を図った源一の手により、殺害現場であった山小屋を消されてしまったのだ。

夜に山へ出かけた毅一は、目印にしていた山小屋がなくなり迷子になってしまう。

毅一は混乱したことで足をすべらせて、その場で動けなくなり、翌朝に遺体となって発見される。

現場には毅一の描いた4枚の絵が!?

真弓に対して、現場で推理を披露する右京。

絵にはすべて真弓が描かれており、描かれた真弓の口元を右京が指し示す。

4枚の絵を順に並べると「ご」「め」「ん」「ね」を表していた。

昨夜の現場でけがをして動けない毅一に、真弓は「ごめんね」と言葉をかけて立ち去ってしまう。

障害を持った毅一の世話で、自分の夢をあきらめた真弓の発言と行動だった。

「たとえ(4枚の絵だけで犯罪を)立証できなくとも、彼女(真弓)には後悔というつらい罰が与えられます。」という右京の言葉が、真弓に重くのしかかるのだった。

ドラマ相棒season7の感想

ドラマの放送開始から相棒を務めていた薫さんが「ついに卒業する!」こと、「次の相棒は誰だ?」と期待と不安でワクワクし続けたseason7でした。

第9話「レベル4~後篇・薫最後の事件」では、右京さんを最後まで信じて、自らの命を懸けてまで事件へ立ち向かう薫さんの姿は、本当にすてきでした。

お別れのあいさつでは、特命係の部屋で右京さんと薫さんが互いにがっちりと握手を交わす……。

これだけでもジーンと感動してしまいます。

その後、花の里にて一人で飲む右京さん、いつもは薫さんと一緒なのに。

たまきさんとしみじみ言葉を交わすところも、どことなくさびしげな右京さんでした。

翌朝には右京さんから薫さんに電話で「どうか、気をつけて行ってください」と一言。

この多くは語らずたった一言だけで全てが済む、右京さんと薫さん二人の信頼性が分かるワンシーンでした。

第10話から第18話までは、相棒不在の右京さんが事件に挑みます。

おなじみの角田課長(第11話)や、芹沢さん(第16話)や、陣川さん(第18話)や、なんと小野田官房長(第10話)までもが右京さんを頼ってきます。

やはり皆様、困った時には右京さんに助けを求めるんですね。

それぞれが右京さんと相棒を組んで捜査する。

これを見るのはまた新鮮で、いつもとは違った相棒を楽しめました。

最終話で新たに配属された相棒の尊さん。

なぜ特命係に配属された?何を考えている?右京さんを待ち受ける事件と運命は?

次回seasonも目が離せない展開となりそうです。

まとめ

別れと出会で転換期を迎えた相棒season7。

プレシーズンから相棒を務めていた薫さんには「おつかれさま」を、最終話から警視庁特命係へ着任した尊さんには「よろしく」を伝えましょう。

待望の映画化「相棒―劇場版―絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン」

もされて、ますます広がり続ける相棒の世界にワクワクが止まりません。

新たな相棒を迎えたseason8も早く見てみたくなりますよね!

新たな相棒の尊さんを迎えた右京さん、引き続き相棒の世界を一緒に楽しみましょう。

-2022秋ドラマ
-, ,